冷房効き過ぎ

何時も不思議に思うのが、アメリカ人の寒さ好き。飛行機に乗っても、会議に出ても、冷房が効き過ぎです。どんなに暑い日でも、部屋の中は寒過ぎで、上着が必要なことも。

エアーラインによるかもしれませんが、飛行機は特に寒くて、ブランケットが必需品。日本に帰国する時、例えばJALやANAならそんなことはありません。でもUnitedとかAmericanだと、絶対に上着を持参します。でないと、風邪を引いてしまいそう。先日乗ったUnited機なんて、椅子の下から冷たい風が流れてきて避けようがありませんでした。

今日も今日とて、半袖シャツの上にジャケットひっかけて仕事です。自分のオフィスなら好きなように温度調整できますが、他の場所だと自己防衛するしかない。エアコンが唸り始める度にジャケットを着て、止まれば脱ぐ。この繰り返し。

6 thoughts on “冷房効き過ぎ”

  1. 私は極度の冷え性なので、JALやANAでもジャケットは必須で、セーターや帽子やマフラーを使うこともあります。一人で越冬状態です。これでUnitedやAmericanなんかに乗ったら、ダウンジャケットなんかが必要になりそう。想像するだけで怖いです。

  2. 暑がりの私にはJALは暑かったり(笑)。
    国際便に乗る時は、北側の窓際を選びます。 特にアメリカから日本へ戻る時はずっと日が出ているので。

    そうそう、JALとAmericanで違ったのが内部の気圧。 Americanの方が気圧が低くて2100m程度の気圧と同じくらい、JALは大体1600mくらいです。 なのでAmericanの方が乾燥しやすいと思います。

    映画館とかは結構寒い事が多いですね~、日本の映画館は暑いですけど・・・。

    やはり私はアメリカ人体質になっちゃってるんでしょうか・・・。

  3. Yukiさん,飛行機の中って冷えますもんね.JALとかはそれほどでも無いと思ってたんですが,それで寒いとなると絶対にアメリカのエアーラインは乗れませんよ.ストーブ持参かも.

  4. Mooseさん,なんと日光まで考慮して席を決めるとは.機体が温まると余計に暑く感じるんでしょうか.かなりアメリカ人体質になってますね.
    そうそう,映画館,寒いんですよね.こないだも息子と映画を観に行った時に,寒いからジャケット着ていきなさいなんて会話してたところです.変な話ですよね.

  5. 今年の夏から(東京の)デパートでは28℃にしか冷やさないと聞きました。
    食料品と化粧品の売り場だけが例外だそうです。
    28℃ねー・・・
    けっこう暑いと思うんだけど、
    まっいいや、秋になってから行けば。

  6. Chieさん、デパートと言えば、真夏の暑い日に涼を求めて飛び込み、ついでにトイレを借りる場所なんですが、そうも行かなくなりますねー。あ、一階化粧品売り場は、まだ冷えてるんですかね。冬になると、今度は暖房入れないとか言いだすんでしょうねぃ。

コメントは停止中です。