LiLA管理人 のすべての投稿

Hawaii大学の野良たち

HonoluluにあるHawaii大学のキャンパスを二年ぶりに散策中。アメリカの大学というと巨大なイメージがありますが,ここは比較的コンパクトにまとまっており,おそらく日本の大学のサイズです。この日は薄く曇って日暈が見えました。

キャンパス内には珍しいものもが点在しているらしく,まずはこれ。

「2001年宇宙の旅」でお馴染みのモノリス。なんでこんなモニュメントをキャンパス内に設置してるのか分かりませんが,表面が反射してしまうのが残念。ちゃんと漆黒に仕上げて欲しいものです。わざわざ見に行ってあげたんだし。

Rainbow Treeと呼ばれていましたが,実際はレインボーユーカリ。樹皮色が変化するために,まるでペンキを流したような不思議な虹色になるそうです。

キャンパス内あちこちで野良猫を見かけます。猫たちが生活しやすい環境になってるらしい。猫どころか,ニワトリもうろついています。野良猫ならぬノラトリ。確実に繁殖してるようなので,猫と共存してるんでしょう。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ぎりぎり到着おにぎり夕食

土曜日,最後のLAX発Honolulu便,Standbyチケットを握りしめて搭乗口へ向かいました。うまいこと空き席があれば本日中にハワイ到着です。無ければ翌朝8時の便。まずは自分が優先順位何番目なのか。搭乗口に表示されるモニターを見ると…

Standbyリストに名前が無い!

ちゃんと空席待ちの手続き,できてなかったのかと真っ先に思い軽くショックを受けるも,ちょっと待てよ,もしかすると。

リストに名前が出てないということは,すでに座席確保されたという可能性もあります。搭乗口の係員に「モニターに名前が出てないんだけど」と尋ねたら,

今,チケット出してるから,ちょっと待って

なんとギリギリ乗れました! しかもConfort+という広めの座席です。夜7時にLAXを発ったDelta機は,夜10時にHonolulu着。なんとスーツケースは一つ前の便で運ばれていたらしく,既に到着済みです。

8時間遅刻ですが,幸いレンタカーはキャンセルされておらず,無事に車もピックアップ,そのままWaikikiへと向かいました。

到着日の午後はビーチでのんびりの予定が,スパムおむすびで晩御飯です。

Waikikiで迎えたHawaii初日の朝。iPhoneにDeltaからメッセージが入っていました。

Honolulu行きDelta xx便はターミナル3から8:25発…

僕はまだその便に乗る予定だったんでしょうか。すっぽかしちゃったかな。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

暗闇でチェックイン

早朝5時,Albuquerque空港に到着したら様子が変です。普段は単に通過するだけの大広間が大量の人々で埋め尽くされています。エスカレーターも止まっています。しかも何だか暗い。なんと空港全体が停電です。

コンピュータも全てダウン。フライトは7時なので余裕があったはずなのに,全く動き出す気配がありません。伝え聞く情報によると,地域の変電設備でトラブルが起こったらしい。かろうじて明るい部分は,自家発電装置で何とかしているらしい。でも何もアナウンスが無いので,さっぱり分かりません。

予定していたフライトは8時発となり,10時となり,そして12時。LAXでの乗り継ぎは絶望。電気が戻ったのが9時くらいだったでしょうか。それから空港職員が大量の乗客をさばき,僕のフライトも予定より1時間早く離陸。と言っても4時間の遅れです。

LAXに到着すると,既に乗り継ぎ便が再予約されています。でもそれは翌朝の便。何とか今日中に乗り継げないかと思うものの,春休みシーズンのせいか,全て満席だそうです。

空席が出るのを期待して,まずは午後3時の便のゲート前で待ちましたが,非情にも満席の表示のままドアは閉まりました。

次のチャンスは夕方7時。これを書いているのが5時。今の所それも満席だそうですが,もし7時の便に乗れるなら,今日中に目的地に到着できます。ダメならLAX付近のホテルで無駄な夜を過ごします。

目的地はHonolulu。さて到着できるんでしょうか。乞うご期待。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

降ったり晴れたり積もったり

ここまで降水量(降雪量)の多い冬は,渡米以来初めてです。去年末からのドカ雪,その後も一週間ごとに雪だったり雨だったり。ここ数日は雨続きですが,時折雪に変わります。山はずっと真っ白なまま。

そもそも雨が続くという事自体が珍しい土地柄です。雨が降るのは夏,それも一日15分降れば,あとはからっと晴天が戻るのが普通なのに,今じゃ「傘」なるものを使う有様。

職場のオフィスに,念のために置き傘しています。でも使用頻度は2年に一度程度。それがこの冬,何度置き傘出動があったことやら。不思議なことに,朝の出勤時には雨は降らないので,傘無しで出かけるのです。それが昼になると雨,下手すると,あられか雪。さらに嵐。

さて傘。需要が無いせいか,ここでは大したものは売られていません。超小型の折りたたみ式を,旅行用にわざわざ日本から買って帰ったほど。それがなんと,スーパーマーケットに傘コーナーができ,それなりに小型でおしゃれ(?)なものが売られています。急な需要に対応? 今年の夏,ドカ雨が続くのか,全くの空梅雨なのか,楽しみでもあり,恐ろしくもあり。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ヴ難に発音しておこう

地名の表記に「ヴ」を使わなくなるというニュースを見ました。ヴェネツィアはベネチア,ヴァンクーヴァーはバンクーバー,ヴァージニア州はバージニア。バンクーバーあたりは「うに点々」より普通かも。

「風の谷のナウシカ」にヴ王ってのが出てきますが,あれをブ王に書き換えると,なんだかブサイクなイメージ。

確かに地名のカタカナ表記って難しく,僕はもっぱらアルファベット表記を使います。それでも英語綴と現地語綴が異なる場合も多くて困ります。典型的なのがViennaとWien。

ヴィエンナは英語ですが,ウィーンは言ってみりゃドイツ語表記を英語読みしたようなもの。普通に書くとヴィーン。もしヴを使わないとなると,ビーンで,豆?ってなっちゃう。

逆にWを含む日本の固有名詞は,ドイツ系の人にヴになりがちです。川崎のバイクなんて,きっとカヴァサ〜キでしょう。お互い様ってことで。



Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

えっと,ほらあの人,えっと

会話中,人の名前が出てこない。僕が人の名前を覚えられないのは子供の頃からの特性ですので,自分の話ではなくて,二人の同僚の話。

「えっと,あの大学の,実験系の…えっと誰だったっけ。名前が出てこない」

大学名,物理学科,実験系,そこまで聞けば大体特定できます。僕もすぐに顔を思い浮かべました。でも僕の場合,名前を思い出すのは最初から諦めてます。

「ああ,あの論文誌の編集してる人ね」

「そうそう,あの人,えっと,あーもう出てこない」

という会話をした翌日,別の同僚と話していて,

「ほら,あの大学教授,えっと,誰だっけ,ほらあの〜」

連続して偶然同じ方を話題にし,よりにもよって誰も名前を思い出さない。そりゃググればすぐに分かるんですが,みんな思い出せないのが悔しいらしく,ひたすら脳細胞回路をかき回しております。

「あのひと」で会話が成り立ってるんだから,それでいいじゃんとは思うのですが,なんか,おっちゃん,おばちゃん会話。

って,自分らもおっちゃんか。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail