開拓精神

家の前庭、西側半分、緑萌える芝生を夢見つつ、蔓延る雑草をスコップで徐々に剥がしてきましたが、あと5m四方を残してgive upしていました。乾燥した地に雑草の根がびっしりと絡まり、とても歯がたちません。

と、そこへ救世主登場。同じ町に住むTさんが小型耕運機を貸してくれるとのこと。こういう機械を個人で持ってるというのもアメリカならではです。とにかく試してみようということで、お借りしました。

エンジンをかけ、さて、ばりばりと雑草を掘り返し…と行きたいところでしたが、敵もさるもの、耕運機は雑草地上部を削るばかりで、一向に地中を掘り返すという本来の働きをしません。この時点で、耕運機利用を半ば諦めかけていました。

でも、ホースで土を湿らせ、ゆっくり同じ所を何度も耕していると、次第に雑草の根もバラバラにほぐれてきます。牛歩とは言え、耕運機が進み始めたら、それはそれで面白いもの。庭の残り全部を耕してやるぞと、元気も出て来ます。


初めは耕運機のエンジン音が近所迷惑かとも思いましたが、もうそんなことは言ってられません。ホースで水を撒いては、ひたすらバリバリと地表を粉砕していきます。作業を始めて3時間。ようやく雑草のカーペットを引きはがし終え、前庭は荒野となりました。

やり始めると熱中するタイプなので、炎天下、日焼け止めも付けずに延々と作業し、気が付けば首から肩にかけて真っ赤です。元々野良仕事でかなり日焼けしていた腕も、黒さ倍増。たまたま訪ねて来たハワイ帰りの友人と、日焼けを競いましたけど、あっちはバカンス、こっちはドカチン焼け。比べるだけ虚しいですな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “開拓精神”

  1. なんだか読ませていただきながら、妙に力が入って
    自分も一緒に作業したような気分になりました。 (はぁ疲れた…)

    いやいや、お疲れさまでした!!!
    これで青々とした芝生が広がる日も近いですね。

    ドカチン焼けも勲章のようなもんです。
    でも、痛くないですか?

  2. ポージィさん、最近悟りましたよ。園芸とはスポーツであり精神鍛錬です。
    その日の晩は、茶碗と箸も持てない程、腕が疲れました。
    おまけに翌日からは首がヒリヒリして、襟のあるシャツを着ることができませんでした。

  3.  この時期に屋外作業とは?本当ですか?すごいですね・・・・・・・。
    私はこの時期にロスアラモスで愛車を洗車しようとして気分が悪くなって寝込みましたよ。
    実は私の家は、庭の南側と東側は金芽ツゲの植え込みになっており、長さは合わせて約50m程あります。春先に伸びた新芽は順調に生育しており、まるで散髪を忘れた坊主頭状態です。できれば盆休みに刈り込もうか?とも考えていますが・・・。今年の夏は暑い!電動バリカンの大型の奴で刈るのですか、植え込みの表、裏とトップを合わせると総延長150m、さらに刈り取った枝の始末が大変です。それを考えると・・・・・・。しかしながら、家内と一人娘では、誰も当てにできず、涼しい日を選び、可能な限り早朝に作業を行おう・・・・・・と思っています。

  4. お疲れ様です!凄すぎです!尊敬致します!
    青い芝生が広がった末には寝っ転がってみたいですね〜♪

    ちなみに、庭の雑草引っこ抜かなきゃなんないなぁ〜とか思いつつ、
    最近日のあたる場所にでることが出来ない私です・・・。
    だって昔、「まぁまぁ、あんたの顔、おいしそうな桃色ですなぁ〜・・・」なんて先生に言われたり。。。
    「熱でもあるんじゃない?」と友人に言われたり。。。
    日焼けは黒くならずに、すぐに赤くなっちゃうもんで、恥ずかしいのなんの!!
    日焼け止めは当たり前、帽子に日傘に長袖カーデガンに長ズボンにと完全防備で外にでますが、
    逆に暑くてぶっ倒れる日が近そうです。

  5. Sallyさん、もうヂリヂリと焼けてしまいましたよ。下手をすると日射病になりますよね、ここの日差し。
    丁度雨期に入ったので、今、芝の種をまけばあまり水やりしなくて良いと思って、突貫工事でやりました。
    水まきしながらの作業だったので、時々ホースの水を頭からかけてましたよ。

    全長150mの刈り込み、大変そうですね。日本の蒸し暑い夏、それにヤブ蚊の襲撃とかもありそう。
    休日の早朝、一気にやってしまうしか無いですね。切った枝を集めるくらいなら、お子さんに手伝ってもらえるんじゃないですか。

  6. Mmi☆Kiraさん、上手く行けば、来年には青い芝生が広がる筈。でも苦労して育てた芝生、上に寝ッ転がったりしたら、
    「うわー、やめーろー、芝生が痛む!」
    とか言ってたりして。。。。。芝生にする意味ないか。

    赤くなってしまう日焼けも困りますが、でもいつまでも色白が保てて良いじゃないですか。
    しかし、真夏に長袖なんて着て外に出るのは大変ですね。体温調節機能が狂ってしまいそう。

    ちなみにこの時の日焼け、すでに皮がボロボロと剥けています。
    こういう状態になると、喜んで皮を剥きたがるのが必ず居るわけで。。。

コメントは停止中です。