広がるひらぺった雲

むくむくと山裾一箇所から立ち上ってきた入道雲が,葉っぱのように広がっていきました。不安が過ります。山の向こうから昇ってくる一筋の雲とくれば,山火事の煙と相場が決まっています。

山火事は常時どっかで起こっています。問題はそれが近いか遠いか。自宅に戻ってネットでNew Mexicoの山火事状況をチェックしました。

西の山の裏側で落雷による山火事は起こっているようです。でも方角がこの雲とはちょっとずれてそう。やはり普通の雲なんでしょうか。

こんなに薄く広がっていく雲は初めてです。葉脈みたいなものまであって,なんだか生きてるよう。雲の世界も多様ですね。

雲の研究を生業にすればよかったと思います。野原に寝転んでのんびり雲を眺める。さぼってるんじゃないよ,仕事だよ。そのうちウトウト。居眠りじゃないよ,熟考してるんだよ。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail