夏のウィーンで古楽コンサート

音楽の都ウィーンとは言え,夏はコンサートのオフシーズン。観光客向けのワルツやMozartばかりですが,やってるところではちゃんとやってます。St. Ruprecht教会というウィーンで最も古いロマネスク様式の教会で行われる古楽コンサートへ友人らと足を運びました。

以前来たときは,観客もほどほどだったので,開演ちょっと前に到着すればいいやと思ったのですが,

なんと教会の扉が開く人たちが行列を作っております。有名なコンサートシリーズになってしまったんでしょうか。日本語会話もちらほらと聞こえてきます。

満席なのに,まだ客が入ってきます。立ち見分まで入れてチケットも売ってるんでそしょうか。僕たちが入った時にはもう席は殆ど残ってなかったので,教会後ろのほうにあった椅子を勝手に持ち出して,自分用座席を作りました。これは他の人が最初に始めたこと。僕じゃないですよ。

この日は17世紀のバロック音楽。ヴァイオリンが二人,チェロとギター。演奏曲目ですが,実は曲はおろか,作曲家の名前すら知りません。

Biber, Alborea, Kircher, Schmeizer, Falconieri, Marini, そしてようやくVivaldiが出てきます。古楽専門家でもあるウィーン現地委員さんと一緒だったので,色々と解説して頂きました。

同じ低音を繰り返し,その上で変奏を繰り広げるという曲が多かったように思います。ヴァイオリンの弦を弓の木の部分で叩く,col legno コル・レーニョ奏法も出てきたので,現代風に即興しているのかと思いましたが,あとで調べたらその奏法自体は1605年にはあったとのこと。

さて静粛なる古い教会を一歩出ると,そこはウィーンの酒飲みエリア,通称バミューダトライアングル。このギャップがなんとも言えません。もちろん一杯やって帰りましたとも。その脇を先程ヴァイオリンを弾いていた女性が,足早に帰宅していきました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail