「Music」カテゴリーアーカイブ

コロナ禍の日本帰国,せめて音を

無人実家の音響設備はほぼゼロです。もともとオーディオシステムは無かったし,残っている家電はテレビのみ。持参したパソコンとiPhoneはありますが,それじゃ音質に難ありです。

テレビの裏側にHDMIの端子を発見。変換ケーブルがあればパソコンを接続できます。近くの家電ショップで USB-C – HDMI変換ケーブルを買いました。これでパソコン内の動画やネット動画をテレビに写せます。

でも音だけ欲しいときがあります。再び家電ショップで外付けスピーカーの小さいものは無いかと見ていて,このBluetoothスピーカーを衝動買い。あまり荷物は増やしたくないのですが,この程度ならさほど邪魔にならない。スーツケースに入らなかったら,誰かにあげて帰ればいいし。

後で気付いたのですが,これ防水です。つまり風呂に持っていける。お風呂で音楽三昧,こりゃ風邪引くね。

月夜の散歩,真っ暗な音楽

次第に日常が戻って来たLos Alamos,土曜夕方町中で音楽とアートのイベントが開催され,ふらふら歩いてきました。

数カ所に分かれ,ウィンドアンサンブル,一人コンサート,ジャズ,ベリーダンスなど。ローカルな人々なので鑑賞するには少々難ありなものもありましたが,まあ楽しければ良いのです。

このオバケ黄葉街路樹を見た後,ジャズ演奏しているいつものビアパブに入りました。せっかくなので一杯やっていこうと,バーカウンターでビールを貰い,さて支払いとクレジットカードを差し出した瞬間。

停電!

ビールはあるのに,支払いができません。現金あるか?と聞かれるも,そんなもん持ち歩かない世界です。支払いはタブレット端末なので,そこだけは電池で動いていますが,ネットなければただの板。

とりあえずカードを端末に入れ,店が閉まる11時に決済するからと言われるも,支払いオープンにしたままなんて気持ち悪い。せっかくついでくれたビールですが,これ要らないからとキャンセルしました。サーブされたものをキャンセルするのは気が引けますが,こればかりは僕に責任ありません。

そのまま家に帰り,キャンドルをともしてその場しのぎ。月明かりだけが頼りの漆黒。町全体にわたるかなり大規模な停電だったようで,復旧したのは1時間半後のこと。折角の週末イベントは散々な結果となったようです。

格安不人気楽譜

楽譜棚で探しものしてたら出てきたもの。学生時代に入手したProkofievのピアノ・ソナタ第5番と小品集「束の間の幻影」の楽譜です。

プロコフィエフの没年は1953年なので買ったときまだ著作権は生きていたはずです。おまけに輸入譜なのに,随分とお安い。当時はソ連時代なので,著作権関連は曖昧だったのかもしれません。この楽譜のUSA価格はたったの$4です。

日本での定価が880円。それが赤札価格の500円。そして最終処分価格の100円。人気無くて売れ残ってたんですかね。ごっそりと買いましたよ。ピアノ協奏曲も含めて全部で5冊。もっとも彼のピアノ協奏曲第5番は超難曲として知られ,とても歯が立ちません。

ところでこの値札に書かれているのは日本楽器,そうYAMAHAです。社名がヤマハに統一されたのが1987年(昭和62年)とのこと。福岡のヤマハで買ったものですが,確かにその少し前でした。

再びマスク着用して音楽鑑賞

ワクチン接種後はもうマスク不要,そんな開放感に浸っておられたのも今日まで。再びお上からの御触書,室内滞在時は顔面遮蔽物を装着せよとのこと。能面付けて仕事するかな。

通勤リハビリを兼ねて少しずつ出勤日を増やしていたのですが,マスク着用となれば出勤意欲を削がれます。どうしようかね。いずれ職場に戻るんだし,この際もっと在宅ワークを堪能すべきか。

それはさておき,iPhoneのlighningからイヤホンジャックへ変換するアダプタを買い,これで職場のスピーカーを鳴らせると喜んだのも束の間。

スピーカー,壊れてました。。。

一年以上放置してたせいか,どうやらボリュームの接触不良。もともとパソコンに付属してた10年以上昔のもの。寿命かもしれません。安いUSBスピーカーを買いますかね。音楽は仕事に必要なので。

3倍速で音楽再生

イヤホンジャックが無くなったiPhone,ヘッドホンを繋ぐにはLightningケーブル変換アダプタを使うしかありません。Amazonで注文し本日届いたのがこれ。

えっと...

確か黒いのを注文したはず。

そもそもカラバリがあったことに注意すら払っていません。商品写真の色が黒だったので,それをポチ。

古いiPhoneのヘッドホンはもちろん白です。そして新しいiPhoneは黒。それらを繋ぐアダプタは赤。めっちゃ浮いてます。

Amazonの注文を確認してみると,ちょっと面白いことがわかりました。なんと赤い方が$1高級なんです。そして自分が支払った金額は黒の値段。つまりあちらが間違って赤を発送したということ。

色が違うからと交換してもらってもいいのですが,面倒なのでこのまま受け取っておくことにしました。赤いアダプタを取り付けたらからと言って,音色が赤みがかるってこともないでしょう。かなり違和感ありますけど。

無音だと集中できない性格

最近,週に数日だけ出勤するようになりました。職場は特に強要していませんが,通常生活へのリハビリです。1年以上オフィスに出てなかったので,元の仕事環境がどんなだったか思い出せないことも。

全く出勤してなかったのでオフィスは手付かずのまま,ということもなく,その間律儀に送られ続けてた学会誌の山も。もう今さら読む気にもならず,そのうち全部処分します。

そして最近変わったもの,それはiPhone。以前職場から支給されていたのはiPhone 6でしたが,5年経過したので取り替えろとの連絡。先週支給された新しいものはiPhone 11。自分の記憶が確かなら最新モデルは12のはずなのに,なんで?

それはともかく,iPhoneへ音楽ファイルを転送しておき,仕事のBGMにします。今日も抜かりなく音楽に満たされたiPhoneを持ち込み,さてスピーカに繋ごうとして問題発生。

ヘッドホンジャックが無い!

新しいiPhoneには穴がなくて繋げられないのです。已む無く変換アダプタをAmazonで注文し,今日一日は音楽無しで過ごしましたが,無音のオフィスでは仕事に集中できないので,やっぱり在宅ワークするかなあ。