LiLA管理人 のすべての投稿

気付いたときには骨董品

叔母が「これを大事に取っておきなさい」と義父から言われて大事に温存していた掛け軸が二幅。50年間取り出したことがないというので,興味本位で広げて貰うことに。

誰が書いたものか,価値はいかほどなのかさっぱり。片方はなんとか名前は分かったものの,もう一幅のほうは不明。もっともネット知識なので調査程度は低いです。同じ作者の掛け軸が1万円程度でネットオークションに出ていました。

ほんとの価値は専門家に見せないと分かりませんが,かなり大きなサイズなので天井から吊るしても床に届きます。飾って楽しむというわけにもいかないっぽい。

そんな話をしていて,ふとテーブルに置いてあった砂糖の瓶に,あれ,これなんか見覚えある。

僕がまだ幼稚園か小学生だった頃に祖母の家にあった梅干し入れ。

どうやら叔母が引き取ってきてたらしい。おそらく僕が生まれる前から存在する瓶です。セミ骨董品と呼んでもいいかも。もちろん骨董的な価値なんてないけど,これを肴に話が弾みました。

再入国はいつになるやら

日曜日の羽田空港国際ターミナル,去る者は追わずなので出国する人はぱらぱらとおりました。コロナ対策なのか搭乗手続きの方法がかなり変わっており,キオスクでデータを手入力。今までもそういうのはありましたが,僕の場合はアカウントに全て入ってるので不要だったはずなのに。

ゴーストタウンと化している国際ターミナル。これは予想していたので,国内ターミナルでPCR検査の結果が出るまで,しばらくあっちで時間つぶしていました。国内のほうはかなり元の活気を取り戻しております。

ここで食べるのが日本最後の食事,十分考慮した上でロイヤルホストに決定。カシミールカレー,これを外すわけにはいきません。

PCR検査結果はネットで来るので,PDFでスマホに入れたまま。どっかで印刷するかと思ったものの,結局そのままチェックインカウンターへ行ったら,画面で確認して終わりでした。ワクチン接種証明も,アメリカ発行のしょぼいカード見て終わり。日本帰国時の大仰さとは大違いです。

Seattle行きDelta便の乗客は,ざっと見積もって50人程度。到着後,入国審査も変わっておりました。僕はGlobal Entryというのを持っており,入国審査の列をスキップすることができます。とは言え,過去には専用キオスクで税関申告やら必要ありました。

それが今回,なんと顔認証のみ。自動的に名前が印刷された紙切れが出て,それを提出して終了。税関申告は???

COVID-19テストも無ければワクチン接種証明提出もなし。そのまま国内線乗り継ぎへ。帰国後の自主隔離もないっぽい。

かたや日本,あの水際対策を2月末まで延長するんだとか。水際どころかすでに内部で高速拡大してるのに。これじゃ再度日本帰国は絶望的です。ホテルで強制隔離なんてされたくありません。もうちょっと日本でやることが残ってるんですが . . .

コロナ禍の日本帰国,そして帰国

まだやることが残っていますが,一旦アメリカに帰国します。これ以上滞在するメリットより仕事放置するデメリットの方が大きいので。実家のほうは業者さん任せにしてますが,なんとか片付きそうです。その後のアレコレは数ヶ月後,状況が落ち着いたら再度帰国して片付けます。状況が落ち着くかどうか全く不明ですが。

アメリカ入国も少々厳しくなっており,COVIDテストは1日前日まで。昨日土曜日午前中なら近所の病院でもできたのですが,ここはもう当日空港で検査という勝負に。ま,大丈夫でしょ。

日本に戻ったときは小さなスーツケース一個,最小限の着替えだけ持って帰ってきました。でも2ヶ月の滞在中色々と増えてしまったので,大きいスーツケースを調達。小さいのはその中に入れたものの,空港までの道のりが大変そうです。

今日,まず空港国内ターミナルでPCR検査。その後国際ターミナルへと向かいます。どうせ国際ターミナルはがらんとして店も開いてないでしょうから,国内線で日本最後の食事をしなくちゃ。でもスーツケースを預けるのはその後なので悩ましいところ。

コロナ禍の日本帰国,東京雪景色

渋谷Bunkamuraで開催中のフィンランド・デザイン展にふらりと立ち寄り,外にでたらこの状況。天気予報で雪になるとは聞いていましたが,まさか都心で積もるとは。

これはやばそうだと渋谷駅まで走り,地下鉄へと「上り」ました。変な駅。

家に戻ってきたときにはもう雪景色。東京は雪で大混乱。ニュースでは転倒した車や滑って怪我した人のニュースなどなど。これくらいの雪で?とは思うものの,慣れてないんだからしゃあない。

雪の夜はぬくぬく炬燵でお抹茶。アメリカ帰国後,しばらく体重計には乗らない決心。

コロナ禍の日本帰国,光が舞う

初詣に門前仲町行きのバスを待ってたら,珍しくお台場行きがやってきたので飛び乗りました。目指すはチームラボボーダレス。バスの中で当日券をネット購入。

光が乱舞する部屋,一面の花々,無数のランプ。同じ部屋でも時間が経つと全く別の光景になっています。

壁と床一面に投影される花は時時刻刻と変化。

鏡に映るランプの色も変化。なんとも不思議な空間です。東京のおすすめスポット。事前にチケットを買う必要ありますが,コロナ対策で入館は通常の半数以下に減らしてるらしい。ある意味,行くのは今かも。

コロナ禍の日本帰国,煙は登る

正月三ヶ日,することと言えば散歩。近所を歩くのも飽きたので,地下鉄でちょっとお出かけ,この赤い鉄塔の真下へとやって来ました。お上りさんです。

お上りさんなので登ります。東京タワーなんて小学生以来です。

まずは下の展望台,すでに周りのビルの方が高いという状況。観光客で混み合ってるってことは全く無く,すらすらと登れました。スカイツリーとは大違い。

上の展望台に行くエレベーターはとても小さく,時間予約制。お茶が出たり写真撮影あったり歴史の説明あったりと,ちょっとテーマパークっぽい。変な挨拶まで強要されたり。

そこまで行けばさすがに遠望を楽しめます。上の写真はお台場方面。

右上ビルの間に見えるのが新宿の高層ビル群。でもその手前に建設中のビルのほうが高いというちょっと悲しい状況。このビルは虎ノ門・麻布台に建設中で,完成すれば高さ325mになるとのこと。ぎりぎり333mより低い。