iTuneの音楽をMacBookからWindowsへ移動

MacBookにてんこもりで入っている30GB分音楽ファイルを、新しく買ったVAIO Zへ移動。さて、どうするか。

というほど大げさな話でもなく、MacOSにはWindowsとファイル共有する機能があります(Samba)。MacBook上で共有スタート、これだけでWindowsからMacBookの中身を見る事ができました。後は簡単、MacのiTunes MusicフォルダーをそのままWindowsの音楽フォルダにコピーすれば良いだけ。。。。のはず…

そう、事はそう簡単に進まなかった。フォルダーそのままドラッグ/ドロップすると、Windows君、途中で仕事を拒否。ファイルサイズが大きすぎるのか。

やむなく、サブディレクトリ毎に手作業コピー(シンクロさせるソフトでも使えばいいんですけど)。うーん、めんどくさい。しかもVista君、たびたび僕に警告を発してくれます。ファイル名が長過ぎ。Windowsって全然使わないので知らなかったんですけど、ファイル名の長さ制限、厳しいんですね。なんか、MS-DOSの頃から進歩してない様な…

やむなくやむなく、警告が出る度に、手作業でファイル名を短くしてやり直し。うーん、めんどくさい。

なんとか全ファイルコピー終了。あとは、iPod nano用に作っているプレイリストを移動。Mac上のiTuneでリストを書き出し、Win上のiTuneで読み込む。。。。。読み込めませんでした

読み込めないのなら、諦めもつく。でもですね、読み込んでるんですよ。で、部分的に欠けている。あー、めんどくさい。

やむなくやむ…あぁもういいや。とにかく、画面上で2つのiTuneのリストを比較。ようやく分かったのが、どうやら曲のファイル名に特殊文字が含まれていて、それがWindows上のiTuneで読めなかったということらしい。そうならそうと、そーゆーメッセージを出して欲しいです。えっと、どっちに文句言ったらいいんだろ。Apple ? Microsoft ?

どうでもいいけど、iTuneをダウンロードするのに、抱き合わせでSafariまで押し付けようとするのは止めて欲しいです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “iTuneの音楽をMacBookからWindowsへ移動”

  1. Macって使ったことがないんですが、
    コピーはドラッグ&ドロップで出来るんですか?
    知らなかった・・・すごすぎる!
    どうして皆ウィンドウズを使っているんだろう?
    ウィンドウズの優れている点は何ですか?

    ちなみにその昔、Macはマクドナルド
    ドラッグ&ドロップはヤクとアメかと・・・。

  2. Chieさん,Macのそういう操作性って,直感的に理解しやすいのが利点ですね.たまに冗談半分に「こんなんできたりしてー」とかマウスでぐりぐりやってると,ほんとそのまんま動いたり.
    Windowsの方が選択肢は多いですね.ノートパソコンにしろ,ソフトにしろ.よく,日本製WindowsパソコンでMacOSが動くならそれが最高なんて言う人もいます.自分的には,どっちもおんなじという印象.

コメントは停止中です。