LiLA管理人 のすべての投稿

公共交通機関の難易度高め

来週再びWashington DCです。今年は1,2,3月毎月首都詣で。理由はもちろん予算関係。やれやれ。

首都と言うと大都会のイメージがありますが,Washington DCってなんだか事務所の塊のようなところです。もちろんビルは並んでるのですが,夜の活気みたいなのはあまり見えない。まあある所に行きゃあるんでしょうけど。

それでもさすがに大都市だけあって,近隣に空港が3つあります。Ronald Reagan Washington National Airportは中心部からすぐ。DullesとBaltimoreは郊外。

Reagan空港からは地下鉄が市内へと伸びているのですが,これがまあ分かりにくいことと言ったら。

まず切符の買い方が初心者には難関です。最近なんとか理解できてきたものの,先月は何度$20札を入れても受け付けてもらえず,やむなくたったの$4にクレジットカード決済。おそらくお釣りが無かったんでしょうね。

地下鉄の行き先が,これまた謎。そりゃ地名を知ってるのなら何の問題も無いんでしょうけど,空港に行きたいだけなのに,その表示はナシ。空港の先の終着駅を知ってないと,どっち方面に乗るのかすら分かりません。

東京の地下鉄の凄まじさに比べれば遥かにシンプルですが,それでも東京の方がよほど親切だと思います。

来週はBaltimoreへと飛びます。そこからはレンタカー。通勤ラッシュの渋滞覚悟です。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

極端な寒波の極端な昔話

立春を過ぎてやや暖かくなったと油断したら,突然の寒波の戻りです。昨日今日の出勤時の気温は氷点下9℃。車通勤なので外気温に触れる時間は,駐車場からオフィスまでの徒歩正味3分なのですが,冷たいを通り越して痛い。

昨日は元ポスドク君がこちらを訪問しており,グループ全員で夕食へ出かけました。車を一旦家に置き,レストランまで徒歩15分。普段は散歩で行く距離ながらも,この日は少々辛かった。さすがに帰りは友人に送ってもらいました。彼も飲んでたような気がしますが,まあ気のせいでしょう。

そんなわいわいがやがやの夕食時,話題は昔話。Route 66の起点はどこだなんて聞くアメリカン,ChicagoからSanta Monicaを知らないんかい。

でもRoute 66なんてせいぜい100年ほど前の話です。僕らが「昔の日本では〜」なんて話をすると,ざっと数百年前のことでしょうか。

という話をしたら,居合わせたギリシャ人の女の子ポスドク,

昔って言うと,ヘロドトスの時代ね〜

紀元前かい!


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

出汁之介を食べてみた

稚内のお土産,出汁之介君を食べてみました。お腹に見えるのは,アザラシの肉…ではなくて,ホッケの燻製。

細いながらも,和風ながらも,かなり強烈な風味です。最初,ちょっとしか入ってないじゃんなんて思ったものの,これは大量には食べられません。ワインには合わないので,確実にビールのつまみです。

油がすごく,パソコン仕事しながらのおつまみには向きません。もちろんスマホなんか触ってようもんなら,画面が油でテカテカ。このあたりは,どうして森永チョコフレークが消えてしまったのかを学んで欲しいところ。

なんてことを考えつつ,数本食べたところで,残りはまた次回へ。ビールが進むわ。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

80%くらいで,ほぼOK

あれ出せこれ出せとせっつかれ,事務書類と格闘する日々です。なんとか締切を守ってはいますが,ぎりぎりになることもしばし。

現状でいいから,取り敢えず書類を出せと言われ,最終チェック中の書類を出したこともあります。でもどうやら相手はそこまでの完成度を期待していなかったらしい。あちらからの返事は「できてるじゃん」

参考にするため,過去に出された書類を送ってもらうことがあります。そういうのを見て驚くのが,その大雑把さ。大体80%できてたら,仕事完了っぽい。

これはアメリカで仕事をしていて,いつも感じます。大体でOK。完璧は求めない。全員がそんなユルさでやってるので,ほぼほぼで世の中が回ってるっぽい。

そんな所へ,日本流の完成度基準を持ち込んだもんだから,ものすごく几帳面に仕事すると思われてるっぽいです。自分としては几帳面ならぬ,凡帳面を標榜しておるのですが。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

Czerny代わりの指練習

週末,久しぶりに筋トレならぬピアノの指トレでもするかとCzernyを探すも,楽譜棚に見当たりません。どうやら既にお蔵入りしてしまったらしい。じゃあ何か代わりのものをと取り出したのは,Mozartのピアノ協奏曲。

体力的にハードなところはありません。当時のピアノの性能の制限から音域も狭く,Beethovenのようにぶっ叩くこともない。その代り細々した華麗な音型,スケール,アルペジオが散りばめられています。Czernyに比べれば,左右両方の手を程よく使います。ちなみにCzenyは右手酷使。

Mozartのピアノ協奏曲の中でもお気に入りは,20番ニ短調, 21ハ長調, そして27番の変ロ長調。このうち20,21のペアは指トレに丁度よいパッセージが多く,練習にちょうどよい。

ところでMozartって短調の曲は極端に少なく,おまけにイ短調(♯♭無し),ニ短調(♭1個),ト短調(♭2個),ハ短調(3個)ばかりという偏りよう。

そして,短調とペアになる長調の曲がおあることが多いのです。有名なのは40番ト短調交響曲と,41番「Jupiter」。弦楽五重奏第3番ハ長調と4番ト短調。ピアノ協奏曲の20,21もやっぱり姉妹曲。

って,大して多くもなかったか。どうしてこうなってるんでしょうね。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

わっかないのだしのすけ

昨年末から日本を旅していた職場の同僚さん,不在の間の家をちょっとだけ世話していたので,そのお礼に日本土産を貰ったのですが,それが想像の左斜め前を行ってた。

真冬の稚内に行ってきたんだそうです。特に理由もなく,単に最北端に行ってみたいというだけで。

こちらのお土産は,稚内で買ったらしいのですが,本人,これが何なのか全く知らないらしい。少なくとも食品であることだけは理解していたようですけど。

上の方の燻製はホッケ。燻製というか,みりん干しみたい。これはやはり,炬燵で熱燗ですかねえ。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail