Trader Joe’s の商品をいくつか

在米日本人の間ではしばしばトレジョと省略されるスーパーマーケット Trader Joe’s には,プライベートブランドとでも呼ぶんでしょうか,オリジナル商品が多く売られています.でもよく見ると...

Trader Joe kung pao

これはタイ風インスタントヌードル.よく見るとJoeがこっそりMingさんに変えられております.



Trader Joe tofu

こちらは豆腐.日本風に「Trader Joeさん」.

他にもオリーブオイルのブランド名が,Trader Giottoのようにイタリア風になっていたりします.



Trader Joe oat cookies

で,本題とはまるで関係ないのですが,TJの新商品棚にあったオーツ麦クッキー.これは久々のヒット.あっという間に無くなってしまい,翌々日にまた買いに行ったほど(一人で食べてしまったんじゃないよ!).

Made in Germany となっていますが,Trader Joeのままですね.ドイツだと何かな.Josef ? ヨーゼフか…


で,また本題に戻るんですが,一番うえのKung Pao,ジャージャー麺のようで,見た目は少々グロいです.でも味は◯.これもまた買ってきたい商品.

箱側面に作り方が書いてありますが,要はビニール袋に入った麺とソースを全部箱に移し変えてレンジでチンするだけ...と勝手に解釈.インストラクションは斜め読み.

separate a forkとあったので,フォークを取り出すんだな,でも箱の中を探すも,それらしきものはありません.ま,アメリカの商品ではよくあること.入れ忘れたんでしょう.

そのままレンジでチンしたものの,麺がくっついて固まりになっています.食べにくいなぁ...なんか作り方,間違ったのかな.もう一度インストラクションを丁寧に読むと,

「チンする前に,麺をフォークで(with)、ほぐせ(separate)」

with を見落としておりました.ちゃんちゃん.

6 thoughts on “Trader Joe’s の商品をいくつか”

  1. いや、フォークが溶けて麺がくっ付いたんですよ。

    アミーゴだとトレホー。
    インド人だと、トレイダル・・・(←しつこい)

  2. 斜め読みではなく、次回は真っ直ぐに読んでみては如何でしょうか?

  3. lce2さん,それは今話題のCCカップリングですね!
    CCガールズじゃないんですね!
    ちなみにイタリアンだったら,トレッジョーノ!

  4. 頭の回転が鈍くて一昼夜考えていました。
    プライベートブランドだから、本家本元のパッケージを
    ちょっぴり変えているってことでしょうか。
    微妙~な変化。気づかない人もいそうですね。

    最後のオーツ麦クッキー、大当たりでしたか。美味しそうです。
    ホイップクリームたっぷり乗せたミルクココアに浸して食べる
    クッキーなんですねぇ。てことは甘さ控えめ?

  5. ポージィさん,説明が少なくてすみません.分かりにくかったですね.そう,微妙な変化なんです.実際に知らなかったという人が多いですよ.

    このクッキー,ちょっと生地がほろ苦くて美味しいです.甘さ控えめ...かなあ...アメリカの普通の激甘クッキーとは違いますね.でも日本で言う「甘さ控えめ」も違うかも.

コメントは停止中です。