WALL・E

LEGO Wall-E

木曜夕食時、子供らに「週末、WALL・E観に行きたい?」と聞いたら、かみさんが「あれ、もう終わっちゃったよ」

あわててローカル新聞を見てみると、どうやら今日が上映最終日。7時10分からのなら観に行ける。あと30分足らず。大慌てて食事を済ませて、映画館へ急ぎました。こういう時に映画館が近いのは便利。車で3分です。まあ「こんな時」なんて滅多にありませんが。

以下、ネタバレ注意

WALL・Eは、Ratatouille以来のPIXARの新作です。まあファミリー向けの娯楽映画ですが、オタク度が高い人には、かなり笑える作品。ゴミ収集ロボットWALL-Eが太陽電池で充電完了するシーン。ジャーンって、おいMacOSで動いてるのかよ。というか、あの音はまだMacintoshだった頃の起動音のような…

方や、最新鋭スタイリッシュなロボットEVE。全てのボタンを表面から取り去り、操作は全てタッチパネル。クリオネの様な一見優しそうな外見ながら、実は超高性能。これってもしかしてiPhoneの進化型か?

全編にちりばめられた「2001年宇宙の旅」のパロディも、知ってるとかなり笑えます。宇宙船の外に放り出される。命からがら船内に再侵入する。Autoという名のコンピュータが極秘のミッションに基づいて叛乱したり、そのコンピュータの「目」がHAL9000そのまんまだったり、最後、船長から無理矢理手動に切り替えられたり…

とどめは船長が立ち上がるシーン。700年もの間、低重力環境で過ごして来た人たちは、立ち上がることすらままならない体。コンピュータの叛乱に立ち向かう船長は、ついに二本の足で立ち上がり…、そう、こんなシーンにピタリと嵌まる音楽は、もうこれしかありません。R.Strauss 「ツァラトゥストラはかく語りき」。映画館内、大爆笑でした。

それにしても、WALL・Eの、あの垂れた目。昔のBill Gatesの眼鏡顔を彷彿とさせるのは、考え過ぎでしょうか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「WALL・E」への8件のフィードバック

  1. そちらではもう終わってしまったんですね。イギリスでは公開されたばかりです。
    それにしても、しっかり者の奥様がいてよかったですね。

    レゴのウォーリーの隣にいるのは、Autoのアシスタントをしていたロボットでしょうか?

  2. こないだラタトゥイユつくりましたよ。最初にニンニクをいれすぎて胃かしばらく重かったです。パプリカはラタトゥイユにはかかせませんね。えっ?料理の噺じゃねいって・・・

  3. Yukiさん、辛うじて観る事ができました。見逃してたら、DVDが出るのを待たないといけませんでしたね。
    LEGOのちっちゃいほうは、息子が作ったちっちゃいWALL-Eです。ちゃんとお腹が開いて、中に花が入っています。

  4. とくさん、こちらのスーパーでは、パプリカと並んでハラペーニョやらグリーンチリが売られているので、ラタトゥイユを食べるのも命がけです。

  5. パプリカもパラペーニョもみな品種ですもんね。なんせ手軽なはずなのに凝ってつくると時間がかかります。あっとラタトゥイユのお話です。

  6. ラタトゥイユって「つまらない食べ物」とか
    「軍隊の料理」とかって意味なんだそうですね。
    どうしてそんな名前を・・・
    野菜を沢山食べられてとても美味しいのに。

  7. とくさん、シンプルなもの程奥が深いのですよ。インスタントラーメンだって、具に拘ると時間がかかります。

  8. Chieさん、ラタトゥイユってこっちじゃネズミ(ラット)が作る料理としてすっかり定着してしまいました。美味しいですよね、僕も好きです。

コメントは停止中です。