「American Life」カテゴリーアーカイブ

二度目もやはり同じだった

2度目の帯状疱疹の予防接種,前回かなり大変だったので,今回はもっと軽いだろうという根拠なき楽観は見事に打ち砕かれました。

金曜日,まずかつてない腕の痛み。どんな予防接種でも,注射した場所辺りが少々痛むのは普通ですが,そんなもんじゃなかった。二の腕全部が痛みます。頭痛もやってきそうだったので,まずは鎮痛解熱剤。

そして夜,早めに就寝したのに,悪寒で目が覚め,もう眠れません。リビングへ移動し,コタツでガクガク震えながらうたた寝を繰り返して朝を迎えました。

朝もう一度鎮痛解熱剤を飲んで一眠り,ようやく体調が戻りました。こうなることを危惧して予防接種の予約を金曜日にしたのですが,結局週末はこれで消えてしまいました。

いつ治るか分からない風邪と違い,一晩経てば副反応が収まることは分かってるので,まあなんとかやり過ごせます。当面必要な予防接種はもうありません。これで帯状疱疹の心配はなくなったので,これでヨシとしましょう。

辞書よさらば

職場建物の改装のため,室内のもの全部出さねばなりません。この際だから不要な書類や書籍を一気に処分しようと,本棚に取り掛かりました。

今ではほぼ何でもオンラインで手に入ります。古い研究所レポート類は温存する価値もないので古紙へ分類。ずっと開いてない本は自宅へ持ち帰り,二度と開きそうにない書籍も古紙の山へ。

そしてふと手が止まりました。辞書。英和,和英,英英があり,どれも渡米時に日本から持って来た旅の友です。当初は机の上に常備し,何度もお世話になりました。

でもこの10年くらい本棚でホコリを被ったまま。英単語を調べるならパソコン付属の電子辞書やネット検索がずっと簡単です。それに在米20年,英単語を調べる機会もあまり無くなりました。CNNとか読んでると,時々なんだこれって単語が出てきますけど。

ちょっと悩んだ後,辞書さんたちも古紙の山へ。寂しくもありますが,おそらく生涯もう使うことはありません。

巨大に見えてもMサイズ

冬休み中,珍しく宅配ピザなるものを注文。普段全く利用しませんが,美味しいという評判です。ちなみに宅配ではなくて,自分で受け取りに行きましたけど。

4人分としてこの2枚を買ったのですが,サイズの大きさにびっくり。これ,どちらもMサイズです。左のはNew Mexicoらしくグリーンチリをトッピンク。右のは野菜ピザだったのかな。

それにしても大きい。加えて厚みもあります。もしかしてこちらの人々は,これ1枚を1人で食べちゃうんでしょうか。2切れも食べたら食事完了なサイズです。カロリーも凄そう。

ちなみにMサイズで14インチ,直径36cmらしい。同じチェーンの日本でのサイズを調べてみると,Mはたったの23cm。Lでほぼ同じ33cm。もう一度言いますけど,Mサイズって一人分? まさかね。

これはやっぱり動き辛いです

以前,実家から持って帰ってきた久留米絣の着物,そのまま押入れに押し込んだままでしたが,元旦にやっと袖を通しました。祖母が成人式の祝にと作ってくれたもので,孫全員に作る予定だったはず。でもどっか途中でプロジェクトは停止したようです。

着物と羽織はあっても,帯は浴衣っぽいもの,羽織の前を留めるやつ(なんていう名前?)も無し。襦袢もないのでTシャツ着てましたが,さすがにこれは見苦しいとTシャツは脱ぎました。

せっかくの着物なので,ちょっと気取って写真撮影,さてどこで撮るかと選んだのがピアノ。ちなみにちゃんと弾いてません。適当に和音鳴らしてるだけ。

それにしても着物って背筋がぴしっとなります。ということは全然寛げない。30分ほどで脱いでしまいました。これを普段着にするには,かなり修行が必要そうです。でも使わないのも勿体ないんですよねえ。

明けましておめでとうございます

2021年と22年の正月,「おめでとうございます」はとりあえず封印しておりましたが,久しぶりに新年のご挨拶を普通にできるようになりました。

昨年4月の実家じまいのための帰国以後は複雑な行政手続きもなくなり,緊急の帰国の心配ももうなく,仕事のほうも在宅ワークから通常の出勤に戻ったこともあって,ようやく平常が戻ってきたような気分です。

ここ数年慌ただしく日本とアメリカを往復しました。おかげで随分とマイルも貯まりました,とかいう話ではないけど,こんなに頻繁に帰国したのは渡米以来初めてのことです。

そして今年2023年の4月で,アメリカ生活ちょうど20年となります。同じ場所に住んだ長さとしては,こちらが最長になってしまいました。福岡では何度か引っ越ししたので。

さて活動的な日々がさらに戻ってくる2023年,早々に仕事で帰国の予定です。その前に再度予防接種を今週してきました。今回はなんと全く副反応無し。ちょっとだけ腕が痛かっただけで,熱は出ませんでした。ようやく大人になれたのかもしれませんが,本年もよろしくお願いいたします。

2022年の大ニュース

間違いなく今年最大のニュース。いつも散歩やジョギングで立ち寄る小さな池,そこでいつも仲睦まじく泳いでいる二羽のガチョウ。僕は勝手にアフとラックと呼んでいましたが,町の人気者で行政の方では正式な名前もあったらしい。

その男の子のラックが亡くなったのです。クリスマスの日,小さな白いかたまりが氷の縁に2つあり,なんだろうと見ていたら,一つだけふと頭を持ち上げ,それがアフでした。もう一つの白い羽は水に浮かんだまま。アフはずっとその傍らを離れません。

ちょっと心配になって毎日様子を見に行っていますが,今日はなんとか一人普通に泳いでいるようでした。誰かが持ってきた餌も食べてるようで,少し安心です。