Albuquerque のアジア食材店でおやつの買い物

そろそろ米が底をついてきたので,Albuquerque まで食料品の買出しに出かけました.米を買うだけのために片道2時間のドライブ.さすがに米だけじゃなんですので,ついでにあれこれとショッピングカートに放りこんできました.

Oishi and Nagaraya

写真左側,どこかで見たようなパッケージです.でも名前が超あやしい.Oishiって何やねん!?

かっぱえびせんモドキは,日本某隣国製のものは見たことがありますが,これはなんとフィリピン製.

右側のもの.ナッツのスナックらしい.幾つかフレーバーがあったのですが,初心者ということでオリジナルを買いました.これまた変な名前の「ナガラヤ」.会社の名前かと思ったら,製造はFood Industries, Inc. という,これまたフィリピンの会社です.長良屋じゃないんだ.



Hi Tempura

今回のあやしさNo.1だったのが,こちらのハイ,天ぷら.名前は日本語,製造はタイ.絵は中国? と思ったら,どうやら Tao Kae Noiという会社のトレードマークかマスコットらしい.Spicy Flavour と英国風綴りで書かれた下に,辛い味と日本語で書かれております.

中身はそのまま,揚げた海苔のスナックでした.これ,いけます!そのまんま,ビールのおつまみ.



wafer roll, etc

残り3つは比較的普通っぽいお菓子.

上側はインドネシア製の Angel Wafers,天使のワッフル.またの名前を源氏パイ...とは書いてない.

右下は台湾製の Choco Wafer Roll,チョコワッフルロール.アーモンド入り.これは日本のコンビニで売っていても全く違和感無い雰囲気のお菓子ですね.ただ,左上に書かれたAlmondの文字が,微妙に Glico に似ているのは考えすぎでしょうか.

左下は,おそらく以前あやしい和風もちとして紹介したのと同じ会社のもの.台湾製です.今回のは不思議な日本語は鳴りを潜めて,中国語そのままのパッケージ.「ミルク米ケーキ」,「雪の恋」と書かれた部分を除けば…

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「Albuquerque のアジア食材店でおやつの買い物」への12件のフィードバック

  1. 面白いものが色々ありますねー
    味はいかがでしたか?

    今週はターキーを焼いて、遊びに来ているアメリカの義姉の好きなラーメン屋に3回行ったり、ケーキを食べたり、ジムにもあまり行けず、ストレスも体脂肪も溜まった気がいたします。

  2. oishiブランドのお菓子は上海に凄く沢山の種類がありました。 多分中国のメーカーなのかなぁ。 味は油が少し古くなってる感じはあるのですが、それなりに食べられましたね~。 値段は本家の1/5位だったし。

  3. おおーっ、これは大石屋のえびせんではないですか!(都会じゃ見たこと無いけど)
    片道2時間掛けてお米ですか・・・。
    田舎暮らしも楽ではありませんねぇ。

  4. Rockyさん,まだ全部試しては無いんですけど,意外と普通でしたよ.
    ラーメン屋に三回も! お付き合いも大変ですねえ.やっぱり自分のペースで食べたいものを食べたいです.いっそのこと,チャーシューの変わりにターキーを入れるとか.

  5. Mooseさん,上海には他の種類もあるんですか.僕が見かけたのは,これ一個でしたけど,来年あたりはもっと進出してくるかもしれませんね.それなりに食べられましたって,しっかり買ってるし~

  6. lce2さん,はい,お米は100マイル彼方です.地元でも手には入るんですが,美味しくなかったり,高かったりで.
    その代わり,鹿や熊のステーキやコヨーテのシチューなんかが,田舎暮らしの醍醐味ですよ < 誰も食べたくないって.

  7. まってました~怪しいシリーズ。
    海苔のてんぷらなのに中国人のイラストとは納得いかないですが自分も同じような間違いをしているかもしれない。
    前の記事で落花生が「花生」になっていてルビが「びなっつ」には大爆笑しました。

    それでは次回も期待しています。

  8. あ~~このカッパえびせん知ってるぅ~~。
    ドバイでOishiブランドいろんな種類沢山売ってたから買って食べたよ。

    怪しいお菓子達興味深々。でも食べるのちょっと怖い・・・!?

  9. パッケージに日本語で少し妙な名前が書いてあって、おや日本製かしらん、と裏返すと中国製だったりするお菓子、こちらでもあります。「雪の恋」は「白い恋人」からの連想ですかね。ところでアメリカなら至るところでカリフォルニア米が手に入るか、と思ったんですが、アルバカーキまで行かないと手に入らないんですか?

  10. ちろこさん,びなっつはねー,印刷する前に確認しろよってつっこみたくなります.この会社の商品は進化しているようですが,なんでそこまで日本語にこだわるんだと,気になります.
    ハイ天ぷらの,Hの文字の変に笑った口のような部分も,すごく気になるんですよね.ナンデスカね,あれ.

  11. Joniさん,なんと上海に続いてドバイにも! そのうち,海外では大石屋の方が有名になっちゃって,本家カルビーのかっぱえびせんをコピー商品と思われてしまうかもしれませんね.困るなあ.

    怪しいお菓子を食べるのはスリリングですよ~
    とってもエスニックな味のものがありますからね.
    でもやめられない.

  12. 現地委員さん,そっちだと「ミカドポッキー」があるでしょ.あれは本家商品ですけど,名前が怪しいですよね.
    米はどこでも手に入るんですよ.但し,味に拘らなければの話.
    カリフォルニア米でも上質のものを安く買おうと思ったら,アジア食材店まで行かないといけないんです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください