瞬間停電

先進国中、日本の年間平均停電時間は9分。一方、合衆国は73分なんだそうです。この地域では、雷雨とともに停電することが年に数度あります。統計を見た訳じゃありませんが、ここの停電時間は絶対に平均より高いはず。年に一度は数時間真っ暗闇という事がありますから。

ここ数日も何度かありました。夜中、人が寝静まっている時にあると、翌朝、電子レンジのタイマーがチカチカ点滅していて、停電があったことがわかります。でもここ数日の停電は、まさに瞬間停電。家で昼ごはんを食べていると、突然、居間に置いてあるサーバから再起動の音。あれ?っと台所のiMacを見れば、しっかり落ちてます。でも、電子レンジのタイマーはそのまま。コンピュータだけが見事に落ちました。

その後、職場のメールで、どうやら瞬停は人災だったらしいことが判明しましたが、半ば慣れてしまったので気にもなりません。

停電に備えて、懐中電灯をベッドのそばに置いています。それと、ロウソク。もともとキャンドルを良く使うお国柄だし、夕食時にキャンドルというのも雰囲気が良いので、我が家にも常備してあります。洋画で、嵐の夜に停電、キャンドルに火を灯し、ギシギシきしむ階段を一歩一歩上っていくシーンは、あながち誇張では無い。日本だと、仏壇のロウソクになりますね。それはそれで恐いかも。

この一週間、職場でのコンピュータ作業中、頻繁にデータを保存する癖が付いてしまいました。良く落ちることで定評のある某社ソフトウェアを使ってる皆さんは、ひと文章書くたびに保存しておられるようですが、まさにあの心境です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

2 thoughts on “瞬間停電”

  1. こちらも雷雨がバリバリッドッカーン!
    ゲリラ雨(と名付いたようです)が突然ザバーッ!!
    年々すごいことになってきました。
    東京全部が停電することはないですが、
    落ちた場所が悪いと電車が止まり大騒ぎになります。

    まさか家へ落ちないだろうね・・・多分・・。

  2. Chieさん、そちらのニュースが伝わってきますが、ものすごい局所的豪雨があったらしいですね。外出する時は、金属を身に付けないようにしましょう。
    東京の落雷は、大丈夫でしょう。なんと言っても高さ333mの避雷針があるんですから。あとは、年中ぴりぴりしている国会あたりに落ちやすいかも。

コメントは停止中です。