「Music」カテゴリーアーカイブ

濃霧のウィーンのあやふやな観光

VIC

一週間のウィーン出張を終え,昨晩戻ってきました.濃霧に覆われたウィーンで,朝出かけるときにジャケット無しじゃ寒く,でも上着を羽織っていると蒸し暑く汗ばむ.なんだか変な天気でした.

今回の滞在ではあまり外食もせず,ホテルのラウンジでの軽い夕食ばかり.さして写真も無いのですが,そんな中からの数枚です.

Vienna Airport到着,真っ先に注目したのがこちら.なんとドアを開けたまま走ってるタクシー.

これ,停車してるんじゃなくて,徐行ながらも本当に動いています.このタクシーだけが変なのかと思ったら,他のタクシーもやってるのを目撃.何か理由があるんでしょうか.

ドア開きタクシー

続いてはAustrian Armed Forces.町中で隊員の勧誘してました.君もこの戦車に乗ってみないか,と.

戦車
ヘリコプター

一番ウィーンらしい写真はこれかも.ウィーン楽友協会.Franz Welser-Moest指揮, Cleveland Orchestraの演奏で,Beethovenの弦楽四重奏15番の弦楽合奏版,Stravinskyの「春の祭典」.楽友協会でClevelandを聴くのは,これが二回目

14と16番の弦楽合奏版はBernstenの録音が有名ですが,こちらは15番.感動的な3楽章が,さらに強く心に響きます.

そしてハルサイですが,やっぱりこのオケは上手い.超難曲ながらも,素晴らしいアンサンブルの演奏を聴かせてくれました.でもなんでウィーンくんだりまで来て,アメリカのオケを聴いているんだろう.

wien musikverein
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

秋なのにスローな春

同僚にヴァイオリン弾きの女性がおります.以前からアンサンブルやる話が出てはウヤムヤという状況が続いていましたが,ようやく実現しそうな雰囲気になってきました.新しい弓を買ったんだとか.

手始めに曲目はBeethovenのViolin Sonata第5番.Spring Sonataというニックネームで有名ですが,いまはもう秋,誰もいない海.

先週彼女から,楽譜を入手したから週末に練習しとくという連絡がありました.そして今日の電話.

「練習しすぎて,指が痛い」

そこまで真剣にやるんかと,ちょっとビビった.でも,

「普通のテンポじゃまだ無理だから,半分の速さでいい?」

半分速度のSpring Sonata,春眠暁を覚えずなほど超スローにピアノ弾くのって,ボロが目立つのでそれなりに難しいです.さてどうなることやら.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

電子ピアノの置き場に困って

Privia

大学に入ったばかりの長男が,何か楽器が欲しいと言ってたので,これにしました.CASIOのPrivia.この値段ながらも88鍵のフルキーボード,キータッチもしっかりしており,意外と普通のピアノのように弾けます.

長男が次に戻ってくるのは冬休みです.それまで放置するのも勿体無い.せっかくだから遊ばせて貰おうと,居間へ持ってきました.重さ12kgなので,運べるけどポータブルとは呼べない重さ.スタンドは買わなかったので,どこかに置かねばなりません.ちゃぶ台に乗せてみたものの,ちょっと高い.

結局,一番安定したのは,床に直置き.ちゃぶ台には譜面台.床にあぐらかいてのピアノ,弾きにくいけど,弾けないことはない.

電子ピアノなので,夜中に遊べるのは便利です.色んな音が入っているので,音色を変えて遊んでいましたが,これはじきに飽きちゃいますね.

さて担げないことはない12kgです.電源ケーブル,ペダルと譜面台を加えたらもうちょっと重い,長男には頑張ってハワイ大学まで持って帰ってもらいましょう.彼に現金渡して,Honoluluの楽器店で買ってこいと言えば簡単だったんですけどね.ま,いっか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ピアノの上で広がっていく混沌

グランドピアノは手前の屋根を開かないと譜面台が出てきません.でも開いた状態だと,かなりの音量で少々うるさい.卓上譜面台をピアノの上に置けば,屋根を閉じたままで演奏でき,音量も抑えられて便利です.目線が少々高くなるのが難点ですが.

閉じたままでよいとなると,次第に怠惰が広がってきます.ピアノの上に楽譜を山積み(これだけはやりたくなかった).天井のライトのスイッチが遠いので,専用のLEDライトをAmazonで購入.

このライト,USBが着いているので,スマホの充電もできます.

ドリンク用スタンドも身近に置いておきたいところ.ついでにウィスキーボトルも常備するか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Bluetooth Speakerでノマド仕事

Bose SoundLink Revolve

Macbook Proの内蔵スピーカーで音楽を流しつつ仕事することがあります.音質はMacbook Airに比べてかなり改善されたものの,やはりしょぼい.Bluetooth接続できるスピーカー,Bose SoundLink Revolveを買いました.

スピーカーとは左右二つあって,その中央に座って音楽を鑑賞すべし.長らくこの教義を守ってきたものの,昨今の音楽の聞き方はすっかりカジュアル.このSoundLink Revolveはモノラルスピーカーならがも,360度方向に音が広がる設計です.

電源を入れると,突然「言語を選べ」と喋ってびっくり.日本語に設定してみました.

さて,古いiPadに音楽をコピーし,そこから音楽を流す作戦.このiPad,名前が「山田太郎のiPad」みたいに漢字になってます.SoundLinkとペアリングしたら,「山田太郎」の部分を中国語読みで喋ってくれました.一瞬何が起こったのかと...

小さいながらも,かなり低音が響きます.充電しておけば何処にでも持って行けるので,早速裏庭デッキのテーブルに置いてパソコン仕事.これは極楽です.あとビールがあったら最高.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

無言のディナーを回避する

ご自宅での夕食のお誘い.ご夫婦の家庭で,客は僕一人だけです.大変ありがたいながらも,少々緊張するし,そもそもどんな会話をすればよいのか.沈黙の瞬間がちと怖い.

大きなお宅です.玄関の呼び鈴を鳴らして広大な居間へ案内されると,その片隅にあったのがグランドピアノ!

しめた!と思いましたよ.これで間が持つ.

「どなたか,ピアノを弾かれるんですか」
「このピアノは家内の母親が持ってたもので,彼女はピアノ教師だったんだ」

奥様もピアノは習ったそうですが,今は弾いてないとか.奥様の母親のピアノです.製造から100年近く経ってるかも.聞いたこともないメーカーでした.写真を撮り忘れたのが残念.

「ちょっと触ってもいいですか」
「ピアノ,弾けるの?」

E. Grieg

ちょっと触ってみたら,調律はそんなに酷くは狂っていません.でもアクションそのものにかなりガタがきています.なんとか弾けそうだったので,パソコンをピアノの上に置いて,楽譜を表示.

Chopinの前奏曲を弾き始めると,実はご主人,クラシック音楽好きだったらしく,「ああ,その曲,大好きなんだ」.

請われるままに Chopin, Bach, Schubert, Brahms...夕食前に小一時間弾いてすっかり緊張感が解れ,その後のディナーも会話がはずみました.やれやれ,なんとか乗り切ったようだ.

ホテルまで車で送ってもらい,冷蔵庫で冷やしておいた白ワインで一人晩酌.いや〜,うまい.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

車載オーディオ用USBメモリのMP3ファイルを編集する

USBメモリを使って車内で音楽の話の続き.約5GB分の室内楽MP3ファイルをUSBにコピーしているので,CDに換算して100枚分は入ってるはず.500曲くらいか.

それはそれで重宝しているのですが,ちょっとした問題があります.カーオーディオに表示される曲名やアーティスト名がカオスな上に,長すぎてスクリーンに収まらない.ファイル名を表示するのでは無く,どうやらMP3ファイルに埋め込まれたID3タグを表示してるらしい.

タグはiTunesを使ってCDをパソコンに取り込んだときに,自動的につくもの.iTunesに戻って全曲のタグを手で修正するのは無理です.なんとか一気に全部変換できないものか.

まずは全曲を一旦整理し直します.作曲家毎にフォルダを作り,その中にさらに曲のフォルダを作ってMP3ファイルを置きます.これくらいの作業なら,大して時間はかからない.

ファイル名はiTunesで付けられたものをそのまま使います.ここまで修正するのは面倒だし,それにファイル名の先頭に01, 02, 03と番号が自動的にふられてますので,曲順が変になる心配はありません.

最初のフォルダ名がID3タグのアーティスト,作曲家名とその中のフォルダを繋げたものがアルバム名になるように,超簡単やっつけ仕事スクリプトを書きます(良い子は真似しないように).

ID3タグの編集には,id3v2コマンドを使います.どうでもいいけど,ここまでいい加減なプログラム名を見たのは初めて.ID3v2って規格の名前じゃん.

タグを編集したものを再びUSBメモリにコピーし直して,車へと戻ります.

無事に作曲家毎にフォルダ分けできたようです.アルバム名は Beethoven String Quartet No.1 のようになってちょっと長いので,No.の先がスクリーンからはみ出してしまうのですが,まあそれは仕方ない.

Macでファイルをコピーすると,あのうざったい隠しファイル,「ドット・アンダースコア (._)ファイル」を作られてしまいます. これを消しておかないと,曲目一覧に表示されてしまいます.同様にゴミ箱も空にしておかないと,これまた変なファイルが表示されてしまいます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail