「Music」カテゴリーアーカイブ

J.S. Bachの前奏曲の中にあるSchwencke小節

LilyPondでフルートの楽譜を作ってみる,の続き.ベタではありますが,Gounodの Ave Mariaを打ち込んで見ます.この曲の伴奏は,J.S. Bachの平均律Kravier曲集のC durの前奏曲が使われているので,Bachの楽譜も並べてみました.でもBachの前奏曲全くそのままではなく,上の色で囲んだ部分が追加されています.

ピアノを習う子供の定番教則本Sonatineアルバム,その中にオマケのように収録されているBachの前奏曲にも余分な小節があり,そこに書かれた「これはSchwenckeが挿入したもの」という脚注がずっと昔から気になっていました(全音楽譜出版さん,Schwenckeの綴が間違ってますよ).

Christian Schwenckeという人は知らないのですが,18世紀後半の音楽家のようです.小節を追加した理由は定かではありませんが,おそらくこの部分のBachのコード進行があまり滑らかでないと考えたのでしょう.挿入部分によってバスがF, Fis, G, Asと半音ずつ上がっていく形になります.また全体が36小節となり,4小節毎の構造がはっきりします.

Czerny版平均律にもSchwencke小節が含まれているのですが,Carl CzernyはSchwenkeより四半世紀ほど後の人なので,おそらく彼はSchwencke版を見ていたっぽいです.もしかするとCzernyも,ここはBachが間違ってると思ったのかも.Czerny大先生の編集が出てしまったら,もう取り返しがつかない.もちろん現在売られている原典版ではSchwencke小節は省かれています.

GounodがAve Mariaの歌を乗せたのは1859年,Schwencke小節込みの版なので,原典版の前奏曲を伴奏にAve Mariaを歌ったら途中でずれてしまいます.

Schwencke小節が有るのと無いのでは,どれくらい聞こえ方が変わるのか試してみました.まずは原曲.そしてSchwencke版

うーん,あんまり変わらんような気がする.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

フルート独奏用の楽譜をLilyPondで作ってみる

以前日本の楽譜店で,フルート独奏曲の楽譜を探していました.有名どころの旋律ばかりを集めたようなものです.そんな楽譜をぱらぱらとめくりつつ,これだったら手持ちのピアノ譜やスコアから適当に旋律だけ読めばよさそう.

とはいえ,余分なパートがある分,譜めくりが頻繁になります.しかもピアノ譜って往々にして重たいので,譜面台に乗せるのは面倒.なら旋律だけ抜き出しちゃえと,LilyPondを使って旋律だけの楽譜を作ってみました.

SchumannのTraeumerei,この楽譜をLilyPondに打ち込むのに要した時間は1時間ほど.さてこの作業を続けるかどうか.それにしても我ながら暇だね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

シーチキンの音を調整する機械

Long Island

チューナー,テレビのじゃなくて楽器の音をチューニングするやつ,が欲しいなとAmazonで商品を探しつつ製品レビューを読んでたら変なQ&Aを発見.駄洒落なので日本語には訳しにくいけど,こんな感じ.

この商品,ツナ缶のチューナーに使える?
  もちろん,でもツナの音はシ(sea)だけだぜ
  ヒラメだと真っ平らなシのフラットになっちゃうけどな
  ブラックバスだったらベースのチューニングしかできないけどな

これじゃチューニングじゃなくて,ツーニングだ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

やっぱりキャンセルだった

Los Alamosのコンサートシリーズ,今夜は Venice Baroque Orchestra.バロック音楽の夜と洒落込むべく会場へと向かうと,何故か駐車場がスカスカ.まだ来るのが早かったかなと思いつつ,会場に入ろうとしたら,係員から呼び止められました.

「今夜のコンサートね,キャンセル

楽団が乗るはずだったフライトが遅れて,こちらに到着できなかったらしい...

話は一週間前に戻り,日本からの客としばし飲んでおりました.彼は翌日のフライトでLos Angelesへと旅立っていきます.

そして翌日,彼からのメール,

「フライトがキャンセルになって,まだSanta Feにいます」

不思議なことだ.どうして周りの人々が航空機トラブルに遭遇するんだろう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Prokofiev 交響曲第7番

Prokofievの交響曲というと1番と5番が有名ですが,最晩年に書かれた小さな交響曲第7番は,まるで生まれてくる時代を間違ったような耳に優しい作品です.Olivier Messiaen の Turangalîla交響曲の初演は1949年,プロコの7番はそれより後の1952年.

「青春」という名でも呼ばれることがある7番は,古典的な交響曲の形式で書かれいます.ノスタルジックなメロディーで開始する一楽章はソナタ形式,二楽章はワルツ,緩徐楽章の開始のチェロはまるでBrahmsのよう.そして元気な終楽章では一楽章の旋律が回想され,静かに曲を閉じます(派手に終わるヴァージョンもあり).

20世紀の音楽とは思えない「聞きやすい」曲ですが,二楽章は一拍ずれて聞こえてくるとか,多くの打楽器が使われているなど,ひっそりひと癖あるのはProkofievのお家芸.

たまに聴きたくなる曲です.そして聴くたびに,なんでこんな曲書いたんだろうって不思議な気分になります.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

日本語も表示できるカーオーディオ

レンタカーを借りたら,USBでiPhone接続.どこに出張しても1時間は運転するので,BGMは必須.大量の音楽が入っているので,その日の気分に合わせて選局可能です.

とは言っても大概の場合は,たまたま演奏途中だった曲をそのまま聞き続けるだけのお手軽音楽鑑賞.

先日もBaltimore空港でレンタカーをピックアップし,いつものようにiPhone接続.知らない土地ならGoogle Mapをオンにするのですが,ここは慣れた土地柄,GPSも不要なので,音楽専用.

さて音楽の準備も完了,さて出発.でも,あれ?

タイトルが日本語表示されてる…(しかも間違ってる)

Dvorakの新世界は第9交響曲,7番ちゃいます.でもこれって多分,7と9がカップリングされてたCDなんだろうな.

7番の交響曲,第3楽章が最高によろしいです.全体的にBrahmsの3番をパクってるっぽいところもよろしいです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Vivaldiマラソンに挫折しそうになる

I Musici, Vivaldi

先日ちょっと A. Vivaldi を話題にしましたが,実はVivaldiってあまり聴きません.まずBaroque音楽そのものを滅多に聴かない.もちろんJ.S. Bachは例外.それにVivaldiの鍵盤楽器用の曲って全く知りません.あるのかな.

それと言い訳モードになるけど,一時期流行った(今もなのかな)古楽器によるBaroque音楽演奏.本来こうあるべきと押し付けがましく感じるわりには,意外と好き放題にアレンジしてたりしてたり,超高速演奏だったり.

Vivaldiはやっぱ I Musici イ・ムジチ合奏団だよな,日本人の四季の原点だもん.ということで上の写真の Vivaldiボックス.全27枚入り.手持ちのCDとちょっと重複するんですが,この勢いに押されてAmazonで買ってしまいました.

安心のイ・ムジチ,Vivaldi三昧の27枚,果たして最後まで聴き通せるかな.まだ数枚聴いただけですが,すでに食傷気味です.止めときゃよかった.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail