「Music」カテゴリーアーカイブ

川崎にゾロアスターを聞きに行く

あっちはザルツブルク

コンサートのチケットを頂いたので,川崎へとやって参りました.川崎は初めてかと思ったのですが,今は大変なことになってる某T社に,大昔会社見学に行ったのを思い出しました.なんで行ったんだっけ(入れてやるとは言われなかった…はず).

とまれ,現代の川崎駅は全くの別世界,Salzburgまでたったの9000kmってんだから,文化都市の香りも高い.

この楽譜,ト長調でソの後に8分休符があるから,Eine Kleineかな?

K. Urbanski指揮のNDR Elbphilbarmonie Orchestra.聞き覚えの無い名前でしたが,嘗ての北ドイツ放送響,名門です.

演目は,Beethovenの序曲Leonoreの3番, ピアノ協奏曲第3番,それに映画「2001年宇宙の旅」でお馴染み,R.Straussの “Also Sprach Zarathustra” 最近では「ツァラトゥストラはこう語った」と訳されることが多いですが,やっぱこれは「ツァラトゥストラはかく語りき」と呼びたい.

パイプオルガンも入る大曲です.まずは予習していかねばと…

スコア

コンサート前にカフェでスコアのチェック.冒頭だけが超有名というこの竜頭蛇尾な管弦楽曲,スコアを追っかけながら聞かないと後半眠くなります.

ミューザ川崎シンフォニーホール

川崎駅からすぐのミューザ川崎シンフォニーホール.オケの裏側にも客席があるのはBerlin Philっぽい.休憩時間にちょっと探検してみました.パイプオルガン側から見たところ.

裏側から

僕の座席はステージ向かって右側でした.オーケストラを横から眺めながら聴くのは初めてでしたが,音的には何の問題もありませんでした.やはり良く設計されてるんだ.ウィーンの楽友協会大ホールもステージ背後に客席がありますが,あそこはちょっと聞けたもんじゃない.

Beethovenは全くの正攻法の演奏.Leonoreでは乗りまくってた隣の座席のおっちゃん,ピアノ協奏曲ではすやすやと夢心地.こんな素敵な子守唄で,さぞや良い夢を見ていたことでしょう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

受信料払わなくてもよいNHK

NHKホール

ここがあの紅白歌合戦で有名な… じゃないけど,NHKホール.今日は仕事帰りにNHK交響楽団のコンサートに立ち寄ってきました.こんな文化的な生活ができるのが都会の良いところ.でも渋谷の街で迫り来る人のつぶてを避けながら歩くのは,高度な技術が必要.

Los Alamosなら,どんなに蛇行しようが誰にもぶつかりませんが,逆に冷や冷やしながら鑑賞する地元アマチュアオーケストラがあるのみ.

さて今夜の演目.指揮はP. Jarvi.曲はSibeliusのViolin Concerto(ソロは諏訪内晶子),それにShostakovichの交響曲第10番.タコ10と呼ぶかどうかは知りませんが,渋い選曲で好みが分かれるところかも.実際,僕の隣に座っていた女性二人は,シベリウスだけ聴いて帰ってしまいました.

N響を生で聴くのは初めてですが,やっぱりうまい.管楽器のソロが次々と現れる難しいショスタコの交響曲を難なくこなし,最後の盛り上げ方も良かった.Dimitri Shostakovichの名前にちなんだ DEsCH(レ,ミ♭,ド,シ)の音型が炸裂する音楽です.

休憩時間,トイレに行っとこうと思ったら長蛇の列です.小の方は回転は早いんだけど,それでも休息時間終わり頃に行ったもんだから,ちょっと焦ります.

そのうち第二部開始のアナウンス.係員の女性が列へやってきて,

「間もなく始まります.ご協力をお願いします!

協力って....諦めて我慢しろとでも.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

薄くても安いかどうかは分からない

AvantGrand

海外出張中の従姉妹が,家にあるピアノを弾いていいというので,ちょっとばかり遊ばせてもらいました.YAMAHAのハイブリッドピアノというタイプで,鍵盤のタッチは普通のピアノと全く同じ.グランドピアノと同じアクションらしく,電子ピアノという感覚は全くありません.

あるとすれば,ヘッドホンから聞こえてくる音.これなら真夜中でも練習できるというわけ.ちょっと欲しいかも.すごい技術ですが,お値段もそれなりに...

楽譜

とりあえずはパソコンの中に溜め込んでいる楽譜を使って弾いていたのですが,やっぱり面倒.夕方,そのまま銀座へと向かい,山野楽器で一冊買ってきました.

Henle版のソナタが一曲だけ分売になったもの.これなら持ち歩きも便利ですが,ソナタ「集」の方が値段が安かったのは,見なかったことにしよう.だって重たいんだもん.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

2017年弾き初めのSchubert D.960

Beaujolais Nouveau

年の初めにピアノの前で,さて今年最初の曲は何にするかと考えます.書き初めならぬ弾き初め,そんな言葉があるのかどうかは知りませんが,本棚からSchubertのピアノ・ソナタ集を取り出し,選んだのは第21番,D.960.

1828年の9月に作曲され,シューベルトはその2ヶ月後に31歳の短い生涯を閉じています.この最後のピアノ・ソナタは長大ならがも歌に溢れ,時折ウィーン的な部分も顔を出し,正月らしいかも.

そうか,正月と言えばNew Year Concert.無意識にどことなくウィーンっぽいものを弾き初めに選んだのかも.

ちなみに弾いたのは一楽章だけです.それだけで20分かかります.技術的にはそれほどでも無いのですが冗長な部分も多く,忍耐力の限界に達するのがシューベルトの辛いところ.

と,文句言ってみたものの名曲ですので,是非とも聞いてみてください.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

未完成交響曲の4種類のピアノ編曲

「交響曲への誘い (編曲解説 水城郁夫)」という楽譜を持っています.「運命」「未完成」「新世界」「悲愴」のメジャーどころをピアノソロにアレンジしたもので,4つも入ってお得だと買ったものの,弾いてみてがっかり.曲が大胆にカットされていたのです.そりゃ100ページ足らずの本で交響曲が4曲も入るはずはない.買ったのは随分昔のことです.

それにしてもこの楽譜はちょっと不思議でした.アマチュア向けと言うには,編曲の難易度が高い.でもプロ向けだったら大胆カットして曲のさわりだけ編曲することは無いでしょう.どこか中途半端.

それが最近,未完成交響曲の全曲ピアノ編曲ををあれこれ見ていて,なんとなく理由が分かりました.水城編曲と書かれていますが,これはおそらくPeters出版のR. Kleinmichel編曲を,中間部分をばっさりとカットしたもの.オリジナルの楽譜が著作権切れだからとは言え,こういうのを編曲って言うのかな.

IMSLPの未完成交響曲のページには,4つのピアノソロ編曲が集められています.いずれも19世紀終わりから20世紀初めに出版されたもののようです.

僕の想像ですが,C. Reinecke編曲がおそらく一番最初のピアノ編曲のように思えます.かなりオーケストラのスコアに忠実に編曲しているようで,全体にピアノの広い音域が使われ,超高速の32分音符のトレモロや指が届かない10度音程等,演奏のしやすさは二の次な箇所が散見されます.

以下,4種類の編曲を,第2楽章の冒頭部分で較べてみます.まずはReinecke版.赤丸の部分が10度音程.冒頭いきなり左右の手を交差する指示がなされていますが,これは幾ら何でも印刷ミスでしょう.

Peters出版のR. Kleinmichel版は,Reinecke版を整理して弾きやすくしたような楽譜です.トレモロは普通に16分音符で書き直され,低音パートをオクターブ上げて音域が狭められているのは,アマチュア音楽家を意識したものか.

二楽章冒頭,手が小さいと届かない10度音程は分割され,violaが弾くGisの音は原曲を無視して一拍後ろへずらされています.やはり実際にピアノで弾くことを意識した編曲のよう.

B. Buyes版はKleinmichel版をさらにピアノ曲らしく編曲した感じです.Kleinmichel同様,トレモロは16分音符で書かれていますが,音が足されて和音に厚みを持たせています.二楽章冒頭のバスパートもオクターブで取るように変更されていますが,原曲はバスの単音.

5小節目,Kleinmichel版では落ちていたviolaパートのE音が追加されています.不思議なことに,水城版もここだけはスコア通りになっているのです.もしかするとKleinmichel版の印刷ミスと考えて修正したのかも.ここだけ修正したらしい証拠に,水城版のバスの音が以下のごとく間違っています.

水城版を除く3曲の流れは,Reineckeがまずスコアからピアノ譜に落とし,Kleinmichelが誰でも楽しめるようなピアノ曲に整理し,Buyesが派手さを加えたということでしょうか.

最後のM. Pauerは全くの別系統.大胆に分散和音を使ったり,和音の連打や音域の拡大があったりと,難易度の高い編曲.実際にコンサートの演目に出せそうですが,ピアノ独奏の未完成交響曲のコンサートに行きたいかと言われると,ちょっと躊躇しますけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

小さいけれど無いよりマシ

iPhoneで楽譜

Chopinの前奏曲を弾き始めたものの,数小節で挫折.曲を覚えていないと言うので,楽譜を貸してあげました.これに入ってるよと彼に渡したのはiPhone SE.

さすがにこのサイズで楽譜を読むのは難しそうです.でも頑張れば見えないこともない.若いんだから老眼も無いだろう.

何だったらテレビに大写ししようかと提案したものの,背後のテレビ画面を見ながらピアノを弾くのは忘年会隠し芸レベルと言うことで却下.映画「Amadeus」でMozartが後ろ弾きをやってたっけ.試しにやってみようかな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

世界が回るのを丘の上から見ること

The fool on the hillの英国シングルリリースが12月8日.もしかして今日はぴったり記念日かと思ったら,1967年でした.惜しい,来年の今日だったら,リリース50周年記念だったのに.

でぃあふたで〜〜〜ぃ♪ ふと,この少々意味不明な歌詞をGoogle翻訳してみるとどうなるだろうと気になったのでやってみた.

翌日、一人で丘の上に
愚かなにやにや笑いを持った男が完全にまだ維持されている

冷凍保存されて丘の上に展示されているんでしょうか.

彼の頭の中で目は
世界が周りに回転して参照してください

地動説は目がまわって大変そうです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail