「Travel and Hike」カテゴリーアーカイブ

絶景ポイントCerro Grande登山

土曜日午後,この辺りでは高い山の一つCerro Grandeに登ってきました。Cerroは山頂の意味らしいので,単なる大山? 標高は3100mほどありますが,トレイル入り口の時点で2700mまで車で登るので,実質400m程の軽登山。

山頂は緩やかな丘陵地になっています。こういう山登りにありがちなのが,登れば登るほど山頂が遠ざかっていくという過酷な現実。もうすぐゴールかと思いきや,その先がだらだらと続いていくのです。九重だと涌蓋山がそれ。

一枚目の写真は東のSanta Fe方面。二枚目は南のAlbuquerque方向。うっすらと見えているのはSandia山で,あちらもかなり高い。

そして西にはカルデラの草原が広がります。ここは外輪山の一部です。360度見渡せる絶景パノラマが広がり,登山の疲れも吹っ飛びます。

パノラマモードで撮ってみたけど,このスケール感はあまり出ませんね。

ちょっとキツめの散歩道だったはず

かなりきついコースと解説されていた山中のハイクコース。とは言え距離は往復6km程度なのでチャレンジしてきました。

森を抜けて歩くコースは,少々起伏はあるものの,きついとは程遠い。なんでこれが上級者向けなんだろうと不思議に思っていたら,景色が開けて分かりました。

崖っぷち沿いの道。どうやらこれを谷底まで歩くらしい。

さらに向こう岸に見えるジグザグ道。こりゃ正真正銘上級者向けです。崖を降りるのはやめておきました。だって降りたら登らないといけない。

簡単危険な登山しよう

見た目簡単に登れそうだと,先々月チャレンジしてガラガラヘビに遭遇したMt. Los Alamos。どうやら登山方法を間違ってたと反省し,正しそうな登山道を探しました。

地図をみると,どうやら裏側の尾根伝いに登るっぽい。まずは山を横に眺めながらぐるりと裏側へまわると,なるほど整備されたトレイルがありました。

前回は這いつくばって岩登りしたのに,裏側はこんなに楽な道です。頂上までもうすぐ。

そんな場所に誰かさんのぽっとん落とし物。かなりでかいう○ち,間違いなくクマさんです。それもかなりフレッシュ。数時間前にここで用を足して行ったに違いない。鈴を鳴らしながら頂上に向かいます。

さほど高い山ではありませんが,頂上からの眺めは絶景です。遠くSanta FeやAlbuquerqueまで遠望できます。かなたの雲の下は嵐。

標高は2500mほど。とはいえ登山口の時点ですでに2350m。登って降りて1時間程度の楽な登山です。クマとかガラガラヘビが出ないなら,また行こうかな。

今年もさらににょきにょき

今年が特に豊作なのか,はたまた今まで気づかなかっただけなのか,さらに多くの種類のキノコを発見。やや手遅れ気味で干からび始めたものが多かったのですが,それでもご覧の通りの種々多様。

きっとどれかは食用だと思います。でもそれを調べて収穫する度胸なし。キノコはやはりスーパーマーケットで買うに限ります。

夏の山に登って花を探そう

久しぶりにPajaritoスキー場へやってきました。夏の午後,雨が降り始める前にこのスキー斜面を一気に登ります。写真だと分かりませんが,実はかなりの急斜面。そこかしこに小さな小さな野の花が咲いています。

どれもこれも本当は小さな花ですが,こうして拡大して撮影してみるとどれも不思議な世界が広がります。

小さな登山,大きなどっきり

Los Alamosの町外れに小さな山があります。そのままの名前,Mt. Los Alamos。山と言うより小高い丘ですが,以前から登ってみたいと思っていたところ。

登山道らしき道は見当たりませんが,草原を横切ってまっすぐ頂上へ簡単に行けそう。そう最初は思ってました。

ところがこの山,上に行くほど傾斜が急になっていくのです。頂上付近はロッククライミング状態。

そんな岩場に面白いものを発見。

ヘビの抜け殻です。こりゃ珍しいや(珍しくもないけど)と,接近して写真撮ってたら...

中身の人が居た!

ぶっといガラガラヘビ,ぬめぬめ光って脱皮したばかりっぽい。それに気づいた瞬間,

しゃーーーー

しっぽ振って威嚇されましたよ。びっくりして飛び去り,逃げました。猛毒です。噛まれたらマジやばい。

無事ガラガラヘビの岩場を通り抜けて頂上へ。絶景です。

登り始め地点は標高2340m,頂上が2480m。登った高さはたったの140m程度ですが,かなりスリリングな登山ではありました。

ガラガラヘビの巣窟だったなんて。もう登らない。