粗忽者には使えない目覚ましアラーム

3泊の出張を終えて帰ってきましたが,最終日ちょっとしたゴタゴタが起こりました.その日の朝,うちのポスドク君が何故かスーツケースを従えて会議室へやってきたのです.Los Alamosへ戻るには,まだ一泊あると言うのに.

聞けば,予約を一泊分間違ってたらしい.慌ててホテルに延泊を申し出るも,生憎の満室.運の悪いことに卒業式シーズンです.大学付近のホテルは全て満室.なんでそんな時期にそんなポカするかなあ.

最悪の状況の場合,僕の部屋に彼を泊まらせる手段はあります.でもベッドはひとつだけ.ポスドクと同衾? いや,あいつを床に転がしておくしかない.

そんな心配をしつつさらにホテル検索範囲を広げ,なんとか空き部屋が見つかりました.でもそこは空港近くで,20kmほど彼方.僕の車でそこまで往復して彼を運んだものの,翌朝の空港への足までは保証できない.

ホテル予約を間違えるほどの粗忽者です.寝坊して早朝のフライトに間に合わないとも限らない.ホテル前で彼を降ろし,しっかりと釘を刺しておきました.

「明日朝は早いんだから,おまえ,寝るな

パワハラだね,これじゃ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail