「Food」カテゴリーアーカイブ

酒じゃないもん

Clausthaler

禁酒の道もビールから,と言うかどうか知りませんが,禁酒ならずとも減らす努力はしております.とは言え,ジョギング後のぷはっと一杯の誘惑にはやはり弱い.

そんな時にはノンアルコールビールです.このClausthalerは,500年前の法律「ビール純粋令」を頑なに守るMade in Germany.車で運転する必要があるとき,何度か飲みました.ノンアルコールと知らずに飲んだら,普通のビールと思ってしまう味です.

もちろん(ほぼ)アルコール抜き(0.5%)なので,飲み進むにつれて物足りなさは募ってきます.でもそこは炭酸飲料,腹も膨れてくればそれ以上ノンアルコールビールを飲みたいとも思わない.

と言うわけで,お代わりは赤ワインにしておこう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

瓶入りコーヒーゼリー

Kaffeegelee

ウィーンで見つけたコーヒーゼリー.瓶詰めだったので,ゼリーと書いてあるものの,きっとコーヒーのジャムみたいなのかと思ったのですが,開けてみたらそのまんまコーヒーゼリー.

とは言え,おやつのコーヒーゼリーとは違って,やはりジャムっぽいです.かなり甘いのですがコーヒーの風味たっぷり.パンやチップスにつけて食べると美味しい.バニラアイスに乗せるのもよいです.お湯をかけたらそのままコーヒーになります(嘘).

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンの水辺にて,葡萄のある風景

木曜日,ウィーンの気温は一気に上昇し真夏となりました.こんな日に仕事場に籠もっていても辛気臭い.Donau沿いレストランへランチに出かけました.

確か4年前にも来たことのあるギリシャ料理レストランです.英語メニューには安い定食が載っておらず,ドイツ語メニューから選択したのはカラマリ.またフライを食べてしまった.こりゃほんとにヤバイね.

ちなみにレストランの名前は食べるね,ソクラテス.食べたくないから.

そして夕方,ウィーンの森へ.市街を一望に見渡せるKahlenberg.この眺めを肴にビールを飲んだら,のんびりとぶどう畑の続く斜面を降りて行きます.

そして麓のホイリゲへ.冷えた白ワインと炭酸水がどんっとテーブルに置かれ,お手軽スパークリングワインが散歩後の喉を潤してくれます.

夕食は再びSchnitzel,さすがにこのサイズは一人分じゃなくて,4人で切り分けております.冷たいワインと相まって,いやはや極楽.旅の目的はなんだっけと考えてしまうほど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンの水辺にて,異国で異国

ウィーンの水辺と書いたからには水の風景が必要です.夕暮れ時の散歩,Donauの向こう岸に並ぶ近代的なビル.旧市街の風景とは対照的です.

昨晩は日本人3人で町中で食事しようと7時にStephan寺院前に集合.ウィーン現地委員(やまと人)にもメールすると,なんと先約が入っているらしい.でも同じ7時で,しかもすぐ近くのレストラン.

あちらのグループも全員知った仲です.すぐ近くにいるんなら合流するしかない.あちらは3人グループ,あと3人増えたって誤差の範囲に違いない.

で,ウィーンまで来てなぜか韓国料理の店.プルコギのビビンバを食べたんですが,これが本格的ですごく旨い.ウィーンのお気に入りレストランリストに追加しときますけど,ここまできてビビンバってどうなのよ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ウィーンの水辺にて,遅い夕暮れ

今週はWien.朝から夕方まで会議室で缶詰なので,気楽でいられるのはAfter Five.夏のウィーンの楽しみは,ちょっと涼しくなった水辺での一杯がほんとのウィーン滞在の始まりです.

ここに来たからには,まずは食べておかないといけないWiener Schnitzel.

昨晩はDonauの川岸へ.丁度サッカーゲームが盛り上がってる最中で,でっかい特設スクリーンが備え付けられ,平日だと言うのに大量のサッカー好きが集まって盛り上がっております.

レストランはサッカーのすぐ隣.特設レストランのようなところで,多分夏の間だけ開くのでしょう.

ビールのつまみにアンチョビのフライ.居酒屋メニューっぽいけど,これが一人分の料理.美味しいと感じるのは最初の5尾まで.あとはひたすら食べ続けるのみ.

夜9時,ようやく夕暮れ時となります.ドナウを渡る風に吹かれて小散歩を楽しみながらホテルへと戻りました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

また3年ぶりのComo湖だより,軽イタ飯

Como湖での出張仕事初日.会議が始まってしまうと,楽しみは自ずと食事に限られてきます.Italyならイタ飯.他に選択の余地の無い土地柄です.ピッツァとパスタの日々の始まりです.

イタリア風の薄い生地のピッツァは大好きなのですが,こればかりじゃさすがに飽きる.今日のお昼はリゾット.これ,一人分だけだと注文を受け付けてもらえないので,同調してくれる友人と共に食事.

黄色はサフラン,味はかなりチーズ.え? 左上に何か見えるって?

夜は定番の湖の魚料理のレストラン.かなり小骨が多くて苦労したんですが,以前もこうだったっけな.一緒に食事に行った日本の方は割り箸を持参しており,きれいさっぱりに皿を平らげておりました.すごい.

夕暮れの小道,船着き場からほろ酔い加減でホテルへと戻りました.極楽.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ワカサギにホタルイカで居酒屋気分

なんとも酒好きが好みそうな日本のお土産をいただきました.ワカサギのオイル漬けにホタルイカの素干し.さらに鯛茶漬けもあったのですが,そっちは写真撮る前に食べちゃった.

これに日本酒があればもう最高ということで,もちろん日本酒もセットです.こりゃやばい.

ワカサギの方は,そのまま.ホタルイカは,ちょっと炙ったらさらに旨い. 東京の日本酒バーカウンターで,小さな火鉢であぶりながら食べたのを思い出します.

日本酒のほうは勿体なくて,まだキャビネットに飾ったままです.誰かお客さんが来たときに開けますかね.でも本当に出すかどうかは,客の重要度次第.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail