「Food」カテゴリーアーカイブ

Thanksgivingは過ぎたけど

しばらく間が空いてしまいましたが,Thanksgivingに旅行とかそういうのではありません。単にだらだらと連休を過ごしていただけ。ほぼ何もせずゆったりと,と言いたいところですが,溜まった仕事を片付けたりと,まあまあそれなりに。

Santa FeのTrader Joe’s,山のように柿が売られておりました。Thanksgiving価格ということなのか,1個79セント。今のレートにすると100円越えますが,かなりお得じゃないでしょうか。

こちらで柿はFuyu,富有柿のFuyuです。右側の袋入は合衆国産と書かれているんですが,左はよく分からない。他で売られていた柿はメキシコ産というのもありました。アメリカでも柿が浸透してきたんでしょうか。ちゃんと皮を剥いて食べてるのかが気になります。

子供の頃,家に柿の木があり,おやつ代わりに食べておりました。木の隣の壁に登り,きれいそうなのをぶちっともいで,洋服でごしごし。これで洗浄効果あるのか分かりませんが,そのままガブリ。皮ごと食べてましたね。

一度はこれを食べなければ

国内出張となるとさしたる楽しみもありません。ヨーロッパ渡航時のようなディナーの楽しみもない。それでも一つだけ,必ず一度は食べてるのがハンバーガー。

日本在住時,バーガーと言えばチェーン店のあれこれです。薄っぺらいパテに薄っぺらいバンズ,食事と言うよりはオヤツ感覚でした。

でもこちらのバーガーはどっしり重い。ブログでも何度か出してるのですが,こいつが美味いんです。

がぶりとやるにはちと厚みがありますので,上のパンを外して,下側をナイフとフォークで頂きます。胃袋の許す限り,残りのパンをむしゃむしゃ。大概全部食べてしまいますけど,かなりお腹いっぱいになって,しばし苦しい思いすることになります。

10月のパリから,シンプル朝ごはん

日曜日夜,一緒に仕事に来ている同僚と待ち合わせて夕食へ。重要課題があって,翌朝仕事現地へどうやってたどり着くかということ。というのも,いつも使っている通勤バスが工事で今週運休なんだとか。

別路線のバスに乗るには,そこまで地下鉄を使う必要があります。出勤時間を詳細に検討し,さらに不慣れな初日を勘案し,少しはやめにホテルを出ることにしました。

早起きそのものは問題ないのですが,困るのは朝食。ホテル朝食は7時からです。でも7時前には出ないといけない。なにかパンでも買っておこうかと思うも,日曜日は店が閉まってます。

そんな中,偶然見つけた屋台のパン屋さん,そこで売られていたのがこれ。カヌレです。これ一個食べておけばなんとか昼までお腹はもつだろう。

翌早朝,インスタントコーヒーとカヌレで手っ取り早く食事しながら,ふと思ったのです。

なんで普通のパンを買わなかったかなあ。

お代わりはサービス

友人らと夕食会,近所のビアパブへと行ってきました。いつも行くのはビールのみの場所,こちらは料理が出ます。まずはビールを注文し,ちびちび飲みながら料理を選びます。この日は定番のグリーンチリバーガー。

ほどなくして全員分の料理が運ばれてきたのですが,何故かバーガーがありません。どうやら店員さん,僕の注文を間違えたらしい。慌てて厨房へと戻り,持ってきたのが,

山盛りの自家製チップス。すぐに料理作ってくるから,これ食べといてというサービスらしい。

揚げたてのポテチ,絶妙に美味しいもんだから,ビールが進みます。グリーンチリバーガーが運ばれてきたころにはグラスは空っぽ,お腹も少々張り気味。

でもこの料理を水で食べる訳には行かない。ビールお代わりしましたとも。よりにもよって,バーガーにも大量のポテチが。。。

お行儀よくないながらもバンズの片側だけ残してしまいましたが,バーガーは完食。ピリ辛が旨い。ビールも飲んじゃったんだけど,合計2パイント,ほぼ1L飲んでます。

さてお会計,ビール二杯飲んだからって店員さんに自己申告したものの,料理遅くなったから一杯サービスでいいんだとか。なんとラッキー。それにしても,お腹が苦しい。

白い墓廟は薄かった

存在は知ってたものの,一度も入ったことがなかった町中のリカーショップ。なんでもIndian Shopなんだとか。ここなら Native Americanの意味だと誰もが思うはずなんですが,入ってびっくりの本物のインド。

リカーショップとは言え,アジア食材やらなんかよく分からない野菜も売られています。アイスクリームに添えるウェハースをレジに持って行き,クレジットカード出したら,なんと$5未満はカード支払いできないんだとか。

そういうのは契約違反なんじゃないかなと思いつつも,確かに$1の商品じゃ,儲けよりも手数料のほうが高いんでしょう。まあしゃない,なんか買うか。

折角のインドなのでインドビール,その名もタージ・マハルです。これをチョイス。

自宅に戻り早速味見。インドと聞いて何となくこってり系を想像していたのですが,これは全く逆の超ライト。う〜ん,味が無い。