「Music」カテゴリーアーカイブ

遠くから来るもんだ

Amazonで注文していたCD,配達に数日かかるので在庫が無かったかと思ったら,なんと海外からの配達でした。わざわざ英国から発送されていたとは。

でも考えてみたら,日本から発送されたインスタントラーメンもありましたし,中国から直送もありました。送料なんて,国内で大規模な倉庫に商品用意するのに比べたら大したことないんでしょうね。

それはそうと,このケース割れてるんですけど。

中身に問題無いので,予備のケースに入れ替えればいいんですが,なんとなく悔しい。でも送り返す先は再び英国。交換はめんどくさいので諦めました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Deliusを大人買い

F. Delius ディーリアスは19世紀末から20世紀初頭の英国の作曲家ですが,一風変わった音楽を残しています。英国と言っても,ほとんどをParis南部のGrez-sur-Loingで過ごしていますが。

当時のWagner, Mahler, R.Straussの音楽がどーんと迫ってくる油絵なら,この人の音楽は田園の水彩画,あるいは印象派風。僕は好きな作曲家なのですが,持っていたCDを誰かに貸したままになってるらしく,ずっとunDeliusな年月が過ぎ去っていきました。

それが先日,Amazonで格安ボックス・セットを見つけたので,これ幸いとポチっ。でもまさか18枚セットだったとは。

この人の曲の隠れファンは多いと思うのですが,さほど頻繁に演奏されることはありません。「ディーリアス」でググってみても,たったの5ページ止まり。「春初めてのカッコウの声を聴いて」や「夏の庭で」,「楽園への道」あたりの管弦楽曲はそこそこ取り上げられ,YouTubeにも幾つか動画があります。

全体にあまりくっきりした旋律というものが印象に残らず,移ろいゆく音の色が印象に残る感じの作品です。極端な起伏も少なく爆発力もない。でもそこが魅力です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

少々迷惑なStanding Ovation

地元高校のホールを使って開催される地元コンサートシリーズへ行ってまいりました。Horszowski Trioという若手の三重奏で,ピアニストは相沢吏江子という日本の方。ポーランドのピアニスト Horszowskiの名前を冠した三重奏団で,日本語ではホルショフスキと書かれていますが,あの国の名前です。本当は全く想像もつかない発音なんでしょう。

MendelssohnとSchumannのピアノ三重奏曲,それに現代曲をひとつ。Mendelssohnのは何度か聞いたことがあるはずなのですが,全く記憶に無し。例によって流麗に流れていき,終わったら,あれ,どんな曲だっけとなるような曲,と言ったら失礼か。

Schumannの三重奏曲第1番は時々聴いている曲で,良い曲なのですが,そこはやはりシューマンっぽいのでゴニョゴニョ。

さて今日の話題はコンサート評ではなくて別のこと。こんな田舎町でのコンサートのせいなのか分かりませんが,全曲終わると困ったことが起こります。それはスタンディングオベーション。

普通のコンサートなら,よほど大感動・大感激するような演奏に出会わない限り全聴衆が立ち上がって拍手することは滅多にありません。もっとも僕の経験は日本と欧州に限られるので,アメリカの一般の様子はちょっと分からない。

ともかくここでは,どんな演奏だろうがスタンディングオベーションしないといけないのがマナーかのようになっているのです。そりゃ演奏家さんたちには最大限の賛辞を送りたい。でも立ち上がってまで拍手したいっていう演奏はまずない。

問題はそれだけではないのです。こういうコンサートシリーズ,やはり客層の平均年齢は高い。そうなると立ち上がるのに難儀される年配の方々も多いのです。なのに前の座席が立ち上がっちゃうと,もうステージは見えない。

だからと言って立ち上がるなとも言えないし,なんだかモヤモヤした気分です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

深夜の音楽鑑賞の序破急

ちょっとAmazonで買い物したついでに,一枚忍びこませておきました。Hilary HahnのヴァイオリンでBrahmsとStravinskyの協奏曲。珍しい組み合わせですが,それ以上に真っ黒なCDというのも珍しい。

さて深夜になれば音楽鑑賞タイム。その時の気分,と言うか面倒レベルによって3つの形態があります。

まずじっくりゆっくりと音楽を楽しみたいとき。これはもうCD棚とにらめっこした後,やおらオーディオのスイッチを入れ,部屋に広がる楽器の音を堪能します。

立ち上がるのが面倒なとき。手元のパソコンから遠方のBluetoothスピーカへ音を飛ばして,パソコンに取り込んだCDを再生。音の広がりは無くなりますが,さほど悪くはない。それに大概の曲はパソコンに入っています。

曲を選ぶのすらメンドクサイ時。手元にあるリモコンでTVオン。YouTubeへ行っておすすめされるがままに再生。さほど好きでも無い曲も流れますが,気にしない。唐突にタモリ倶楽部が始まりますが,気にしない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ウィーンと言えばウィーンフィル

一週間のご無沙汰です。先週はウィーン出張だったのですが,慌ただしい日々に更新をサボっておりました。実際,仕事三昧の一週間で,書くネタもなかったのですが。

そんなネタ無し一週間で最大のイベントだったのがコンサート。いつもならキンキラキンで有名な楽友協会大ホールへと出かけるのですが,今回はもう一方のキンキラキン,Wiener Konzerthaus。どちらかと言うとちょっと白っぽいイメージかも。

演奏はなんとあのWiener Philharmoniker,ウィーンフィルハーモニー管弦楽団です。指揮はV. Gergiev。ウィーンフィルの生演奏を聴くのは,国立オペラを含めて,確かこれでたったの3回目。楽友協会でのウィーンフィルコンサート,普通はチケットが手に入りません。

演目は,前半がTchaikovskyの交響曲第1番,後半はRimsky-Kosakovの代表作「シェヘラザード」。どちらもよく知った曲ですが,コンサートに行くまでは後半の曲を楽しみにしていました。

それがまあなんということでしょう。チャイコの一番,通称「冬の日の幻想」がもう感動もの。一楽章のファンファーレが鳴り響くところでは,思わず目頭が熱くなるほどでした。

シェヘラザードももちろん熱演です。なんとなくふんわりとしたイメージのウィーンフィルですが,Gergievの指先からでるダークサイドフォースが熱演へと駆り立ててるよう。ちなみにこの人,指揮棒無しで指揮します。

いやはや圧倒されました。今までおそらく40回はウィーンを訪問しておりますが,ウィーンフィルの生演奏に巡り会えるチャンスなんて滅多にありませんもん。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Austria国立図書館PrunksaalにてBeethoven

新年早々だというのにウィーンに来ています。今年はBeethoven生誕250年記念ということで,ここウィーンでも記念事業があれこれ企画されているようです。世界で一番美しいと言われるAustriaの国立図書館大広間 Prunksaalで,Beethoven展をやっているというので,早速見てきました。

この図書館自体も有名な観光スポットなのですが,いつも入館を待つ行列に気後れし,一度も入ったことがありませんでした。内部は豪華絢爛そのもの。天井の巨大なフレスコ画が目を引きます。

そしてこれがメイン。Beethoven交響曲第9番の自筆譜。彼の自筆譜って全く読めないイメージあったのですが,これは何とか読めそうですね。清書後なのかな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail