「Science and Computer」カテゴリーアーカイブ

珍しい電子メール

仕事柄色んな国の人との交流がありますが,大体は同じ国の人達。ちょっと変わった国の人も稀におりますが,そういう人達の現所属はヨーロッパとかアメリカの大学や研究機関だったりするので,あまり異国の実感はありません。

今日見かけた電子メール,まずアドレスが見たこともない国。一瞬警戒します。Spamなのかも。

でも本文は至極真当。大学関係者っぽい。名前もしっかり書かれていますが,面識はありません。こんなとき真っ先にやるのはgoogle

表示されたWikipediaを読んで目を疑いました。表示されていたのは某国の「環境大臣」。

こりゃ同姓同名やなと思うも,読みすすめるうちにどうやら本人っぽい。僕の仕事と被ってる部分があります。

官僚からのメールは極稀にあるものの,政治家からのメールはおそらく生まれて初めてです。もうちょっとしたらスポーツ選手とか芸能人からもメール来るかも。

世界は思ったより狭い

ハロウィンが終わったと思ったら,あちこちの飾り付けがもうクリスマス。ちょっと早すぎるんじゃないかと思うんですが,11月ってこれと言って大きなイベントが無いので仕方ないのかも。Thanksgivingはありますけど,七面鳥はキャラがいまいち。

さて先日のビール会での話題。日本人ポスドク君2人と飲んでたのですが,両者分野は全く違います。一人は宇宙関係の研究室出身,もう一人は地球関係。全く接点ないと思ってたのですが,そうでもなかった。

宇宙から地球に分野へと,アメリカを経由して転向した研究者がおりました。なんとポスドク君の知り合いなんだとか。名古屋あたりで,これを読みながらニヤニヤしてる人がいるはずです。世界は狭い。

最短記録に挑戦中

いわゆる科学技術論文って,執筆には少々時間を要します。参考文献を調べたり,結果を詳細にチェックしたり,もちろん英文を直したり。人によっては数年かけて論文ひとつなんてケースもありますが,まあ普通は書き始めてから完成までに数週間から2,3ヶ月というところでしょうか。そればかりに集中してるわけにもいきませんので。

とは言え論文に掲載する図が既に用意されてたら,あとは英作文のみ,それほど時間かかるものではありません。過去に論文執筆最短記録は3日です。出張中,行き帰りの飛行機や手の空いた時間で一気呵成に書き上げました。

もちろん完成したという訳ではなく,大雑把に原稿ができたということ。実際に論文投稿には,さらに一週間ほどクリーンアップ期間が必要です。

そして今日,再び最短記録にチャレンジ。例によって論文に含める図は既に作っていましたが,英作文は全くの空白から。午前中に書き始めて,いま夜の11時,完成しました。最短記録更新の14時間。

いま猛烈な眼精疲労と肩こり。我ながら何やってんだか状態です。書き上がった原稿は,まだまだ推敲が必要なので,一週間程放置します。もう一度丁寧に読み返した後に,物理学会へ投稿。次は12時間を切るチャレンジ。

コンピュータの古文書を解読してた

ひょんなことから,他人の書いたコンピュータ・プログラムを読んでおりました。自分のプログラムですら,数ヶ月前に書いた箇所は思い出すにしばし時間が必要だと言うのに,他人のコードなんて暗号です。

おまけにプログラムは古典的なFORTRAN77,1977年仕様ですよ。そりゃまあ学生の頃は僕もそれで書いてましたけど,いまどきこんな言語使う人は激減してるはず。

読むだけならともかく,あれこれいじってます。こんな書き方して良かったんだっけ,こうやったらどうなるんだっけ,もう試行錯誤状態。

通なプログラミング,専門用語ではハッキング。日本のマスコミの誤用でハッキングはネガティブなイメージとなってしまいましたが,ハックこそ人生。

と言いたいところだけど,若い頃みたいに毎晩2AMまでプログラミングはもうできません。そもそも古文書相手だし,やっぱ音楽こそ人生くらいが気楽です。

みんなが納得,早朝出勤週間

日の出を見てからの出勤,今週は早起きです。理由はオンライン国際会議。かなり大きな会議なのですが,主催者側がリアルな会合を諦め,壮大なZoom会議開催中。

でも問題は参加者全員が納得できる時間帯です。アメリカが昼なら,ヨーロッパは午後から夜,アジアは深夜から早朝。となると,考慮すべきはアジア時間帯。

日本人の夜更し防止に,こちら側が無理するしかありません。ここNew Mexico時間で朝7時開始。日本は夜10時,ヨーロッパは夕方4時。まあこれならなんとか。僕としては,ここが夜10時でよかったんだけど。ビール飲みながら参加したり。

7時前にオフィスに到着し,カメラをオン。参加者の顔ぶれを見てると,その中のひとりが突然話しかけてきて,ちょっと待ってねと画面から消えたかと思ったら,次の瞬間,奥さんが「はろ〜〜」

そりゃまあ知ってる人ですけど,国際会議の場なんですけど,いちおう。

雨の休日のひきこもり

7月4日,例年なら花火大会が開催される独立記念日ですが,この2年間のコロナ自粛でずっと延期というか中止。

今年は音楽イベントは開催されたものの,山火事防止ということで花火はやはり中止。もっとも午後からずっと雨なので,どうせ花火もできなかったことでしょう。

連休ながらも,少々仕事がたまっておりました。講演資料作りとか,原稿チェックとか,進捗報告書とか,まあそういった類のもの。天気も悪いし,在宅ワークにちょうどいい内容です。もっとも休日返上なんですけど。

ところで講演資料ですが,さすがに長年同じ業界にいれば,ちょっとした図とかイラストは掃いて捨てるほど蓄積されています。ここにあの図を入れておこうと,と思った瞬間に直面する問題。

あれ,どこにあるんだろ。

プレゼン資料が大量すぎて,発掘するのが大変。ちゃんと整理しとけばいいんですが,なかなかそれも面倒くさい。