数えられる?

TAMAさん@合衆国の片隅の所で、「雑草は数えられるのか」という話題が出てました。あちらの本題は楽器の話なのでリンクだけしておきますが、weedは数えられる(countable)名詞です。でも物が数えられるのか数えられないのかというのは、日本人の感覚では中々ピンときません。

あ、ちなみに「では正しい英文法をお教えしましょう」という趣旨ではございませんし、そんな英語力ありましぇん。「ピンと来ない」というのが言いたいだけ。

まず一番簡単なのは、純粋不可算名詞と呼ばれている連中。有名なものにinformationやknowledgeがあります。確かに情報や知識って、一つ二つとは数えませんね。情報は多いか少ないか、知識は足りてるか留年するかです。

普通の不可算名詞はもっと厄介。musicは数えられない名詞ということになっていますが、例えば「アジアの音楽」「ヨーロッパの音楽」「アフリカの音楽」と並べて、全部合わせて世界の音楽と言うときはmusicsとなっても良いそうです。切っても切れない水waterも数えられない名詞ですが、レストランで”two waters please” は微妙にOKです。

こういう英文法上のややこしい話は、ネットを使って調べましょう。musicsがOKなのかどうかは、”musics” をgoogleで調べてみれば良いんです。775,000件がヒットしますので、音楽の複数形はあり、となります。事例を見れば分かりますが、抽象的な意味での音楽と言うより、普通の曲という意味で複数形が使われているようです。

Informationsはどうでしょう。ググって見るとこれも大量にヒットします。でも注意して見ると、これを使っているのはドイツやフランスのサイト。英語で使われているのはあまり見当たらず、やはり「純粋に」数えてはいけない名詞のようです。

情報の複数形、googleの検索結果の頭の方に日本のサイトが出て来ます。NEDO新エネルギー・産業技術総合開発機構の公募のページ。ページ中ではありませんが、ファイルが置いてあるディレクトリ名がinformationsとなってますね。沢山の情報源が集められているので、複数形にしたんでしょうか。

しかし考えてみれば、ドイツ語・フランス語で S を付けるのがOKなら、日本語のサイトで S が着いているからと言って兎や角言われる筋合いも無いかな。だって日本語なんだから。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “数えられる?”

  1. 管理人さん、ひっかかってくださってありがとう。
    大人になって英語の勉強を始めたとき、最初にひっかかったのがこの加算・不可算名詞でした。

    そうそう、MINさん、sheepは不可算なのにどうしてpigは加算なのよぉ!とかね。あと[half]の複数形、という考え方にもずいぶん悩まされました。

    まあmami☆kiraさんのおっしゃるように日本語もなかなか悲惨です。
    なぜ1「ぴき」で2「ひき」で3「びき」なんだって日本語の生徒なんか涙目になりますもん(笑)。

  2. そうそう、そういえばブロッコリーは数えられない!とか随分前に色々と教わったことがあります〜!
    「じゃ、何でこれは数えられるのにこれは数えられないんだ〜!!!」
    なんて外国人に質問しまくりましたが、固まってはりました。
    彼らは母国語だから何とも思わないんでしょう。
    もし私も日本語についてとやかく質問されたら、はたして細かく説明できるか自信がないのが痛いところ。。。

  3. google検索の利用方法。目から鱗です!
    数が多い方が勝ちって単純ですが的をついてますよね。
    それだけ利用されてるってことですから。
    話は逸れますけどmouseはmiceと数えるくせにfishは数えないなんて。
    どういう基準なんでしょうかねぇ??

  4. Mimi☆Kiraさん、
    ブロッコリーってすか。確かに塊がいっぱい集まっている様なものなので、数えられないのかも。
    もうこれは理屈じゃなくて、昔からそうなんだと憶えておくしかないんでしょうね。

    昨日、日本人の友人と「は」と「が」の違いの話をしてたんですが、これなんて中々説明しにくいですね。
    「象の鼻は長い」「象は鼻が長い」は普通に言いますが、「象の鼻が長い」とか「象が鼻は長い」は、
    文法的にOKのような気もしますが、かなり変に聞こえます。

  5. MINさん、googleって便利でしょ。あと、スペリングに自信が無い時は、取り敢えずgoogleに入れてみると
    「もしかして?」で正しいのを教えてくれます。何とも横着な利用法。
    fish、これも昔nativeに尋ねた事があるんですが、結局分かりませんでしたねぇ。。。
    沢山泳いでるから、とか。要するに、魚というものが、生活から乖離してるんでしょうね。
    そう言えばmailは不可算ですが、E-mailsはOKとかも。。。なんでやねん。

  6. TAMAさん、はい、ひっかかりました。
    はっきりした形があるものは可算だとかも言われますけど、fishとかbreadとか、普通に一匹、二つって数えますよねぇ。
    おまけに、fishesとかbreadsとか言ってるアメリカ人、良く見かけます。
    結局、contextによって変わってしまうんでしょうね。

    多分、sheepは可算じゃないかな。ただ複数形が同じというだけで。
    a-sheepでググってみましょう。

コメントは停止中です。