「Music」カテゴリーアーカイブ

音楽の中の黄金分割

年末帰国したとき、面白そうな本を見つけました。マリオ・リヴィオ著「The Golden Ratio、黄金比はすべてを美しくするか?」(斉藤隆央訳、早川書房)。アメリカに住んでいながら何故和訳?と言うつっこみは無しね。

黄金分割は1:1.62くらいの比率で、俗にピラミッドやギリシャのパルテノンの設計に使われているとか言われます。もっともこの著者は、それには懐疑的で、誤差の範囲であると切って捨てます。

黄金分割は、フィボナッチ数列と深い関係があります。フィボナッチ数列とは、1,2から始めて、続く2つの数字の和を次の項とするもの。1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,…。この隣り合う数字の比を取ると、それが黄金分割比に漸近することが知られています。例えば、89/55=1.6182。細かい話は本を読んで頂くとして、ちょっと面白かったのが音楽に使われているという黄金分割。

有名な例がBartokで、小節数などの設計に黄金分割が使われていると言う話があります。最初にこれを聞いたのは随分昔のことで、そんな作曲技法もあるのかと感心しておりましたが、どうやら最近ではあまり信憑性が無いという結論だそうです。

もう一人、こちらは初めて聞いた話ですが、Debussyの音楽でも、「海」や「雨の庭」の構成が黄金分割になっているんだとか。こちらも、本人がそうと語っていない以上、真偽の程は闇の中ですが、面白い話ではあります。

作曲家が黄金分割を用いたのか、それとも偶然か、さらには黄金分割を音楽に用いる効果が本当にあるのかは分かりません。

同様の例があるかどうか、探してみました。Chopinの前奏曲集Op.28の第一番ハ長調。全体の小節数は34で、フィボナッチ数になっています。最初の旋律が一段落するまでは8小節、これもフィボナッチ数。それから次第にcrescendoし、クライマックスのffになるまで13小節、これもフィボナッチ数。打ち寄せた波がひくように小さくなり、小さなコーダを経て集結、ここも13小節。

曲の頂点までの小節数は21で、後半は13小節。その比は1.615で、ほぼ黄金分割になっています。さらに、曲の調子は2/8でフィボナッチ数。曲に多用されている3連符と5連符もフィボナッチ数。Chopinが作曲にあたって黄金分割を意識したのは間違いありません。

信じられますか?

ちなみに、全小節数がフィボナッチ数になっているChopinの曲を、適当に探しただけですが。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail
音楽の中の黄金分割 はコメントを受け付けていません

武満徹没後10年

世間ではMozart記念行事ばかりが目につきますが、今日は現代日本を代表する作曲家、武満徹が亡くなって丁度10年。色彩豊かな音で空間を満たし、また時間と空間の中に沈黙の間を持たせた音楽は、世界中から高く評価されています。

大学生の頃は、武満の音楽が好きだと声を大にして言うのに少し躊躇しました。現代音楽を好むというのが一種のスノッビズムに聞こえない事もないこと。それから、武満の音楽は聴いた事が無くても、名前は知られた作曲家。例えば「日本画家では誰が好き?」と聞かれて、とりあえず東山魁夷と答えておけば安心というようなもの。

彼の音楽との最初の出会いは、大学1年生の頃。FMで流れて来た曲Qautrain(カトレーン)は少々大げさに言うなら、まさに衝撃でした。もともとDebussyの音楽が好きだったせいか、こういう音楽にアレルギーを起こすこともありません。曲はソロ楽器とオーケストラのもので、名前のとおり数字の4が重要な意味を持っています。同様に、「鳥は星形の庭に降りる」という曲は、数字の5に支配されたもの。

その後、武満に関する書籍を読み、幾つかの曲は図形楽譜で作曲されていることを知ります。そうなると、その図形楽譜とやらを是非見てみたいもの。「コロナ」という曲をヤマハで調べてもらったら、フランスからの輸入になるとのこと。日本人作曲家なのに、フランスとは解せないながらも注文しました。

数ヶ月後届いた「コロナ」の楽譜は、ペラペラのコピーが数枚、それらに手書き(!)で色が付けられたもの。カバーが無ければ、誰もこれが楽譜とは思わないでしょう。ちなみにピアノ譜も色々と集めていますが、弾くと家族からブーイングが出るので、滅多に出して来ません。

武満中毒になるきっかけのもう一曲「3人の打楽器奏者のための『雨の樹』」。暗闇の中、たくさんの葉から滴り落ちる雨のしずくが見えるような音楽。こういう曲を聴くと、楽譜はどんな風になっているのか気になって仕方ありません。幸い、Schott Japanから出ていますので、さほど苦労せずに手に入りました。

なお、この曲は大江健三郎の小説と関連しています。Rain TreeはMonkey Podの木。小さな葉がたくさん付いていて、夜の驟雨を貯め込み、昼間その雨水を降らせるというもの。実はおなじみ「このー木何の木、気になる木」の木です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Schubertピアノソナタメモ

先週のヨーロッパへの旅で、年末に日本で買っていた喜多尾道冬著「シューベルト」を読みました。短い生涯ながら多くの名曲を残し、多くの未完成を残したSchubertの音楽の背景に興味がありました。Mozart記念の年にSchubertと言うのもへそ曲がりではありますが。

それともう一つ。Schubertの作品、例えばピアノソナタは、ソナタ第何番と呼ばれたり、作品番号で呼ばれたり、はたまたDeutsch番号で呼ばれたり、何時も混乱します。ちょっと頭の中を整理しておきたいというのもありました。ソナタ集の第何番という呼び方もちょっと問題で、普通Schubertのソナタは21番までありますが、Breitkopfの全集(のDover版$12 ← せこい)では15番がSchubert最後のピアノソナタD.960となってるのでややこしい。

実はSchubertのソナタ、ほとんど弾いた事がありません。Op.42,D.845とOp.120,D.664の2曲のみ。それも1,2楽章だけ。理由はおそらく、練習していて集中力が続かないというもの。転調して繰り返す、同じパターンが何度も続く、ピアニッシモの「独り言」モードが延々と続き、気付いたら弱音ペダル踏みっぱなし。

悪口言ってるみたいですが、ソナタ全集買う位なんだから、それなりに好きなんだと思います、Schubert。ただ何となく敬遠してきただけで。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

楽器始めました

突然ですが、フルート始めました。と言っても真面目に先生にレッスンを受けているわけではなく、全くの我流です。理由は…なぜかフルートが家にあったから。

これ、もしかしたらうちの娘が練習するかもしれないという理由で、随分前に従姉妹からもらった(借りた?)ものなんですが、そのままずっと音を奏でる事無く今日まできたもの。YAMAHAの入門用フルートです。光の具合で金に見えますけど、洋白銀メッキ製。

実は過去に何度かチャレンジしたのです。でも、とにかく吹いてみるだけ。3分もすれば、息の使い過ぎで立ち眩み状態。

今回は、フルートの入門本まで買って、本格的にやろうというもの。すでに何日も(ほんの3日ほど)練習を続けています。ここで紹介しておけば、自分の尻叩きにもなるでしょう。今の所、フルートの音色というよりは、虚無僧が吹く尺八の音。

ピアノ以外の楽器を、何か一つやってみたいとずっと思っていました。これ、大型楽器を弾く人間の共通の憧れだと思います。何か持ち運べる楽器をやりたい、という。中でもフルートはコンパクト。鞄に入れて、何処にでも持ち運べ、演奏できます。それにフルートって、管楽器の中では習得が比較的簡単なんだとか。

フルートを旅行鞄に入れて、旅先で音楽を奏でる。あるいはリュックにちょいと入れて、山を歩き、森の中で「牧神の午後への前奏曲」なんかをちらっと吹いてみたり。いいではありませんか。小鳥が寄って来る代わりに、蛇が出そうですけど。

ちょっと誤算だったのは、意外と音が大きい事。フルートなら夜間でも練習できるかと思ったんですが、これは無理っぽいです。旅先のホテルでちょっと音楽というのも、ダメみたい。

とりあえずは音階が安定して吹けるようになってから、教則本に進もうかと思ってます。我流ではやっぱりダメだということになれば、「これは元々お前のものだ」って、娘におしつけちゃえばいいんだし(真面目にレッスン受ける根性は無し)。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

パソコンで音楽

出張や日本帰国時に,Sonyの小さなラップトップVaio-C1を持って行きます.5年も前に買った年代ものですが,ネット閲覧,メールの読み書き,それに仕事のメモ程度には何の問題もありません.でも一番重要な目的,実は携帯音楽.

CDからデータを吸い出し,MP3に変換してパソコンで聴くという人が多いですが,あまり好きではありませんでした.当初,MP3にすると音質が落ちてしまうのと,なんやらアヤシゲなMP3ファイルが巷に溢れていたこと,それにMP3自体が特許関係でゴタゴタしていたのが,その理由.ポップスなら音質の差はまず分りませんが,クラシックだとはっきりと聞き取れます.

その後,Ogg Vorbisに出会います.同じビットレートで比較すれば,音質はMP3よりも上だとか.この辺,判断は微妙ですけど,少なくとも可変ビットレートを採用していたVorbisは魅力的でした.一念発起して,手持ちのCDをOgg Vorgisでエンコードし,PCに取り込むことに.

圧縮された音楽データは,元のサイズの1/10程.数日かけて,150枚程のCDをPCのハードディスクにため込みました.Vaio-C1のハードディスクに取りこんだ全音楽ファイルは入らないので,お気に入りの曲だけをコピーし,旅先で何時でも聴けるようになっているわけです.

いつも持ち歩いているのは,Beethoven,Mahler,Brahms,Shostakovichの全交響曲,BrucknerとSibeliusの数曲,これだけで50枚近いCD.そんなのがちっちゃなラップトップで持ち運べるんだから,音質が悪いとかウダウダ言う筋合いでは無いですね.

問題は,携帯プレーヤーと違って,パソコンの電池の寿命が短いこと.今でこそ6時間とか8時間使用可能なラップトップが売られていますが,Vaio-C1ではせいぜい1時間です.空港待合室できょろきょろとコンセントを探し,こっそり電気ドロボウしながら音楽聴くのは,ちょっと悲しい.

iPod,とても気になってるんですが,残念ながらOgg Vorbisは未対応.買うなら,また音楽をCDから吸い上げ直しです.取り合えずVaio-C1が健在な間は,iPodが視界に入らないようにしておこう.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail