「American Life」カテゴリーアーカイブ

船便で送られてくる雑誌の謎

入ったままになってる日本の学術学会が2つあり,その学会誌が律儀に海外へ送られてきます。でも船便なので2ヶ月遅れで届くのはまあ仕方ないと思っていました。ウィーンには同月に配達されると聞くまでは。

つい最近こちらに届いたのが7月号。なのにウィーンに届いたのが9月号だと言うんだからこれは公平じゃない。きっと欧州方面は航空便を使ってるんだ,ずるい。

でもいくら船便とは言え,アメリカまで2ヶ月もかかるというのは,考えてみたらちょっと変ですよね。日本を出港した船が西海岸に着くのって,せいぜい2週間程度だと思います。もしかしてLos AngelesからLos Alamosまで陸路で一ヶ月かかるのか。

なんて愚痴を学会の編集の方にしてたら,

まあなんということでしょう

今日9月号が配達されてきました。

8月号はどこ行ったんだ?

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

やっぱり日本の文房具

タイトルに沿った手頃な写真が無かったので,近所の半飼い猫が勝手にうちにやってきて勝手にソファで寝てる図ですが,話題は日本の文具。

黒縁メガネの学生さんが手書きでメモってるのを見て,ふとそのペンに目が留まりました。ラベルシールに漢字が見えます。

なんと無印良品のゲルインキペン。書き味滑らかで,僕も愛用しているペンで,帰国するたびに調達してくるもの。ほんとは長女から教えてもらったんですが。

メガネの彼女は生粋のアメリカンですが,このペンが無いと生きていけないと言います。いや言ってないけど。アメリカの無印良品で買ったのかと聞いたら,Amazonで売ってるんだって。調べてみると,日本価格よりちょっと高い程度。

メガネちゃん,文具は絶対に日本製がよいとのこと。もちろんですとも。アメリカにも日本製文具の凄さが分かる人が出てきたようです。後はもっと手軽に手に入るように無印さんに頑張ってもらわないと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

仕事しない週間

この一週間,いや二週間かも,自宅で仕事していません。普段なら深夜まで何かしているのですが,諸般の事情で充電モード。

まず8月初めに職場のパソコンがお亡くなりになりました。アップデートをインストールして再起動した直後,見たこともない進入禁止マークが画面に表示されました。調べてみたら,これは致命的だと。ち〜ん。

やむなくノートパソコンをメインの仕事用にしているのですが,不便極まりない。新しいものは買ったものの,未だにセットアップが完了しておりません。

それに加え,ここんとこ雑務レベルが急上昇。毎日々々事務所類書きです。なんだか日本に戻った気分ですが,ワープロと表計算の悲しい技術が急上昇中です。

さほど疲れもしない仕事ですが,なんかだらけてしまい,帰宅してもパソコンでだらだらとニュースを読み,深夜頃は電子ピアノで数時間遊んでおります。もちろんワイン飲みながら。

こういう生活も悪くないんですが,楽なのが普通になってしまうのが怖いです。でもま,たまにはいっか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

中産階級のお飲み物

Cru Bourgeois クリュ・ブルジョワ,格付けというほどもない格付けですが,付いてると何となくありがたい気になるのは商業主義に思うつぼでしょうか。もちろんちゃんとしたワインじゃないと貰えない称号です,多分。

ブルジョアというと中産階級の意味だったはずですが,今は金持ちのイメージ。だったらオイラもブルジョアだぜぇなところを見せたいところ。例えば,

ノートに仕事のあれこれ書く時,何色ものジェルインクボールペンを使います。赤,青,緑,水色,茶色,ピンク,群青色,等など。

何か生活必需品をAmazonで買うとき,こっそりとCDを同時注文します。

ガソリンは下から二番目クラスのを入れます。

一本$5未満のワインは買いません。

つまみはピスタチオ。

どや

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

迷い始めてゲシュタルト崩壊

漢字を忘れないように,ノートは極力手書き,それも日本語で書くようにしています。とは言え最近のノートを眺めてみると,英文の割合が高いようなので,注意せねば。

今日の手書きメモ,「電話待ち」と書いてあるのですが,この電の字を何度も書き直しております。

雷話,雪話,雲 …

完璧なるど忘れ。パソコンで日本語タイプしてみりゃ簡単に分かるんですが,なんとか思い出そうと,とんでもない方向を彷徨い歩いております。これはショック。

それにしても,電気の電がどうして雨冠なんでしょう。これって大体天気に関係するような漢字ですよね。霞,霖,雪,雫。電気はやっぱり稲妻から来てるんでしょうか。

とまあ,小学生レベルの漢字を思い出せなかったことをひたすら隠すべく,話題をそらしていくわけです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

名前だけでは分からない

海外,特にアメリカのような国に住んでいると,周りの人々の出身国の多彩さに驚かされます。親の代,祖父母の代からの移民まで含めると,ほとんど全員じゃないかと思えるほど。

出身国の話題の一方で,仕事上相手の現在の国籍が必要になる場合があります。でも国籍となると,外国生まれでアメリカ国籍を取っているのか,永住権のみなのか,二重国籍所持者なのか,色んなパターンがあってちょっと分かりにくい。

まずは名前で判断。アジア系ならすぐに分かります。東欧系や中近東寄りの国の出身者は,あまり馴染みの無い名前だったりしますので,これも何となく想像可。

次にその人のWeb Pageを探し,経歴を調べます。出身大学が海外なら,生まれもその国でしょう。Webが無いなら,その人が過去に書いた論文を調べれば,その時点での所属が分かります。

そこまでやってようやく本人に国籍を確認するメール。初めからそうすれば良いじゃないかと言われそうですが,こういう質問ってやっぱり微妙ですから。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail