「Travel and Hike」カテゴリーアーカイブ

冠禍の日本を脱出して禍の国へ到着

福岡空港から成田へ。まずこのチェックインで躓きました。ANAとDeltaは提携していないので,元々通しのチェックインはできないのですが,スーツケースだけはAlbuquerqueまで預けられるはずです。それがうまくいかない。

成田でスーツケースを一旦受け取って再度預けなおす余裕はありません。ANAの職員さんもDeltaに電話をかけるまでしてくれて,なんとかそこはパスしました。

この時期の成田行き,当然ながらガラガラです。この非常事態に海外に飛ぼうなんて人は,あちらへ這々の体で帰国する人くらいなもんです。

成田第一ターミナルの南ウィング,Star Alliance側。全くの無人です。

そして北ウィングSkyteam側も,地上係員が暇そう。不幸中の幸いというのか,いとも簡単にチェックインできました。福岡で預けたスーツケースもちゃんと確認してもらえ,安心してSeattle行きへと乗ることができます。

国際線もご覧の通り,キャンセルだらけです。そんな中,Seattle行き便を飛ばしてくれたDeltaに感謝。乗客はおそらく2割以下だったので,大赤字の筈です。

ところでこのSeattle便が,最後の成田発Delta便だったようです。今後は全て羽田発着になります(そしてその羽田発をキャンセルされた)。

搭乗直前,パイロットさんが搭乗口に現れて最後のスピーチを行いました。今日は記念すべき日であることを伝え,成田の地上係員へ感謝を述べました。機体がボーディング・ブリッジを離れるときは,成田の係員もちょっとばかり感傷的になっていたように思います。

SeattleからSalt Lake City,そしてAlbuquerqueと,キャンセルも無く順調に飛びました。乗客は極端に少なく,機内サービスもありません。でも帰りついただけでも幸運です。

ABQでのレンタカーオフィスに誰もおらず,ちょっと焦ったのが最後のイベント。なんとレンタカー数社の対応をたった一人でやっておりました。それほどまで旅行者がいないということ。まさに異常事態です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍での日本滞在,脱出できるか

犬も歩けば棒にあたるくらいなので,人も歩けば黒いものにあたります。なんでこんな所に落ちているのか。なぜここで脱ぐ必要があったのか,どうして黒なのか,妄想は尽きません。

でも妄想している暇はありません。Delta航空から不吉なメール。LAXからABQのフライトがキャンセルになったらしい。でもまあアメリカ国内ならなんとかなります。どこか別の空港を経由する便に自動的に変更になるだろうと,深く考えませんでした。

そして昨日のこと。フライトスケジュールがなんだか変です。土曜日に羽田発だったはずなのに,いつの間にか日曜日の便に変わっています。しかもアメリカ国内便は全く未定。これはひょっとしてやばいんじゃないかと,Deltaに電話しました。

どうやら羽田便はもう無理。急遽成田発に変更してもらい,それに合わせて福岡から成田への便も確保。

成田での乗り継ぎ時間が少ないのですが,贅沢は言ってられません。取り敢えずこのフライトなら家まで戻れそうですが,どうなることやら。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍での日本滞在,BEAR

九重連山の涌蓋山の裾野の小高い丘のてっぺん。車がすれ違うこともできないような細い山道,さらには砂利道となって,本当にこっちで道は正しいのか不安になってくる頃,小さなカフェ BEARがあります。カフェの建物の写真を撮り忘れてしまったのですが,絶景ロケーションです。

薪ストーブが燃え,手作り感あふれる店内,ぽつんと一軒家そのまま。

メニューはカレー,ハンバーグ,それにその日のケーキ。こちらはベーコンエッグカレー,とても美味です。

店主の人柄もよく,楽しいひと時でした。でももっと気になったもの,それは,

店内にさり気なく置かれたスピーカー,YAMAHAのNS-1000。知る人ぞ知る名機です。これ,ほしかったなあ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

冠禍での日本滞在,ガラガラのフライト

数日開いてしまいましたが,無事日本へとたどり着いております。なぜブログ更新しなかったのかの理由はおいおい白状するとして,まずはその道中。

コロナウイルスが次第にアメリカにも広まりつつあり,ABQからLAXへのDelta便は驚くほどのガラガラ。小さな機体ながらも,おそらくは1/3程度の乗客。こんなに空席のあるフライトは初めてです。LAX到着後もターミナル内は閑散としております。普段なら国際便乗客でごった返しているのに。

ブランドショップも閑古鳥。店員さんも暇そうです。

羽田行き便を待つ乗客もすごく少なく,これはもしかするとビジネスクラスへのアップグレードできるんじゃないか。実はクーポンを持っていたのですが,当日ぎりぎりに予約したチケットには期待しておりませんでした。

でもダメ元です。ゲート係員に「アップグレード証書を持ってるんだけど」と掛け合ってみたら,

「24時間以上前じゃないと受け付けません。そういうポリシーだから

とけんもほろろ。でもそんなことではへこたれない。だってビジネスクラスキャビンを見たら,本当にガラガラですよ。

搭乗後にチーフパーサーに相談すると,自分は座席変更はできないが何とかしてみようと言われ,掛け合ってくれました。そして …

やってくれましたよ! 24時間前じゃないと駄目だなんて言っといて,やればできるんじゃん。ゴリ押しかもしれないけど。

順調に羽田へと飛び,その後,福岡空港へ。冠ウィルスにピリピリとする羽田に比べると,博多でのマスク率は低めなようで,ちょっと安心しました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

空から空へと綱渡り

昨晩というより深夜出張先から自宅へ戻ってきましたが,明日朝再び空港へと車を走らせます。いったいいつ仕事をしているのか,いやしてないだろう。

国内便はまだ普通に飛んでいますが,明日は日本帰国便。こちらもDelta航空はまだ大丈夫ですが,Unitedだったらやばかった。

職場では海外出張並びに海外からの訪問客を全てキャンセルするようにという通達が出ました。でも明日の帰国は私用なので問題無し。ただ,一旦あっちに戻ったが最後,アメリカに帰国できない可能性も無きにしもあらず。よしんば戻れたとしても,2週間の自宅待機命令が待ってたりして。

この状況,いったいいつまで続くのやら。4月以後に計画されているあの会議やらこの会議やら,全部キャンセルになるかもしれません。それはそれで仕事が楽になっていいという不謹慎極まりない気分でもあるのですが。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ホテル内を上がったり降りたり

Washington DCへと出張です。宿泊はホワイトハウスから徒歩数分。何の関係もないですけど。

友人と夕食の約束をしていたのですが,いつまでたっても連絡ありません。メールしても返事なし。こちらもお腹が減ってきたので,ホテルのバーで軽食でいいやとロビーへと降りていきました。

そこでたまたま同じ職場のグループと遭遇。彼らはどこか外へ行くつもりだったようですが,僕に付き合ってバー食。

こういう所で食べるものは,ハンバーガーと決めてます。これと赤ワインで簡単な夕食完了。そのままホテルの部屋へと戻っていったのですが,話はそこでは終わらない。部屋へ入ろうとしたその瞬間,後ろから呼び止められました。

California方面の友人です。軽く挨拶して,じゃあまた明日となるところが,そうは問屋が卸さない。ホテルの廊下でしばし立ち話となり,ここで喋ってるのは他の客に迷惑だろうと,彼女と再びロビーのバーへと降りていきました。

ビール飲みながら喋ること2時間,閉店時間となって店員さんに追い出されました。

それはさておき,当初の予定だった友人との夕食,その後メールが送られてきました。案の定「連絡するの忘れてた」

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail