「Music」カテゴリーアーカイブ

華やかなピアノ奏法

派手なピアノ演奏といえばグリッサンドです。白い鍵盤を下から上、上から下へとダララララと滑らせて弾くやつですね。ピアノを弾いていると。横から友人がやってきて、「あれ、やってやって!」としばしばリクエストされるのがこの技。ただ、自分の記憶する限り、これをピアノの先生から教わった覚えがありません。

あまり古い曲にはグリッサンドは出てきませんが、M.Ravelはよくこれを使います。子供用連弾曲Ma Mere L’oye(マ メール ロア)にも使われていますので、子供が発表会でハッタリかますにはぴったりの曲です。

G. Holstの組曲「惑星」の天王星では、パイプオルガンのグリッサンドがあり、これは迫力。

白鍵をダラララとやるだけでなく、黒鍵のグリッサンドというのもあります。写真はやはりRavelの「水の戯れ」から。黒鍵グリッサンドもMa Mere L’oyeに出て来たと思いますが、楽譜が見つからないので未確認。

グリッサンドというのは、音を滑らせるという意味なので、必ずしもダララララっとやるだけではありません。黒鍵を弾いた直後、同じ指でその上下の白鍵に滑らせて弾くのもグリッサンドと呼ばれます。ちょっとインチキっぽい運指法ですが、慣れると便利。


指使いというのは、基本的に奏者が自由に決めて良いものです。練習曲の中には、運指法は自分で考えろと言って、指の数字が書かれて無いものもあります。もっとも、指番号が書いてあっても、大概はその通りには弾きませんけどね。

もう一つ、この写真はChopinの前奏曲の最終曲最後の部分。早いアルペジオで高い所から滑降してきて、梵鐘のような低音の強打で終わります。昔、Chopinコンクールで優勝者したDang Thai Son(ダン タイ ソン)は、この部分を独特な方法で演奏しました。

アルペジオで駆け下りて来た後、CとEの鍵盤を音をたてずに押さえ、Dの鍵盤だけをむき出しにした後、ゲンコツを使って引っ叩いたのです。大きな音量を得るためでしょうが、それ以上に視覚的印象が強烈でした。え、そんなのアリなの。楽器は大切にって、教わったのに。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

割り切れない音楽

明日から1週間程Aspenに滞在する予定なので、その前に一つだけエントリしておくことにしました。出張先でblogの更新ができるかどうか、そもそもネットが使えるかどうか分からないし。もし使えるのなら、Aspen滞在記なんかを書くかも。

TAMAさん@合衆国の片隅から頂いたコメントにあったDebussyのアラベスクをヒントに、ネタを絞り出しています。知ったかぶり音楽シリーズ、そろそろネタ切れか?

アラベスク1番の最初のあたり、左手は8分音符、右手は三連符を同時に弾く部分があります。つまり左手で2つの音符♪♪を弾く間に、右手は3つ♪♪♪弾くことになり、最初の音符は左右同時に弾きますが、後の部分は微妙にずれることになります。そのずれは1/6拍。

こういう「割り切れなさ」はDebussyのような近代音楽だけでなく、例えばBachの「主よ人の望みの喜びよ」のような有名な曲にも出て来ます。Beethovenの月光ソナタの一楽章では、三連符と付点のリズムが重なります。そのずれは1/12拍。

Chopinのノクターンあたりになると、この手のズレは頻繁に起こり、ノクターン1番では左で12個の音符弾く間に、右は22個。左手1音符辺りの右手音符の長さは11/6で約1.833。掲載した写真はノクターンの8番の最後で、右左比は7:6、左1個当た1.167。

音楽を生業とする人も当てはまるのかどうか分かりませんが、数学が嫌いで文系を選んだという話は良く聞きます。でも、11/6を頭の中で計算しながら演奏するなんて、数学脳を持ってない限り不可能ですよね。

音楽中の数学という話題ではXenakis(クセナキス)という作曲家を忘れるわけには行かないのですが、あまりゲンダイものに走るとサイトへの訪問者を減らす恐れがあります。これを書きながら久しぶりにXenakisでも聴いてみようかとCDを取りに行きましたが、結局持って来たのはBrian BennettのMisty。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

E. Satie, 楽譜の中の変な指示

ピアノを習った人なら分かると思いますが、ソナチネあたりの楽譜はとてもシンプルで、音符の他に、音の強弱と全体のテンポ程度しか指示されていません。あとは、曲の最初にAllegro Vivaceのようなイタリア語の抽象的な指示があるだけです。

しかしながら作曲家が表現の幅を広げたいためか、イタリア語に不自由な作曲家が増えたためか、楽譜に余白が増えたためか、次第にややこしい指示をドイツ人ならドイツ語で、フランス人ならフランス語で楽譜に書き込むことが増えてきます。

中でもそれが激しいのがErik Satieで、奇妙な言葉が楽譜の中にちりばめられています。例えば「疲れて」、「謎めいて」、「食べ過ぎないで」、「偽善的に」という指示があり、その通りに弾くのはかなり難しそうです。もちろん冗談みたいなものなので、まじめに指定通りに弾く必要は無いのですが(と言うか、食べ過ぎないように弾くって???)。

演奏の指示だけでなく、冗談や何やら謎めいた言葉もたくさんあります。「ひからびた胎児」という組曲の第2曲、『シューベルトの有名なマズルカからの引用』、でもそこで演奏されるのはショパンの葬送行進曲。そもそもシューベルトにマズルカは無いだろう。

なかでもSatieを有名にしているのが、Vexations(ヴェクサシオン)というたった2行の少々イライラするような曲で、1回弾くだけなら30秒ほど、でもこれを840回繰り返せとあって、全部弾くには数時間かかるというピアノ曲としてはおそらく最長の音楽。バカバカしいですが、たまにマジでこれを演奏する人達がいます。学園祭の余興でありそうな、何人かで交代しながら演奏する駅伝コンサートですが、弾く方よりも聴く方がたまらないですね。こんなの。

実はさらに長いSatieの曲があって、それは「スポーツと気晴らし」という組曲にある「タンゴ」。最初と最後にセーニョ記号があるだけで、曲の終わりが見当たりません。どうやら永遠に繰り返せということのようです。どうせなら、こういう曲をコンサートマラソンでやって欲しいものです。僕は聴きに行こうとは思わないけど。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

さわやかな音楽

家内に、朝、キッチンで聴く爽やかな音楽のCDが無いかと聞かれたので、CDの棚を指差して
「そんなん、適当にそっから取ればいいやん」と答えたところ、
「だって、ショスタコービッチとかバルトークとかばっかりじゃん」

確かに爽やかさには欠けますが、所詮は食べず嫌いです。僕が納豆が嫌いなのは、きちんと3粒ほど食べた経験の上で「腐った豆は嫌」と意見しているのであって、こういう態度は見習って欲しいものです。

ShostakovichとBartokに関してはおかしな話を聞いた事があって、その昔、とある東京の有名私大において、「どんな音楽を聴いているか」と聞かれたらこの2人を答えるのがエリート的にコレクトだったんだそうな。数十年も前の話ですが、近代の難解で知的な音楽を伊丹十三のように眉間に皺寄せて聴くのが秀才の証だったのかな。

学生だった頃、友人がShostakovichの9番の交響曲第1楽章の第2主題を「じゃんけんケンちゃん、あいこでチャコちゃん」と歌っていたのを聞いて爆笑して以来、あの旋律を聞く度に「じゃんけんケンちゃん」が頭から離れず、とても眉間に皺なんて寄らないんですけど。あと、7番の交響曲の「ちーんちーんぷいぷい」も。

閑話休題(それはさておき)、朝からBartokのViola Concertoなんて聴いていたらやっぱり気が滅入るので、僕なりに自分のCD棚の中から選んだのは、次のとおり。

  • R. Schumann, Symphonien Nr.1 “Fruehling”, Nr.3 “Rheinische”
  • A. Mozart, Streichquintett Nr.3, KV 515
  • G. Mahler, Symphonie Nr. 4
  • J. Haydn, Streichquartett Op.76 Nr.3, “Kaiserquartett”
  • F. Schubert, Symphonie Nr.5 B-dur, D 485
  • V. D’Indy, Symphonie sur un chant montagnard Francais, Op.25

もちろんコダワリ付き選曲なので、ペールギュントとか四季は入ってません。最後のやつ、ダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」は、交響曲と言っていますが、実質はピアノ協奏曲。朝日の差し込むキッチンで、コーヒーでも飲みながらお聴きください。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

楽譜おさえ

コンピュータのスクリーンがとても細かい文字を表示できるようになっているんだから、既にあってもよさそうなのにといつも思っているのは、電子楽譜。もちろんPDF化された楽譜はもうありますし、印刷して使うこともできます。考えているのは、譜面台がスクリーンになっていて楽譜を表示してくれると言うもの。電子ペーパーなんていうのが作られているくらいだから、技術的には何も問題無いはず。パソコンのモニタを無理矢理ピアノの上に置くだけでもいいかも。

こんな事を考えている理由は、譜面めくりにあります。ちょっと大判の楽譜だと、開いておくだけでも一苦労。春秋社の楽譜なんて、まさにそうですね。で、こんな時登場するのが、洗濯バサミ、これ最強。

ただ、洗濯バサミの場合は、次のページに行く時に、一度はずしてから付け直すという手間がかかります。もし楽譜がPCのモニターだったら、と思うのはそんな時。足下にでもスイッチを置いておき、これを踏めば次のページを表示するという優れものです。

もちろん、全楽譜はハードディスクに入っていて、専用ソフトiToneを使えば一発選択。さらにiTone Music Storeではオンラインで楽譜の購入が可能。

MIDI端子付きの電子ピアノなら、演奏の間違いを自動チェック。どうしても弾けないところは、簡単譜面に自動的に切り替わる親切設計。あまり頻繁に間違えると、不正な演奏により楽譜は強制終了されましたのお仕置きモード付き。

ヤマハさん、このアイデア、買いません? それとも、もう売ってるとか?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

裏面の愉悦

丁度1週間前に音楽ネタを書いたので、今回も音楽ネタです。週間シリーズになるかも。ならないかも。

Sibeliusの7番の交響曲のレコードに抱き合わせで入っていた6番が良かったという話を書きましたが、そんな風に偶然良い音楽に出会えるのは嬉しいものです。という訳で、今回はレコードの抱き合わせで知った曲のことなど。ちなみに、かなり趣味の世界が滲み出てますので、今回はお薦めはしません。

Mahlerの第5交響曲は、昔のLPだと1枚にかろうじて入るかという長さです。普通は1枚に押し込んでましたが、僕の持っていたLevine/Philadelphiaのものは1枚半に分かれ、2枚目のLPの裏面には未完の10番の交響曲の1楽章が録音されていました。非常に美しい緩徐楽章ですが、Fis-durという演奏者にはちょっと辛そうな調で書かれています。曲の冒頭、普段は中々晴れ舞台がないViolaのSoliで始まります。思えばこの曲あたりが、近代・現代音楽にハマって行った入り口だったような。

StravinskyのViolin協奏曲は、彼のバレエ音楽からすればずっと地味な作品。このレコードを買ったときに一緒に入っていたのが、A. BergのViolin協奏曲。演奏はPerlmanと小澤征爾のもの。CDではBergが先に来ているので、Stravinskyが裏面だったのかもしれません。

Stravinskyの面白さもさる事ながら、Bergの方の美しさは特筆すべきものです。12音技法による、ともすれば「ゲンダイもの」にも分類されがちな新ウィーン学派の音楽ですが、この曲はやや調性感が残ります。最も好きなViolin協奏曲を挙げろと言われれば、迷わずこれ。

ところでStravinskyの方ですが、最終楽章の最後の方、ズンチャン、ズンチャンと2拍子のprestoに転じるあたり、スコアを眺めてみると(写真のように)実は3拍子だったりします。あまり必然性が無い様な気もするのですが、天才の考えることは分かりません。(スコアが古くて、かなりセピア色になってます。)

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail