時代が追いついた,のかな

相変わらずの雪景色ですが,昼間は暖かい日が続いています。気温はかろうじてプラスくらいながらも,この青空です。シャツの上にジャケットを羽織るだけで十分。

さて昔話モード。かれこれ18年程前に出した論文があります。計算したらこんなんなった,という程度の話なのですが,実際に実験した人はいないので言いたい放題なのが理論の良いところ。

それが昨年,職場の同僚が測定してしまったのです。技術革新ってのは怖いものです。でもラッキーなことに,結果は約20年前の計算をほぼ再現。変なことはしてなかったと胸をなでおろしてたら,

これで論文書くから,も一回計算して!

そりゃ18年前の数字なんて残って…るけど,わざわざ見直したくもない。そもそも当時何やったなんて,詳細は覚えてません。でもそんときのプログラムは残ってる。

一か八か,それを使ってみたら,なんと昔の結果を吐き出しました。我ながら驚いたものの,なにも触って無いんだから当たり前ですよね。

そう言えば昨年末,某C国の人から,僕の作ったプログラムの使い方を聞かれました。教えてあげるに吝かではないのですが,それも20年前の代物です。覚えてませんって。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

駐車場争奪時間差勤務

駐車場が工事中で,オフィスの近くに車を置けない日々が続いています。朝はなんとか近場を確保できるものの,昼食時に車を出したが最後,二度と元の場所へは戻れません。遥か彼方の駐車場に車を置いて,とぼとぼとオフィスへと歩く。もしくは午後は車を使わずに巡回バスで通勤。

そんな状況を緩和する方法を思いついたのです。それは時間差攻撃。昼食時に出るのを30分早め,30分早く戻ってくるわけです。人が昼食に出る頃に戻ってくるので,ほぼ確実に駐車スペースを確保できるという寸法。

えっと,そんだけです。これを思いついたときは,我ながら良い考えとほくそ笑んだもんですが,よく考えたら誰でも思いつきそうなことですね。はい,そんだけです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

取らぬ狸の皮の予算用

また予算の季節がやってきました。この時期が来るたびに,少しづつExcelの闇へと落ちていく気分です。今日は変になったセルの表示を戻すことを学びました。その方法は再起動。

さて,同僚にメール・電話攻勢しては細々とした情報を集め,そんな細々をスプレッドシートに記入し,今年がこれなら来年はこんなもん的な計算をし,などなど。

そこでふと気づいたことがありました。手続き上,2つの予算書を作成しなければならないのですが,そこに書かれた総額(これは残念ながら自分では変えられない)が違うのです。その差,数百万円。

こういう場合,数字の多い方を信じたくなるのが人情というもの。突然の予算増額に喜ぶも,数字が違っているというのは気持ち悪い。

あれこれ可能性を検討するに,もっとも可能性ありそうなシナリオに行き着きました。

話せば長い話なので端折りますが,どうやら数百万増額じゃなくて,1000万消失してるっぽい。まさかねとは思ったものの,予算担当者に確認したらビンゴでした。理由は「足し忘れた」。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

No Cashless

出張するときは小銭を作っていきます。必ず$1札で数枚…

と書き出して,はて,この写真は既に出したんだっけ,この話題は既に書いたような。なんだろうこの既視感,脳の劣化が始まったのかも。

それはともかく,小銭です。普通,銭と言うと札は指しませんが,こちらで$1硬貨はレアアイテムですので,札です。使いみちはチップ。

ホテルで朝食クーポンがあれば,基本的には朝食タダのはず。でもそこはUSA,「サービス料は含まれません」なんてうやうやしくレシートに書かれているのです。

元の値段が$10なら,$1札二枚テーブルに置いて去ります。部屋につけることもできるんですが,チップ分だけが領収書に追加されるのも,なんだかかっこ悪い。

ちなみにATMでお金をおろしても,$20札しか手に入りません。細々した買い物をして小銭を作っておくのも,出張準備の一つです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

退廃的に撤退しつつある雪山

大雪も去って,除雪でできた山も少しずつ小さくなっています。真っ白だった雪山も,今じゃ砂や土が顕になって薄汚れて見えます。でも氷点下の空気とNew Mexicoの日差しで,あちこちに不思議な造形が現れるのがおもしろい。

ざっぱーんと湧き上がる波のような雪。これもとけてできたもの。

ずっと波濤が続いてるようです。写真左方向が南で,こちらは日差しが強くてとけていきます。森の方が北。そちらは雪山の日陰になるので凍りついてとけにくい。結果的にこんな形になるようです。

道路の雪はほぼとけてしまったのですが,所々固く凍った部分が残っています。路面に注意しつつ,冷たい空気の中,ジョギングしてきました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail