LiLA管理人 のすべての投稿

南の島のノートパソコンを目指して

普段,ノートパソコンはリュックの専用ポケットにそのまま入れているのですが,Macbookって表面がつるつるしているので,うっかり落としそうになります。

というか,はい,以前落としました。空港の手荷物検査場で。

その轍を踏まぬべく,Macbook用のバッグを買おうとAmazonで “macbook bag” で検索すると,かなりごっついバッグが出てきます。そんなんじゃないんだ,もっとシンプルなカバーを,と検索すると,今度はプラスチック製ケース。

正しい答えは Sleeve。袖の意味のほか,レコードジャケットもそう呼びますが,ノートパソコン入れもそうらしい。ちなみに日本のアマゾンで調べてみると,スリーブケースとなっておりました。これもよく分からない。

それはともかく,注文したものは写真左のシンプルなものです。

でも届いたのは右のトロピカル柄のプラケース。おまけにこれ,Macbook Air用。僕のはMacbook Proで,サイズすら合いません。

なんで間違ったのか分からぬまま,Amazonに交換の連絡を入れ,今日到着予定のテキストメッセージが入っていました。でもそこに書かれてたのは,

Macbook Air 13 inch case

いやいや,それじゃないんだって。どうなってんだこれ。

また違う商品が届けられたら,もうキャンセルして両方返品しようと思っていたら,なんと正しい物が届きました。どうなってんだこれ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ぱらぱらやってくる

家に居てすることもないから,でもないのですが,この数週間オンラインショッピングが増えています。もちろんメインはAmazonで,50%くらいは必要あっての買い物。残り半分は,まあゴニョゴニョ。

コンピュータ関連用品とか,家の壊れた金具の交換とか,草刈り機の交換パーツとか,そういう細かいものがぱらぱらと配達されてきます。でもAmazonさん,大は小を兼ねる主義ですので,時々とんでもないサイズのダンボールが届きます。

この箱,長さ60cmくらいあるでしょうか。でも中身はこのグシャグシャの紙の下に隠れた,さらに小さな箱。容積の8割は空洞。

おまけに配達員さん,ピンポンしてくれません。玄関前に放置です。一応「本日配達」のテキストメッセージが来るので,家の前にUPSが止まるのを物陰から確認し,車が去ると同時に室内へ入れます。まあ治安の良い土地柄なので,盗難とかはまず無いんですけど。

あれこれ注文してると,何を買ったのかよく覚えてないのも事実。配達されてから,ああこんなのも買ったんだったとなることもあります。そんな中,Amazonから配送遅れのお詫びのメール。

CDなんですが,実は買ったことすら忘れてました。1週間以上前に注文したようです。で,配達予定がなんと 6/10から6/25の間。飛脚が配達かも

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

両方忘れてしまったら

銀行口座の残高,と言うか最近の支払い記録を調べる必要があり,パソコンからオンラインバンキングへログイン。で,

あれ,アカウント名,なんだっけ?

昨年,オンラインのアカウントがちょっと変なことになってしまい,銀行に出向いてパスワードのリセットやらをして貰ったのです。アカウント名はそれとなく書かれたメモがあったので,まあこれだろうと当たりを付けたものの,今度は

あれ,パスワード,なんだっけ?

パスワードをリセットした時にiPhoneのアプリも入れ,その後は指紋認証していたので,パスワードを打ち込みことが無かったのです。

じゃあアプリ使えばいいじゃないかとは仰る通り。

でもそのアプリ,何ヶ月か前になんやらアップデートがあった際に再インストールしたら,指紋健忘症ですよ。

ならそんときに再設定すりゃいいじゃないかとは仰る通り。

はい,めんどくさかったので放置していました。

とは言え,再び銀行に出向いたところで営業してるのかも分からず,途方にくれておりました。どっかにパスワードをメモってないかと,あちこち探し回るも成果無し。

で,ふとアカウント名らしきものが書かれたメモをよく見ると,その近くになんやら暗号らしき走り書き。もちろん自分で書いたんですが,こりゃパスワードのヒントだ。

パスワードを何度も入れ間違ったら,アカウントは凍結されるはずですので,失敗は許されません。じっくり考え,おそらくこの文字はこういう意味のはずと己の癖・性格を考慮しつつ推理。

まずは第一回目のトライアルと打ち込んで見たら,一発で通りました!

いやはや,自分で作った暗号を自分で解く羽目になるとは驚きですが,自分のスマートさに我ながら感心しています。これならどんな暗号でも復号できます。ってその前にパスワード覚えとけって話ですね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

意外と股が深い問題

写真見てタイトルだけ書いて,さてどんな内容にするのか全く考えておりません。それにしても,よくまあこんなにカラマリ状態で成長したもんです。

股と言えば,ジーンズや綿パンを買うときの股下長さ。こちらでもLevi’sなら簡単に手に入るのですが,丁度良いウェストサイズが見つからないので, 帰国時に調達します。ユニクロでジーンズと綿パンを同時に購入したときのこと。

フィッティングルームで裾の長さを調整し,裾上げしてもらう,まあ普通のことです。でもその時,どうやらしっかりとウェストを引き上げてなかったらしく,少々丈足らずのジーンズになってしまったのです。

それだけならまだしも,同時に買った綿パンは裾の長さチェックすらせず,ジーンズと同じ長さにしといてと伝えておいたものだから,そちらも短め。

勿体ないから両方使ってますよ。綿パンはソックス丸見えになってしまいますが,もしかすると足が長く見えるんじゃないかと。

というわけで,意外と股が浅い話でした。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

意外と根が深い問題

前庭がかなりワイルドになってきたので,草取りしています。草が伸びてきたところは,草刈り機で一気にガーーっとやってしまえばいいのですが,松葉に覆われた部分はちまちまと手で抜いていく他ありません。ちなみに松葉ってかなり尖ってます。しばらくやってると,手が穴だらけに。

さて,抜きやすい雑草,しぶとい雑草,色々とありますが,この写真のは猛烈に頑張ります。ご覧の通り,根っこがまるで牛蒡。

一番右側,まだ生えてすぐの小さなものですら,こんなに真っ直ぐ深く音が伸びて行くのです。これを指で摘んでぐいっと引っ張るとスポンと抜けます。

真ん中,ここまで来ると,素手で抜くのは無理。テコ付きの雑草抜きで,運が良ければ抜けるというもの。

そして左のサイズになったら,もう無理です。ショベルで掘り,根を途中で切ってなんとか駆除。もっと深い所に根が残りますが,どうしようもありません。

牛蒡のような根ですが,はたして食用になるのかどうか。毒でもあったら大変なのでさすがに試してはおりませんが,それ以前に硬すぎて無理でしょう。根というより木です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

聞くが早いか引くが早いか

「辞書を引く」あたりまえの表現ですが,じゃあなんで引いてるんだろう。気になると調べなくては落ち着かない性分なので,あれこれ調べ,さらにはパソコン付属の辞書も引き,結局良くわかりませんでした。

「くじを引く」と同じように,なにか一つを選ぶときの引く,あるいは「引用」のように文中に何かを引いてくる,そんなところから来てるんじゃないかと。

さて,書籍の辞書を引く機会は,もう全くありません。MacBookに付属する,国語,英和,仏英,独英,類義語,こんなのでほぼ事足ります。あるいはネットでちょいちょいっと検索すりゃ,答えはそこにあります。便利になった反面,この横着さは堕落への急降下じゃないのかという危惧も。

かつて一番良く使った印刷された辞書はもちろん英和辞典ですが,その次に活躍したもの,それは僕の場合は音楽辞典です。Internetなんてなかった高校生時代,音楽関連の用語を調べるのに重宝しました。特にイタリア語での表記など。

なにか一つの音楽用語を調べたら,そのついでに前後の部分も読んでしまったりと,ムダ知識の蓄積にも役立ったはずです。ネットでちゃちゃっと調べておしまいな時代だと,なかなかそうはいきません。だって何か調べたついでに,ちょっとニュースでも読もうかとか,無関係な誘惑が強すぎますもん。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail