LiLA管理人 のすべての投稿

算数問題をコンピュータで

blogの左側に並ぶカテゴリーリストを見ると、コンピュータとかサイエンスなんてのが見えますが、日々雑感をblog化して三ヶ月、殆どエントリーがありませんね。農業とアメリカ生活の愚痴ばかり言ってるのもなんなので、今夜は「算数」の話題。

Peter Franklという数学もできる大道芸人(違う!)がおりますが、先週のAERAに彼が出した算数問題が載っています。転載してよいのかちょっと微妙ですが、元々の問題が小学生向けコンテスト問題からの転載なので、まあ構わないでしょう。こんな問題です(少し変えてます)。

幅50mの3つのマンション、A,B,Cが左から順に並んでいる。
Aには50人、Bに28人、 Cには100人が住んでいる。
この並びのまえにバス停を作る時、そこまで歩く平均時間が
最短になるのは、Aマンションの左端から何mの所か。
マンションの出入り口は、建物の真ん中にある。

紙と鉛筆を用意して、ごりごりと計算してみてください。小学生の問題ですよ!

さて、ふと考えたのが、この問題をコンピュータを使って解いてみようというもの。式を立てて、それをパソコンで解くのでは面白くない。面倒な式は一切忘れて、とにかくマンションABCから人をバス停まで歩かせてしまうという方法。これはモンテカルロ法と言って、自分の様なズボラな人間には持って来いの方法です。

やり方は簡単。まず、サイコロを振って、マンションA,B,Cのどれか一つを選びます。次に、バス停の場所もサイコロを振ってランダムに決めます。どこでも構いません。とにかく3つのマンションの前の何処かです。選んだマンションの出口からバス停まで人を歩かせて、その時間を測ります。人の歩く早さは時速4km。

このサイコロ振りを一億回繰り返します。もちろん本物のサイコロを使ったんじゃ永久に終わらないので、コンピュータの中での話。一億回と言っても、僕のノートパソコンで一分程度で終わってしまいます。ランダムに決めたバス停と、そこまでの所要時間を記録しておいて、その平均が最短になる所をみつけるわけです。

結果はこのグラフ。横軸はマンションAの左端からの距離、縦軸はマンションから直角方向の距離、色は平均徒歩時間を表します。それぞれのマンションの出入り口は、X軸上25,75,125mのところにあります。

もとの問題ではマンションの真ん前にバス停を作ることになっていたので、図の一番したの部分(Y=0m)がこれに該当。答えは125mで、マンションCの出入り口前となります。つまり、Cに住んでいる人は全く歩かなくて良く、Aの人達は100mも歩く必要があるわけ。

バス停が道の反対側にあると、状況は変わります。道幅20mくらいのときは、バス停の位置は100mくらいで、B,Cの間が答え。もっともこれは横断歩道が無くて、マンションの出口からまっすぐバス停に歩く場合。

久々にLife in Los Alamosにしては濃いめ(?)のサイエンスネタ。査読係の家内からは「ぜーんぜーんわっかりませーん」のコメント。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

今度は葡萄の収穫

春に植えた葡萄の木が小さな緑の実を付けたのは、今月初旬の話。葡萄のつるもやっと腰程の高さに成長し、その実がすっかり色づいたので試食してみることに。

さすがにまだまだ小さな木なので、まるでおもちゃのような葡萄の房です。左側の手は大きさ比較のためだそうですが、6歳児の手なのであまり参考にならないかも。まあそれくらいの大きさということで。

味ですが、超すっぱ、だそうです。酸っぱいもの苦手な僕は、それを聞いて食べるのをやめましたが、酸っぱいもの大好きな娘が食べてしまいました。もしかしたら、収穫が早過ぎたのかな。

収穫は期待してなかった初年度なので、まあこんなもんでしょう。来年に期待。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ピアノその後

今日は待ちに待ったピアノ配達の日。運送屋の手違いで一週間遅れとなってしまったものの、待つのもまた愉し、一週間なんてあっと言う間です。設置場所を確保し、床を傷付けないようにカーペットも用意して、完璧な受け入れ態勢でハレの日を迎え……る予定でした。

昨日の話です。ピアノ屋さんから電話。配達時間の確認でしょう。

「明日、ピアノ配達の予定になってますね…」
「ええ、そう聞いてますけど?」
「実は……」

きたきたきた!

「在庫のピアノに、ちょっと問題があるんですよねー」
「ありゃりゃ。。。」
「代わりのピアノを別の支店から送るから…」
「ほぉ。。。」
「ちょっーと時間がかかっちゃうんですよねー」
「はぁ。。。。で、来週の金曜日になるわけ?」
「うーん、カリフォルニアから送るから、10日…いや2,3週間かな」

いくらここが田舎だからって、カリフォルニアからトラックで3週間もかかるかい!

この話を聞いたアメリカ生活の長い友人たちの反応

「電話してきただけ、ましよー」

「3週間? じゃ、配達は9月ね」

さすが皆さん、完璧に免疫ができてます。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

さくらんぼジャム

なにやらジャムだらけの生活になってますが、もう一つありました。手作りサクランボジャム。これもリスに取られる前に大急ぎで収穫して、ジャムにしたもの。こちらは収穫量の関係上、アプリコット程は沢山できなかったので、貴重品です。ヨーグルトにトッピングしたり、アイスクリームに乗せたり。

でも、もう全部食べてしまいましたので、欲しいって思った人、残念でした。また来年。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

大きな買い物

月曜夜、ネタは読者にそっぽ向かれがちな変な音楽ネタ。今日の話題は二日前に決めていたので、特に考える必要もありません…となる筈でした。

実はピアノを買ったのです。長年のアパート暮らし、アクースティックピアノなんぞ望むすべも無く、ずっとクラビノーバで我慢していました。でも子供のレッスンのためにも、本物のピアノが欲しい。Los Alamosのキャニオンに飛び降りるつもりで150km離れた町Albuquerqueの楽器屋に足を運んだのは、今年の1月のこと。

この楽器屋さんは、New Mexico唯一のヤマハの代理店。色々と試弾して何とか希望を一種類に絞ったものの、少々(かなり?)予算オーバーです。店で散々悩んだものの、今買うと生活を圧迫するという理由で、購入を延期しました。

時は流れて今月初め。少し溜まった貯金を頼りに、小切手帳を手に再び
Albuquerqueの店へと出陣しました。今回は絶対に買うぞ、との決意とともに。店に到着すると…

倒産していました (涙)

仕切り直しです。ピアノに詳しい知り合いから、Albuquerqueの別の店を教えてもらい、そこを訪ねたのが、先週の土曜日。ここは河合とSteinwayを扱っています。とーぜんSteinwayなんて手がでませんので、自ずとターゲットを河合に絞ってピアノを選びました。

先日、ヤマハで選んだのと、ほぼ同レベルのピアノがあったので、それに決定。支払いを済ませ、配達日を月曜日に指定して、意気揚々とLos Alamosに引き揚げて来たのでした。月曜日のblogネタとしてピアノ。新しいピアノの写真がどーんと出た記事になるはず。

でもでもここはアメリカ。やっぱり普通に事は進みません。午後、楽器屋と契約している運送屋から電話あり。

「今日、ピアノをそちらに配達することになってたわよねー」
「うん、で、何時頃持って来るの?」
「それがさぁ、配達の日、間違って来週の月曜日に入れちゃったのよねぇ」

でたでた。またこのパターン。でも、もう怒ったりしませんよ。笑ってます。

「ははは、そりゃ困った。で、今日は持ってこないわけね」
「えぇ、トラックがコロラドに行ってるから無理ねぇ。来週月曜でもいい?」
ダメ!
「でもどうしようも無いのよ」
「今週、いつなら配達できるの?」
「えーっと、金曜日の午後ね」
「じゃあいいよ、それで。って言うか、選択の余地無いんだろ」
「無いわねぇ。。。」

敬語の無い英語を意訳してますけど、電話での会話、まさにこんな感じです。先方のミスでも全然悪びれる風でもなく、「仕方ないわねぇ」だもんね。でも、怒ったりするだけエネルギーの無駄。こっちも「またかよ、仕方ないなぁ」…

というわけで、新しいピアノの話題は来週に持ち越しです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

アプリコット収穫とジャム

木に登ってアプリコットの種だけを齧るリスとの戦い、アプリコットが熟すに従ってますます白熱して来ました。ちょっと油断すると、種だけ取られた実が道路に散乱して汚いこと限り無しです。熟しきったアプリコットが風で落ち始めたので、週末、収穫を決意しました。

まだ青い実も多くありますが、中身は甘く食べられないことはありません。リスに取られるよりまし。脚立に登り、木の下で子供と家内が毛布を広げ、成っているアプリコットを片っ端から収穫してしまいました。

2本の木から採れたアプリコットは約千個ほど。こんなに大量の果物が一度に採れても、食べられたものではありません。一日3個ずつ成ってくれるとありがたいんですが(ニワトリじゃないって)。


スーパーで安売り1.8リットル入りのブランデーとウオッカを調達し、梅酒ならぬアプリコット酒を漬けます。昨年はブランデーだけで作りましたが、今年はウォッカでもチャレンジ。ホワイトリカーみたいなものなので、果実酒にするにはウオッカの方が良いのかも。

ブランデー漬けアプリコット酒、そのまま飲むにはちと甘過ぎですが、バニラアイスにかけて食べると美味。その他、炭酸水で割ってもよし。


残りの大量のアプリコットからはジャムを作ります。すでに30個ほどの瓶詰めジャムが出来上がっていますが、これにさらに一番上の写真のアプリコット分が追加される予定。

友人に配って回るほか、キリ番取った人へのプレゼント…って、カウンター、無かったですね、ここ。欲しい方はご連絡ください。

昨年はただで近所に配って回ったんですが、瓶代がかさむという理由で、今年は瓶代$1で売る事にしました。で、子供たちが小さなジャム屋さんを開いています。売るっていっても、たったの1ドルですよ。安いでしょ。

でも家の前の通りは行き止まりになっているので、滅多に人通りがありません。

子供らはその後、訪問販売作戦に出たようで、しばらくして「2個売れた!」と言いながら戻ってきました。誰に売ったのか聞いたら、なんと

ロスアラモス国立研究所の元所長。

末恐ろしやー。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail