地下鉄や隣は何を読む人ぞ

アメリカから日本へ帰国するたび,大量の文庫本を調達しています.普段から活字中毒なのに加えて,長距離フライトのお供に欠かせません.

その文庫本熱を東京滞在中も引きずっており,通勤途中の丸善は僕にとって楽園でもあります.あ,丸善からお金貰ってないですからね.

まとめて20冊とか買うので,レジで聞かれる定番質問「カバーをおかけしますか?」には,要らないと答えます.じゃないと,後ろに並んだ客の氷点下目線に晒されます.

それを今も続けてるもんだから,地下鉄内で読む本の表紙が丸見え.普通ならそれでもいいんだけど,

酒ランチ

こういうイラストの表紙は止めて欲しいです.なんか変な本を読んでるように見えるじゃないですか.普通の心理学の本なんですからね.ヲタク本じゃないんだからね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail