「American Life」カテゴリーアーカイブ

なんの先生?

友人らと町中の小さなカフェでランチしていたときのこと。突然全く知らないおじさんがテーブルへとやってきて,僕に話しかけてきました。

「お前は物理を教えてるの?それとも音楽?」

友人らとの会話が物理関連だったと思うので,それを聞いてそっち関係のグループと思ったんだろうとは思います。でも何で音楽?

大学じゃないから教えはしないけど物理だよ,と答えたら,なんか市民講座的な質問をちらほらされた後に,おじさん,去って行きました。

で,何で音楽?

隣の友人に「音楽って言ったよね。なんでだろ」と聞いてみるも,彼も首をかしげています。彼が言うに,僕がどっかでピアノを弾いてたのを見てたんじゃないかと。でも知らない人の前で弾くことって全く無いんですよね。もしかしてうちの近所の人だったのかな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

みるみる埋まっていく予定

1年先の予定はかなりスカスカです。年始は仕事関連の会合が少ないのと,冬の不安定な天候に出張を控えたいという心理も働きます。だんだんと予定が入ってくるのは仕方ないとして,どんだけ出張予定が入ってるのか,今年度予算の確認も含めて再確認してみました。

2月には予算関連の絶対出席会議が一つ,フランスとの共同研究の会合が一つ。3月には将来プロジェクトに関した超気が乗らない会合が一つ。4月と5月,6月,これまたプロジェクト関係。

6月には海外が一つ。夏は今の所静かな予定ですが,秋にはまた海外が2つ。

もちろん予定ですので,全部出席という訳ではありません。その一方で,これ以外に会議が飛び込んでくる可能性は高い。さらに言うなら,これ全部自分だけが参加する訳ではなく,連れて行く後輩らの旅費も工面する必要があります。

必要な旅費予算は,当然ながら100万円超,いやその数倍となります。お金のことは考えたくは無いのですが,これも仕事の一部,仕方ない。ちなみに日本にいた頃,年間旅費は9万円でした。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

仕事始めに小障害

こちらでは2日から通常営業です。でも日本に帰国していた関係上,2,3日は年休を入れて,昨日ようやく初出勤しました。実際同僚らも今週から出勤している人が多いようです。

実は先週末締め切りという報告書があったのですが,こっちに戻ってみたらまだ他研究所からの分が集まってません。まだ提出できないからもう一日待ってもらえるかと問い合わせをするも,返答なし。これはつまりあれですね。こっちの都合良く解釈してよいと。

さて仕事初めにする儀式の一つ,それは新しいルーズリーフノートをおろすこと。まずは一番最初のまっさらページに2020と書き込みます。それから昨年のノートから一部必要なリーフを抜き,新しいものへ差し込みます。

買うタイプは特に決めてはいません。毎年帰国の際に適当に一冊買って帰ります。今年のは綴じ部分が柔らかく開きやすいのが売りらしく,確かにこれは便利そうです。

中央部を開き,ノートを差し込もうとして,

あれ? 穴のピッチが違う。

ルーズリーフなんてどれも規格は同じかと思ったら,今回買ったものは穴の数が微妙に多い。強度を増やすため?

こればかりはどうにもなりません。正しいサイズのは次回帰国するとに買うとして,しばらくは昨年のノートに追加して使い続けるしかないようです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

明けましておめでとうございます

皆様,あけましておめでとうございます。

数年ぶりに日本での年越しです。とくに何もすることもなく,書店で本を物色したり,和食っぽいものを食べたり,だらだらとテレビを見たり(これは本当につまらない)。

近所を散歩していたら高校の同級生から「もしかして歩いてた?」とメールがきたり,ショッピングモールで小さな子が何故か突然立ち止まって僕に手を振り始めて母親から不審がられたり,お釣りの30円をそこにあった募金箱に入れといてくださいと言うと「本当にいいんですか」と確認されたり,なんたらかんたらポイントカードお持ちですかにNoを言い続けたり。

というわけで,新年が明けたついでに缶ビールをもう一本ぶしゅっと開けて,Life in Los Alamos,今年もよろしくお願いいたします。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

Santa Feに出現した妖怪

Santa Feの Museum of International Folk Artで日本の妖怪展が開催中と聞き,行ってきました。この博物館そのものも,色々と面白いところがあったのですが,そのまずは一つ目妖怪のお出迎え。

妖怪とくればこの方ですが,幽霊,般若,カッパ,天狗,なまはげ,信楽焼たぬき,貞子,トトロにポケモン,なんでもありっぽい。

宇和島市の牛鬼。御札にはちゃんとサンタフェ市と書かれています。

おなじみ,「なぐごはいねか」の人。これは妖怪かな。

正直言うとあまり期待していなかったのですが,なかなかポイントを押さえた展示となっていて楽しめました。会場内にはちょっとしたお化け屋敷も作られており,それなりにびっくりする仕掛けもありました。お客さんもそれなりに入っており,ポケモンのルーツはこれだったかと皆さん納得したはず(いいのか?)。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

氷のかけらを探して

少しばかり雪が積もった今日,足元の悪さにも負けずにジョギングしてきました。午後には日差しもあり,道路は大体とけてはいたのですが,それでも突然行く手を雪道に阻まれることしばし。

こんな日,ジョギングするには少々不便なのですが,iPhoneを持ってでかけます。お目当てはあちこちに残った雪や氷。垣根に積もって雪が解け,それがまた不思議な形で凍ります。

スマホで撮るのはちょっと難しいのですが,むにむにした形に成長する氷がおもしろい。

枝に氷の蛹がくっついてるようです。こういう小さいけれど変わったものを発見する面白さ。ちょっと高級なカメラかスマホが欲しくなります。

それはさておき,雪道をジョギングする人はおりませんでした。ましてやクリスマスだというのに。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail