「American Life」カテゴリーアーカイブ

Something Catchyですべる

研究成果報告,あるいは新規プロジェクトの提案書等,お硬いイメージがありますが,そこはアメリカ,Sense of Humorを仕込んでくる輩が必ずいます.日本だったらふざけてるんじゃないと一括されそうな一文を書き込んだり,へんてこなacronymを捻り出したり.

先日もそんな提案書を読んでいて,にんまりしつつも,なんかちょっと鼻白む気分になったものです.これなんだいと聞くと,

I want something catchy

どんな場に於いてもユーモアを含める必要ありと,子供の頃から教えられてるのかもしれませんけど,日本流に言えば「すべってる」.

個人的な意見ですが,そういうのって,どこか読者を煙に巻こうとしてるような気がしてなりません.内容が薄いのをカムフラージュしてるんじゃないかと.

とは言え,自分もやらないことはない.何年か前,お役所での報告会で「考古学」なる単語を使ったところ,その場に居合わせた別の研究者にえらく受け,あろうことか,その後の彼の発表でも考古学を使い始めました.そのせいで,本来物理学者なのに,こちらの業界では考古学者に認定されちゃった人もいるようです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

地球をぐるりと回って再会した話

Los Alamos

長女が大学の別の学科で開かれるセミナーの案内を送ってきました.講演者はここLos Alamosの人なのですが,その講演内容からもしやと思い,大学側のホストの名前を尋ねました.そしたら案の定,Paulなんとかだと言うじゃないですか.

「あのね,おまえその人に会ったことあるんだよ.0歳のときだけどな(笑)」

ずっと昔のこと.文部省(文科省ではない)の在外研究制度というので,1年弱ドイツの研究所に滞在していました.当時娘はまだ生後6ヶ月.その研究所の同じ建物に彼も居たのです.部屋は離れていたので,会えば挨拶する程度の間柄でした.

彼はその後アメリカに戻り,大学でprofessorやってるという話を風の噂で聞いておりました.ただ仕事の分野が違うので邂逅はありません.それが2010年,少々専門違いながらも訳あって参加した東京の国際会議で彼を見かけたのです.

休憩時間に声をかけ,同じ研究所に居たんだが覚えてるかと聞いたら,あっさり No.

昔からそういう奴だった.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Bathtub Rowで一人飲み

Bathtub Row Brewing

徒歩圏内にあるので,たまに飲みに行くBathtub Row Brewing Co-op,夕方友人と待ち合わせていたのですが,いつまでたってもやってこない.先に飲んどこうと,一杯貰ってきました.これはPilsner.

生協の一部なので会員なら割引がありますが,生憎会員にはなっていません.とは言っても一杯$5,6程度.カウンターで注文してその場で払うcash on delivery方式.食べ物はポテチくらいしか置いておらず,基本は飲むだけ.

バーで一人で飲むのに勇気が必要かと思いきや,一人飲みしてる人はぽちぽちおります.右隣のおじさんはビールの泡が消えるのも気にせずスマホいじり.

左のテーブルにどかっと座ったおじさん,おもむろのビニール袋からチーズたっぷりのタコスを出してきました.どっかで買ってきた夕食らしい.この店は食べ物持ち込みOKです.

30分ほど遅れて友人到着.その頃は店内も満員.Los Alamosではスタバに次いで人気スポットかも.

二杯目は友人の奢りでHoppenheimer IPA.もちろんOppenheimerのダジャレですが,よくありがちなホップ効きすぎIPAと比べてちょっとマイルド.ビールを買って帰ることもできます.そこそこ利用するなら生協会員になってもいいんだけど,まあ夏の間だけでしょうね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Don’t let me down, the Beagles

秋の山

三単現のS,中学英語の基本です.三人称現在単数の場合はSを付ける,理由は聞くな,そんなもんだ,暗記しろと.

「ワイをアイに変えてイーアール」.easyの比較級はeasier.これも暗記するほど何度も唱えました.愛は猥に変わるんだ,いや猥が愛になるんだと,くだらないことを言っていた中学生時代.

The Peanuts(双子じゃないほう)で,Charlie Brownがスペリングコンテスト(spelling bee)に出る話があります.英単語のスペリングルールをひたすら丸暗記しているシーンがあり,アメリカでもそういう呪文あるんだと.「IはEの前」とか.Believeみたいに.でも例外はCの後.Receiptみたいに.

Charlieは順調に競技を勝ち進み,そこで出された問題「ビーグル」で誰しもがCharlieの勝利を確信します.だってSnoopyは,二本足歩行ながらもビーグル犬.

でもこのBeagleを間違えてしまうのです.ここ一番に弱いのが我らのCharlie Brown.

Beegleで検索してみると,かなりの数がヒットします.そういう姓があるらしい.Beatlesの綴もうっかり間違えそうです.昆虫はbeetle.ビートルズのほうはBEATが効いております.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

秋の夜長の停電の気配

X-ray tube

一週間ほど悪天候が続いています.Los Alamosに住み着いて以来,こんなに雨の日が集中したのは始めて.一年分の雨が降ったんじゃないかと思うほど.しかも例年なら雨シーズンは夏なのに,秋の驟雨なんて風情がない.

今も雷雨です.落雷とともに衛星放送が途絶えました.サージで受信機がやられたか.しばらくすると復活したのですが,なんだか危なそうなのでテレビのスイッチを切りました.

もしもの時(停電)に備え,パソコンとスマホを充電,懐中電灯とキャンドルの位置を確認,そして冷蔵庫から白ワインを取り出しておく.

こんな天候の中で停電したら,電気は翌朝まで復旧しそうにありません.暗くて修理できないから,また明日.Mananaですよ.「明日」じゃなくて,「ま,いつかね」ですよ.

とにかく停電にならないことを祈りつつ,バッテリー残量50%にはらはらしつつ,嵐が去るのをじっと待つ.このグラスのワインが空にならないうちに.別に赤ワインを倉庫から取って来りゃいいんだけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Michiganへ小旅行

U. Michigan

二泊三日でMichiganへ飛びました.目的地はUniversity of Michigan.昨年Michigan State Universityを訪問しましたが,今回はUMのほう.アメリカの州立大学って,二つあったりしてややこしい.

まずはObama元大統領もお気に入りという,Zingermanのサンドイッチ.かなり大きかったのですが,これで「小」.大きいものは,パンのサイズは同じながらも厚みがすごいらしい.評判に違わず美味しかったです.

zingerman

夜はたまたま開かれていた琴と尺八の邦楽コンサート.まさかこんな所で,日本の音楽を聞くとは思いませんでした.しかも福岡からの方々だそうです.

演奏会後,ローカル話題で盛り上がってしまいました.福岡って言っても微妙な地域ですよね〜,うちは一本道を隔てて市外だったんです,みたいな.

今日は大学研究室を見学させて頂きました.話には聞いていた実験マウス.ちょっとラブリー.でも普通のネズミとは,どこかが違うんだそうです.

それにしても驚いたのは,この大学のUniversity-Loveのレベルの高さ.今まで訪問したアメリカの大学のどこにも増して母校愛が高そうです.大学キャンパス内は,ロゴ付きトレーナー,パーカーを着た学生で溢れています.各国語バージョンまで売られているのには驚き.

そんな話はさておき,旅の本当の目的はこちらのMisssy先生の2時間独演会です.こちらの日本人研究者を集め,分野を越えた交流の場を設けておられるそうです.

今日の話は30分ほど超過しておりましたけど,ジョークを交えた講演はとても楽しいもので,興味深い話題の連続でした.同じアメリカに職を持ってるとは言え,大学と国立研究機関の違いもあります.

それにしても,邦人の多さはLos Alamosなんか比べ物になりません.講演後の懇親会でお会いしたMichigan在住の日本人方に名刺を差し出したら,

「ロスアラモスってまだあるんですか!」

と驚かれてしまいました.第二次大戦のときだけに存在したものと思われてたらしい.

なにはともあれ,Misssy先生,時間を割いてくださりどうもありがとうございました.北京,東京,アメリカと会合の場を移動してきましたので,次の飲み会は欧州でしょうか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっと珍しいことが三件

職場の建物に入ろうとした瞬間,火災報知器がけたたましく鳴り響きました.うっかり何かやばいことしてしまったのかと思うようなタイミング.一瞬慌てましたが,どうやら火災避難訓練に遭遇したらしい.

訓練が終われば,表に出ていた100人近くがどっとドアに押し寄せます.オフィスに戻るのに行列するのも面倒だし,ちょっとカフェで息抜きしてきました.

再び建物に戻ってくると,今度はドア前に珍しい人影.何年も前にリタイアされた方です.一年前に偶然町中でお会いして以来のこと.どうしたのかと思ったら,職場との契約更新手続きができてなくて,完全にヨソモンにされてしまったらしい.

書類にサインして持参したものの,今じゃ外部の人間,建物に入れない.誰か知り合いが通りかかるのを待ってたようです.

さて夕方.仕事を終えて建物から出たら,今度はなんと雨です.慌てて傘を取りにオフィスへ戻りました.念のために傘を常備していますが,これを使うのは3年に一度くらい.

雨はそのまま夜までぽたぽたと降り続いています.これも珍しいけど,雨がぽたぽたって表現も珍しいかも.ここの雨は豪雨かぽたぽたのどちらか.中間が無いんですよね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail