「American Life」カテゴリーアーカイブ

タイミングを見計らって

午後から不安定になりがちな今日この頃,ジョギングに出かけるタイミングの見極めが重要です。少しくらいの雨なら,突破しても大したことはありません。でも雨脚が強まるのか,そのままなのか,全く予測できません。

曇り空,まだ大丈夫だろうと走りに出て約100m,ぽつんと水滴が地面に。

眼鏡なしで走るので,よく見えないのですが,でも水滴にしては音が変です。落ちた辺りの地面を這いつくばって見てみたら,

氷!

雹です。これはヤバい。猛ダッシュで家へ走りました。雹の中を走ってたらタンコブだらけ。いや,タンコブで済んだらラッキーなくらい。

走り始めてすぐで助かりました。バラバラと雹が降り始め,そのまま嵐に。さほど大きな粒ではなかったようです。

なんか動画にするとなんてことない雨に見えますが,実際はかなり激しい嵐は30分ほどで終了。その後暫く曇り空に留まっていたので,慌てて走りに出ました。いやはやジョギングごときで綱渡りとは。

まあ,早朝ジョギングすればいいだけなんですが,それはそれで別の困難がありますからねえ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

渡米17年にして初めて揺れた

朝,いつものようにリビングのテーブルで仕事していると,突然ドンという衝撃と共に家が揺れました。突風で家が揺れることはあっても,衝撃が来ることはありません。もしかして地震?

ほどなく全米の地震情報に,Four Corners付近で地震があったと表示されました。ここから数百km,もしかしたらそれかも。

すぐに同僚らにメールすると,Los Alamos在住組の一部からは確かに揺れたとの返事。ところがSanta Fe組は全然感じなかったとのこと。

勘違いだったのかなあと思っていたら,なんと地震情報が間違いだったと削除されています。地震を勘違いするなんて,日本人としてあるまじきこと。

と,今度は別の地震情報が現れました。時間は全く同じ,震源はさらに近く,ここから60kmほどです。マグニチュード3.7,地下9.6km。震源地間違ってたんじゃん。

taken from U.S. Geological Survey (USGS) earthquake page

日本の地震とはスケールが違うと思うのですが,震度2くらいでしょうか。Santa Feはさらに遠いので,これならあっちの人は気づかないか。

太古の火山のカルデラに位置するとは言え,全く地震が無い土地柄です。いやはや驚きました。喜んでませんよ,念の為。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

書類回収にPPEを用意すること

自宅からではどうしてもできない事があり,ほぼ5ヶ月ぶりに無人の建物へ出勤してきました。先ず最初に完全に干からびてしまった観葉植物を処分し,時計を夏時間に合わせ直す。郵便棚に溜まっていた郵便物を引き抜き,ようやくパソコンのスイッチをオン。

郵便物のほとんどは日本から送られてくる学会誌なのですが,なぜか途中で止まっています。海外郵送の問題なのか,あちらの発送が止まったのか,はたまた学会除名になったのか。会費は自動引き落としの筈なんですが。

どうせまだ暫く在宅ワークが続きます。持って帰るものを集めました。ノートパソコンの電源アダプタ。仕事上の書類の数々。ついでに送られてきた学会誌も。

出勤は許可さえ得られればできるのですが,そのときにPPEを忘れずにと言われます。PPE? なんかの許可証?

聞き返したら,ちゃんと普段からメール読んでないのがバレるので,こっそり調べました。

Personal Protective Equipment

防具の意味ですが,要するにマスク。って,たったの4文字のmaskを3文字に略してる。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ずっと立ってる人を選ぶ

Los AlamosのOppieもようやくマスクを貰えたようです。耳に引っ掛けられなかったのか,バンドが後ろに回るタイプ。

東欧などで旧独裁政権が倒れた後,為政者の個人崇拝のシンボルとして建てられた銅像の多く倒され破壊されましたが,直近の恨み辛みの腹いせもあるもの,行為そのものが象徴的でした。そして今,かつての悪行を精算すべしと,アメリカでも銅像を引き倒すニュースが駆け巡りました。それを見つつふと,日本ってこういう銅像少ないっけ。

日本にある銅像と聞いて真っ先に思い浮かぶ実在人物は,上野の西郷どん,どこにあるのか知らないけど伊達政宗,少年よ大志を抱けの人。鬼太郎とかサザエさんは除外するとして,意外と少ないように思います。そういう文化じゃないんでしょうね。もっぱら銅像と言えば仏像になるっぽい。

もちろん自分が知らないだけで,色々とあるんだと思います。福沢諭吉とか坂本龍馬はどこかで見かけたかも。調べてみると,一番多く設置ている銅像は,なんと松尾芭蕉。2位が坂本龍馬,3位は聖徳太子。龍馬はともかく,芭蕉とは意外です。奥の細道ゆかりの土地に点々と立っておられるのでしょうか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

質問で暴かれる自分の知らないこと

とある受付で住所やら電話番号やらなんやらかんやらと質問が続き,その果てに来たのが

「あなた,宗教をdiscloseする?」

このdiscloseというのが日本語にしにくいのです。closeをdisってるわけなので,公表とか露出とか暴露。でも一般会話でそんな大袈裟な単語は使いません。契約書なんかでよく出て来る単語です。

「宗教を明かす」というのも何だか変。勿論「宗教はなに?」と直接聞いてるのではなくて,「何の宗教か聞いてもいい?」みたいな感じです。日本でこんな質問受けるのは,葬儀社くらい。

隠れなんとかでもないので,OKと答えたら,

So, what is it?

Nothing

大概この手の質問を受けたら “Physics and Mathematics” と答えるようにしてるのですが,冗談通じなさそうな状況なので「無し」と答えておきました。もちろん父方の実家に倣って仏教と答えてもいいんだけど,自分自身を仏教徒と認識できたのは,親の実家に仏壇があったという程度。母方のほうには十字架もあったっけな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

落書きの壁

近所を散歩中,不思議な円を発見。もしやこれはエイリアンの残したなにかのメッセージかも。

なんてことはなくて,この辺り一帯,なぜか大量に壁に落書き。と言うのか落彫り? ちょっと行きにくい場所にあったので今まで気づかなかったのですが,どうやら昔からの定番の壁らしい。100年近く前の年号も見かけました。本当かどうかはさておき。

フルネームを彫り込むのはさすがにやばいと思ったのか,大体がイニシャルかファーストネームです。全くばかちんはどこにでもおります。

なんか,昔の墓石のように見えなくもない。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail