雪の元旦の大騒動

大晦日から降り続いた雪は,元旦には50cm程積もっていました。元から積もっていた分を加えると,深いところでは1mくらいの積雪で,こんなのは生まれて初めてです。でも雪で燥いている暇はありません。友人宅の猫に餌をやるというミッションがあります。当然車は出せない。歩いて行くにしても,かんじきが必要なくらい…

とそこへ,家の前をピックアップトラックが走って行ったじゃないですか。やった,轍に沿って歩ける!

でもその後の判断が大失敗の元凶でした。轍に沿ってタイヤ乗せて行けば,車,出せるんじゃね?

僕のRAV4はトラックの付けた道を順調に走ったものの,表通りまであと50mというところでスタック。四駆なのに全車輪が地面を掴んでいない。道路真ん中に残った雪の畝が車全体を持ち上げてます。

たまたま付近の雪かきをしていた近所の人に助けられ,無事猫に餌を与え(猫ミッションは大学生・大学院生の子供二人,自分は近くの大通りで待機),再び呪われた家の前の道路へと戻ってきたその時のこと。

おばあちゃんが,その雪の脇道へと車で進入しようとしています。しかも,カローラ!

案の定,入った瞬間に立ち往生しました。さっき近隣住民に助けて貰った恩返しとばかり,子供らと雪かきスコップを持って救援に向かいます。車で通りかかった見知らぬ青年も車を停めて手伝ってくれます。と,そこへなんと天の助けの除雪車も登場。

タイヤ前後の雪を取り除き,後ろから車を押すと,動きました!除雪車のおっちゃんは

「この通りを先に除雪してやるから」

とカローラを追っかけて行きました。でも話はこれで終わらない。

カローラおばあちゃんは,その後2度ほど立ち往生し,その度,自分らと近隣の住民に助けられ,無事家に戻りました。でも通りの先まで行った除雪車のおっちゃんが,いつまでたっても戻ってこない。様子を見に行ってみると…

なんと除雪車がスタック!

今日一番重要な市の作業員さんです。こんな小さな脇道で立ち往生してる暇はありません。早く大通りに戻って除雪作業してもらわないと。

再び子供らと雪かきスコップを持って救援に向かいます。でも相手はどでかい除雪車。ちょっとやそっとのことでは雪から抜け出せない。とにかくタイヤ周りの雪を掘りまくる。進行方向の雪山を削る。ちなみに気温はマイナス10度。

1時間ほど格闘したでしょうか。除雪車は雪を跳ね除けて無事脱出。動いた勢いで一気に表通りへと戻って行きました。

ここまでひたすら雪かきを続けたのは生まれてて初めてです。家に戻っても,まだ息がぜぇぜぇ。正月早々コタツでばったりと寝てしまいましたが,良いことをしたもんだ。きっと真夜中に除雪車の隊列が,餅や米俵を持ってきてくれるに違いない。


FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail