Strasbourg, お腹いっぱい

Maison Kammerzell, pate

Strasbourgのシンボル,Cathedrale Notre-Dame-de-Strasbourg,ノートルダム大聖堂,そのすぐ隣にあるレストランMaison Kammerzellで夕食.お金あちら持ちなのは良いんだけど,自分でメニューは選べない.

まずはパテから.



Maison Kammerzell, chicken

メインはチキンのクリーム煮でした.半分食べてギブアップ.



Maison Kammerzell, spaetzle

これ,南西ドイツで有名なspaetzleシュペッツェレというヌードルみたいなものなんですが,Strasbourgでもやっぱりspaetzleなのかな.

上のクリームソースを絡めて食べると美味しい.つまりこっちを食べ過ぎてしまって,肉の方が胃に入らなかったということ.

ちなみに,これが一人分ちゃいますよ.これはご自由におとりください,な皿.



Maison Kammerzell, dessert

フレンチです.当然デザートまで出てきます.アイスクリームは1/3ほど山を切り崩しました.



Maison Kammerzell, vin

もちろん,こちらはいくらでもお腹に入ります.Alsace とくれば RieslingとPinot Noir.こういう寒い地域では赤の生産量は少なく,同じピノ・ノワールでもブルゴーニュワインとは違って軽いワインです.

ライン川を超えたドイツ側でも作られており,あちらでの名前はSpaetburgunderシュペートブルグンダ.ちょっと珍しいドイツの赤ワインとなります.



Strasbourg lunch, 1st

さて,コース料理がディーナーだけだと思ったら大間違い.

ランチ,いきます.スターターはパイ包み焼きとサラダ.



Strasbourg lunch, 2nd

メインは,...また...チキン.詰め物して焼いてありました.

しかし,これもデカイ.



Strasbourg lunch, dessert

もちろんデザート.ちょっと危険な香りがしたので,フルーツくらいしか手をつけませんでした.

え?皿の上に写っているグリーンのグラスはって?

そりゃ,フランスですもん.ランチを水だけで食えって言うんですか.



Paul, Croissant

こんな食事が続くと,さすがに胃がもたない.

朝ご飯はこれだけ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Strasbourg, お腹いっぱい」への18件のフィードバック

  1. フレンチなんてここ何年も口にしてませんわっ。
    それにコース料理っすか。
    せめてクロワッサンだけでも食べたいです♪

  2. 写真見てるだけでお腹いっぱいになります。
    ランチのコースのほうがディナーより量が多そう。
    PAULがあるんですねー、いいな〜いいな〜。

  3. 昨日からなんとなーくお腹の調子がイマイチなんですよね。
    お写真のボリュームたっぷりコースディナーにコースランチ拝見したら、
    せっかく盛り付けも丁寧で美味しそうなのに、もたれ感が… 
    チキンは結構好きですが、一皿分の量が2人分くらいありますね。
    ヌードル、パスタ系のお料理は結構お腹膨れますし。
    ん?ランチのデザートに危険な香りですか?
    ひょっとしてお皿の向こう側で薄い輪切りで立ってるアレ関係かしら~
    アレといえば、今シーズンどうも「○○○巻き巻き」が上手に作れなくて
    落ち込んでいます。次はジャムにしようかな~

  4. デザートはどれも美味しそうです、食べたいです。
    危険な香りのデザートって、睡眠薬入りですか?

  5. ほんとうにこのランチの量はすごいや。
    デザートの皿にフルーツほおずきがありますねー、
    あれを最初見た時「変な飾りか?」と思っちゃった。
    毒◎◎じゃなくても、こんなに薄切りでも駄目なんですねーアレ。
    PAULのパンは日本でもおなじみだけど、きっと味が違うに違いない。

  6. Oh!どれをみても満足満足。きっと普段胃が小さい私もきっとこの時ばかりは完食するに違いありません。メニューだけでなく食器やカトラリーやグラスにまで気を遣って(って当然かしら、5☆なんでせうから)、お皿の上に食べ物を置くデコレーションのやり方も悪くなさそうですし。このお料理しめておいくら?
    ただの観光に行ったにも思える、美味しいどころいただき!ああそっかぁ、ノーベル賞の授賞式に兼ねて。。。ウソです。

    次回は何の写真が登場してくるでしょうか!?

  7. 私、クロワッサンにはうるさいのですが、味はいかがでしたか?

  8. Joniさん,普通のレストランに行くとコース料理になって,ちょっと重いんですよね.ブラッセリーくらいでいいんですけど.
    よくアメリカのスーパーでクロワッサンを買うんですが,表面がフニャフニャなんですよね.このパリッパリ感がいいです.

  9. あーにゃさん,こんなのが毎日続いてたのです.ちょっとねーという気分になります.
    PAULはフランスの空港とか駅によくありますよ.時々サンドウィッチを買ってます.あとビールも...

  10. ポージィさん,お腹の調子がいまいちなのにこんな写真見せられてしまったら...お気持ちお察しします.次はもっとアメリカらしくハンバーガーとかの写真に < そうじゃないって.
    危険な罠は,輪切りのアレと,その向こう側のシャーベットです.
    そう言えば,アメリカだと食事会の前に必ずベジタリアンかとか,アレルギーは無いかとか聞かれるんですが,あちらではそういうの一切無しでしたね.聞き始めると我儘三昧になるからか.

  11. PNH Member #2さん,デザートに睡眠薬を入れておいて,たいゆうさんが眠ってしまったところで,財布からこっそり食事代を支払うというやつですね.

  12. Chieさん,輪切りだろうが薄切りだろうがオダギリジョーだろうが毒は毒です.デザート,他にも結構変わったフルーツが乗ってましたね.でも味が何だか良く分からない.
    PAULのパンは,逆に日本で食べたのが遥か昔なので,味の違いがワカランです.フランスだと普通に全国チェーンベーカリーって感じ.

  13. いたずらリスさん,食器は良いものを使ってたのですが,ちょっとガッカリだったのがウェイターさんなんですよね.皿に店のマークが付いているなら,そこが上側に来ないといけないのに,どれも無造作にテーブルに置いて行かれたんです.せっかく綺麗に盛り付けられているのに.
    これが幾らだったのかは分かりません.自分で払ってないもんで.
    上のディーナーコースだったら,ワイン込みで50ユーロってとこじゃないかなあ.

  14. Rockyさん,正直申し上げて「普通」です.東京で買うほうが,美味しいものに出会えると思いますよ.

  15. おいしそうなんですけれど、どれもボリュームがあってヘビーですよね。これを毎日だったら胃に負担がかかりすぎのような気がします。お腹大丈夫でしたか(笑)。でもフランスはベーカリーが充実しているのがいいですよね。アメリカのフニャっとしたまずいクロワッサンよりずっといいですよ〜。

  16. Esperanzaの住人さん,三日連続だとヘビーすぎて,最後の夜は超軽くすませてしまいました.あちこちにベーカリーがあって,パリパリなクロワッサンのサンドとかも売ってるので,自分で昼食を選べるのなら,そういうので十分です.アメリカのクロワッサンは,やわらかすぎですよね.

コメントは停止中です。