Rosetta Stoneでフランス語

Rosetta Stone

年に1,2度はフランス出張があるのに、フランス語は全くダメ。以前から、簡単な会話ぐらいはできるようになりたいと思っており、仏語会話の本なんか読んでいたんですが、やはり言語の独学は難しい。そもそもフランス語って書いた通りに読まないじゃん!

文句言っても始まらないので、意を決して、以前から気になっていたRosetta Stoneというのを買ってきました。$450なり。結構なお値段なので、途中で投げ出したりせずに、やり通せるはず!

いえいえ、分かってますとも。言語学習を途中でギブアップするのに、かかったお金は関係ないって。ダイエットと同じですよね(え、違うって?)。まあ自分だけでやれば中断してしまうのは火を見るより明らかなので、今回は家族をそそのかして、子供らと一緒に学習することにしました。

このソフト、全くテキスト無しで、発音と単語を写真で結びつけて覚えるというもの。例えばLes femmeと表示され、それをコンピュータが読み上げると、それに該当する写真を選ぶ。あるいは自分で発声する。この発音が曲者で、何度言い直しても、中々OKを出してもらえません。自分ではお手本通り発音しているつもりなんですが。

で、何度も繰り返し発音するのが、だんだんゲームじみてきました。今まで(やり始めて二日目だけど)一番発音が難しかったのがpoisson。毒ちゃいますよ、お魚さんです。ぷぁぞん、ポアゾーン、ぷぅあずぉん、Puαっぞん…何度発音を試しても、Rosettaちゃん、非情にダメ出しします。

と、そこへ、子供が後ろから一言「プァゾン」。ぴんぽーん。なんでやねん。

ところでこの教材、日本ではRosettaWorldという名前で売られてるみたいです。7万円もするようですが、中身は絶対に同じもの。だってこれアメリカで購入したのに、利用者の言語環境を見てるのか、インストールから使用説明まで勝手に日本語になってました。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “Rosetta Stoneでフランス語”

  1. フランス語って母音がたくさんあるので、難しいですよね。母音が「あいうえお」しかない日本語で育った大人にとって、外国語で使われる母音を聞き取ったり、発音したりするのは大変なことです。私なんか、英語でも苦労しています。

    フランス語って東北弁に似てるって言いますよね。ここはひとつ、東北弁を話す感じでトライしてみてはいかがでしょうか?

  2. Yukiさん、フランス語の発音、難しいですね。なにか微妙な発音の違いがあるんでしょうね。なるほど東北弁ですか。うーむ、ではまず東北弁の練習から始めねば。

  3. フランス語ですか!私も一度フランスに行って,フランス語が話せたらなぁ~なんてはかない願望を抱いたものですが,言語習得というのは一筋縄ではいかないものです.特に中年になった今,頭がだんだん硬化してきていますから,単語の定着率も発音も大きなチャレンジです(苦笑).ここは管理人さん,お父さんの意地を見せて子供さんたちに負けないように頑張ってください.

    先日日本の新聞記事で,世界の(あるいはヨーロッパだったかもしれません)ホテルが選んだ一番の外国人客は日本人というのが出ていました.文句を言わないできれいに部屋を使うというのがその理由.まず文句を言えるだけの言語力があるか・波風を立てるのが好きでない国民性,この二つがすぐ私の頭に浮かんできたのですけど(笑).ちなみにアメリカ人は文句は言うけれど(英語が通じなくても強引に言ってきそうな雰囲気ありますよね~笑)一番お金を落として行ってくれるとか.とにかく訪問先の国の言語が理解できれば滞在が何倍も楽しくなるのは当然ですよね.

  4. Esperanzaさん、ここに住んでいるとスペイン語の方が役立ちそうではありますけどね。この歳で外国語習得は、絶対に子供には敵いません。始めて3日目ですが、すでに周回遅れになりつつあります。

    その記事、何かで読みましたよ。きれいに使うというのは、絶対に正しいと思います。ホテルだけでなく、空港とかそういう公共の場所も、日本人は(他国民に比べて)きれいに使いますよね。まあ、言語の問題もあるし、ややこしいことは避けてしまう国民性もありますね。

    外国出張するなら、少しでも当地の言葉が分かりたいと思うんです。別に喋れなくても良いから、せめて書いてある事が分かる程度に。気分が数倍楽ですよ。

  5. フランス語のお勉強楽しそうですね。確かに、レストラン等でのメニューやお店の看板や道路の標識やせめて書いてあることが理解出来るとホント旅も百倍楽しめそうですよね。BUT,LiLA管理人様は十分問題なさそうに見えますが、極められるにこしたことはありませんものね。
    私達夫婦も昨年渡仏前に2、3ヶ月ほど未知のフランス語学習?もどきことを独学でやってみました。短期間で色々と覚えられるはずもありません。まずはフランス語にアレルギー反応を起こさないように耳ならし。最初の1ヶ月は家中や車中、朝から晩迄フランス語が流れ、翌月は、TVやラジオ講座のテキスト片手(実は、鍋とかフライ返しとか)に。翌々月は簡単な海外旅行に最低限必要な会話の練習を。
    そしていざ本場へ。その成果は?いやぁー、最初だけ通じても相手が話していることがわかっても後が続きません。英語、西語やボディー語を混ぜての会話でございました。いつも行っていたスーパーのお惣菜コーナの店員さんは、私の良いフランス語の先生。私が正しい発音や言葉を覚えて話せる迄買いたいお惣菜を渡してくれなかったり。パン屋さんでも。。。そんなこともありましたっけね。

  6. いたずらリスさん、さすが!そこまで準備されておりましたか。3ヶ月間のフランス語漬け、さぞや耳が慣れていたでしょうね。おまけに現地でネイティブトレーニングとは。是非もう一度仏国を訪ねて、今度は数ヶ月滞在してみてください。きっとあっという間に話せるようになりますよ。
    旅行するなら、やっぱり現地の言葉が少しでも分かる方が良いですよね。相手が全く理解してなくても、「英語は世界共通語だぞ」と言わんばかりに英語で押し通す某国民のようにはなりたくないものです。

コメントは停止中です。