車載オーディオ用USBメモリのMP3ファイルを編集する

USBメモリを使って車内で音楽の話の続き.約5GB分の室内楽MP3ファイルをUSBにコピーしているので,CDに換算して100枚分は入ってるはず.500曲くらいか.

それはそれで重宝しているのですが,ちょっとした問題があります.カーオーディオに表示される曲名やアーティスト名がカオスな上に,長すぎてスクリーンに収まらない.ファイル名を表示するのでは無く,どうやらMP3ファイルに埋め込まれたID3タグを表示してるらしい.

タグはiTunesを使ってCDをパソコンに取り込んだときに,自動的につくもの.iTunesに戻って全曲のタグを手で修正するのは無理です.なんとか一気に全部変換できないものか.

まずは全曲を一旦整理し直します.作曲家毎にフォルダを作り,その中にさらに曲のフォルダを作ってMP3ファイルを置きます.これくらいの作業なら,大して時間はかからない.

ファイル名はiTunesで付けられたものをそのまま使います.ここまで修正するのは面倒だし,それにファイル名の先頭に01, 02, 03と番号が自動的にふられてますので,曲順が変になる心配はありません.

最初のフォルダ名がID3タグのアーティスト,作曲家名とその中のフォルダを繋げたものがアルバム名になるように,超簡単やっつけ仕事スクリプトを書きます(良い子は真似しないように).

ID3タグの編集には,id3v2コマンドを使います.どうでもいいけど,ここまでいい加減なプログラム名を見たのは初めて.ID3v2って規格の名前じゃん.

タグを編集したものを再びUSBメモリにコピーし直して,車へと戻ります.

無事に作曲家毎にフォルダ分けできたようです.アルバム名は Beethoven String Quartet No.1 のようになってちょっと長いので,No.の先がスクリーンからはみ出してしまうのですが,まあそれは仕方ない.

Macでファイルをコピーすると,あのうざったい隠しファイル,「ドット・アンダースコア (._)ファイル」を作られてしまいます. これを消しておかないと,曲目一覧に表示されてしまいます.同様にゴミ箱も空にしておかないと,これまた変なファイルが表示されてしまいます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail