遙かなる英国風邪を撒き散らす

隠れた冷房吹き出し口

Albuquerque発Salt Lake City行きのDelta便,隣の座席にはグレイの髪が上品なご婦人が座っています.Detroitへ娘に会いに行くんだとか.

その彼女,ちょっとした特技をお持ちのようです.客室乗務員が「何かお飲み物は?」と尋ねたら,

「あなた,Australia か New Zealand 出身ね」

ビンゴでした.乗務員はNew Zealand生まれだそうです.確かにちょっとBritishなアクセントだとは思ったけど,そっち方面だったとは.

当然その特技は僕にも発揮されますが,こっちはnativeでは無いので少々自信が持てなかったのか,「あなた,ご出身は?」と聞かれました.

「日本ですよ」と答えると,

「どうしてBritish Englishを喋ってるの?」

え?わたくしの英語,大英帝国訛りなんでしょうか.そんなこと言われたの,生まれて初めてです.Londonに住む従姉妹からも言われたことない.

確かに友人に一人,ちょっと強い英国(Scotland ?)アクセントなのがおりますが,彼のが伝染したのかな.注意しよっと.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ここかなと当たりをつけて墓参り

Guaje Pines Cemetery

今回の短い滞米中にやっておきたかったことの一つが,お墓参り.2週間前,かつてお世話になった方の訃報を東京で聞き,埋葬はLos Alamosとのことなので花を手向けに墓地へやってきました.

大雑把な場所は聞いていました.それに小さな墓地です.葬儀してすぐなので花もあるだろうから簡単に見つかるだろうと思ったら甘かった.

その大雑把な説明「入口を入って右に進んだ先」というから,そちらを探すも,全くそれらしき墓標(grave marker)が見つかりません.あちこちに置かれた花はプラスチック製で,いつから置いてあるのやら分からない.風吹きすさぶ氷点下の墓地,おまけに花を置くだけだからと薄着.

一旦は諦めかけたものの,もう一度場所を確認しようと別の友人に電話.そしたら「入って左の奥」...って全然逆じゃん.って言うか,こっちの説明も大雑把.

そちら側の全部の墓標を見て回ったけど,やっぱりそれらしき名前は見つからない.実は電話した友人も,探したけど見つからなかったと言います.つまり「入って左の奥」は伝言で,彼も本当の場所は知らない.これは無理だなと諦めようと思ったときのこと.

枯れた芝が四角く掘り返された形跡があり,その上に枯れた花が置かれています.名前は無い.

ここ?

ここかな.花の枯れ具合も,1,2週間のように見えるし.

きっとまだ墓標ができてないんでしょう.ここにしとこう.寒いし.

安らかにお眠りください.もし場所が間違ってても,夜中に伝えに来なくていいですから.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

アメリカで180度のおもてなし

羽田のDelta航空のカウンターで貰った搭乗券の座席は3C.予約してたのは確か20番台だったはず.これってもしかしてビジネスクラス?と係員さんに言ったら,

「座席,変わってますか? ちょっとお調べしますね」
「あ,いいからいいから,調べなくていいから」

「間違ってました」でエコノミーへ逆戻りはたまらんです.

さすがビジネスクラス,食事のレベルが違います.

さかさま

いや違いますね.うん,違います.違うんだよー,食器の向きが.

お箸があっちじゃ,食べにくいでしょ.

デザート

で,やっぱりデザートは洋風.煎餅でも出してくれりゃいいのに.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

印影の角度が示す納得度

新スタバ

海外で働く様子を紹介する記事を書いてくださいとの依頼に,自分ひとりでは何だからと,ウィーン現地委員を巻き込んでOKの返事をしておきました.さて書き始めたものの,少々筆というかタイピングが滞りがち.

日本との環境の違いを書こうにも,すでに浦島14年,ようやく戻ってきた日本の職場もやっと一ヶ月です.とは言え,あれこれ楽しい話題も蓄積しています.でもほとぼりが冷めるまでは書けないな〜.

一つ感心したのが,超丁寧なメールの事務連絡.

標記の件につきまして,お知らせがありましたのでお知らせします.

なんだろう,この湧き上がってくる微妙な感覚.

アメリカのメール連絡は超シンプルです.どっかの道路が現在通行止めだの,どっかのエリアに熊が出ただの(本当),数行でおしまい.転送されてきたメールに至っては,先頭に FYI (for your information) の三文字が追加されるのみ.

印鑑ネタも何度か書きましたが,会社勤めの面白い話を聞きました.上司が決済の印鑑を押す時,「自分は今ひとつ納得できないんだけどな〜」という場合は,印鑑を少々傾けるんだそうです.首をかしげてるイメージ.角度で同意度を表現.ほんまかいな.

さてその依頼記事,基本的にはこのブログで書いたネタをまとめれば良いと思うのですが,どこまで書いてよいのかその境界線に悩みます.

それはともかく,

ケロリンタオル

大手町地下にあった自動販売機.ケロリンのタオルを通勤途中で買う人がどれほどいるのか.

とか言いながら,お金を入れるのをあと一歩の所で思いとどまったのは秘密です.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

冗談もほどほどがよい公務員

細々したことが累積してきたので,一瞬だけアメリカに戻ります.こっそり帰国なので秘密です.別に秘密にすることは無いんだけど.

いつものようにDelta便を予約しようと思ったら,なぜか成田発が無くて,羽田になりました.もちろんこっちの方が東京からは便利.それに羽田の国際ターミナルはまだ一度も利用したことがありません.

と,心わくわくしながら電車を降りて出発ロビーに出ると...

羽田空港国際ターミナル

ん? ここ,知ってる.

いや絶対に利用したことは無いはず.でも上の階に見える疑似日本橋辺りでラーメン食べた記憶がでじゃぶってる.

おろしそば

取り敢えず落ち着いて蕎麦でも食おう.出国前最後のおろし蕎麦です.隣に座った客二人も同じものを食べつつ「日本出発前はこれよねぇ」とか話していますが,妙齢の女性と僕くらいの男性の組み合わせが妙に気になります.

それはともかく,思い出しました.羽田の国内線を利用するとき,物珍しさに国際ターミナルまで遊びに来たんだった.その証拠に出国ゲートの向こう側の記憶が無い(証拠にならないか).いや,ちゃんとブログ記事も残ってる.うーむ,5年前の記憶がもうやばい.

手軽にリュックサック一つでLos Angelesに到着.入国審査を終え,税関へ進むと突然税関職員が,

Wait Wait Wait!!!

ぶったまげて緊急停止.なんかやばいこと,しちまったのか!?

...と思ったら,

Just kidding

こ・の・や・ろーーーー

アメリカに帰国したことを実感した出来事でした.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ふらふらとランチを探すプチ探検

居酒屋ランチ

コンビニおにぎりで昼食を簡単に済ませることも多いながら,天気が良ければ職場近くの店を探検します.今日もふらふらと近所を歩いていたら,いつの間にか自由が丘まで来てしまいました.さすがにここまで来ると飲食店は多い.

そんな中,居酒屋なのか小料理屋なのか,小さな和食の店の入り口に「天丼やってます」の貼り紙.

天丼と言えばエビ.実を言うと甲殻類はあまり食べないので一旦通り過ぎたものの,やっぱり気になって入ってみました.松田という店です.

他にランチメニューがあるのかどうかはさておき,天丼を注文.暫くして店奥から聞こえてきた天ぷらを揚げる音がたまりません.やっぱり揚げたてが一番.

この天丼が関東風なのかどうか分かりませんが,ちょっと辛口のつゆがかかった天ぷらは実に旨かった.焼酎を注文したくなったのですが,そこは勤務時間,ぐっと堪えましたよ.

さて,今日の一枚.

警戒中

突然の不審者に怯えるにゃんこ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

アルバムに残る昔の庭の木々

古い家

東京では叔母の家で民泊してます.通勤の距離がある反面,安上がりだし気兼ねも無くて楽です.これはその叔母が持っていた写真をiPhoneで再撮影したもの.叔母の実家の座敷ですが,僕が子供の頃にしばし住んでいた家でもあります.

撮影は2000年,多分祖母が亡くなった頃か.夏,この縁側に座ってスイカを食べていたのを思い出します.種をぺっぺと庭に飛ばしてたら,翌年,にょきにょきとスイカが生えてきました.でも実は成らなかったかも.

冷房も無いような昔の家です.夜は開けっ放しなので,カナブンやカミキリムシがびゅんびゅん飛び込んでくる.クワガタやカブトムシを捕まえたこともありました.

懐かしいねえと話しているものの,写真はもう20年近く前の様子です.今じゃすっかり変わってしまってるんでしょう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail