大量にみすぼらしい英単語

今日は3月14日のπ day。だからと言って3.14159265358979323846… を元にネタを考えてるわけではありません。ほんとは考えてたんだけど。

先日英文メールを書いていて,「見た目あんまり良くないんだけど」という意味で shabby と書いたんですが,本来はどっちかというと服装がよれよれとか,古い建物とかのイメージの単語です。

不思議なことに「みすぼらしい」という意味の英単語は大量にあります。言語は文化を表す。表現が多いというのは,英語はみすぼらしさに特別な感情でもあるのか。

口語ですが,cheesy とか ratty があります。「ネズミっぽい」はともかく,チーズっぽいのは安っぽいという意味。

seedy,直訳は「種が多い」ですが,これも何故か,みすぼらしい。どっちかというと「あやしげな」のほうかも。

ぼろぼろの意味では ragged をよく見かけます。頭ぼさぼさもこれ。他にも,scruffy, poky, tatty, mangy, dowdy … などなど。

それにしても,種がどうして「怪しげ」になるのか,その繋がりが分かりません。seedyっていうとザクロをイメージするんですが。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail