大きな買い物

月曜夜、ネタは読者にそっぽ向かれがちな変な音楽ネタ。今日の話題は二日前に決めていたので、特に考える必要もありません…となる筈でした。

実はピアノを買ったのです。長年のアパート暮らし、アクースティックピアノなんぞ望むすべも無く、ずっとクラビノーバで我慢していました。でも子供のレッスンのためにも、本物のピアノが欲しい。Los Alamosのキャニオンに飛び降りるつもりで150km離れた町Albuquerqueの楽器屋に足を運んだのは、今年の1月のこと。

この楽器屋さんは、New Mexico唯一のヤマハの代理店。色々と試弾して何とか希望を一種類に絞ったものの、少々(かなり?)予算オーバーです。店で散々悩んだものの、今買うと生活を圧迫するという理由で、購入を延期しました。

時は流れて今月初め。少し溜まった貯金を頼りに、小切手帳を手に再び
Albuquerqueの店へと出陣しました。今回は絶対に買うぞ、との決意とともに。店に到着すると…

倒産していました (涙)

仕切り直しです。ピアノに詳しい知り合いから、Albuquerqueの別の店を教えてもらい、そこを訪ねたのが、先週の土曜日。ここは河合とSteinwayを扱っています。とーぜんSteinwayなんて手がでませんので、自ずとターゲットを河合に絞ってピアノを選びました。

先日、ヤマハで選んだのと、ほぼ同レベルのピアノがあったので、それに決定。支払いを済ませ、配達日を月曜日に指定して、意気揚々とLos Alamosに引き揚げて来たのでした。月曜日のblogネタとしてピアノ。新しいピアノの写真がどーんと出た記事になるはず。

でもでもここはアメリカ。やっぱり普通に事は進みません。午後、楽器屋と契約している運送屋から電話あり。

「今日、ピアノをそちらに配達することになってたわよねー」
「うん、で、何時頃持って来るの?」
「それがさぁ、配達の日、間違って来週の月曜日に入れちゃったのよねぇ」

でたでた。またこのパターン。でも、もう怒ったりしませんよ。笑ってます。

「ははは、そりゃ困った。で、今日は持ってこないわけね」
「えぇ、トラックがコロラドに行ってるから無理ねぇ。来週月曜でもいい?」
ダメ!
「でもどうしようも無いのよ」
「今週、いつなら配達できるの?」
「えーっと、金曜日の午後ね」
「じゃあいいよ、それで。って言うか、選択の余地無いんだろ」
「無いわねぇ。。。」

敬語の無い英語を意訳してますけど、電話での会話、まさにこんな感じです。先方のミスでも全然悪びれる風でもなく、「仕方ないわねぇ」だもんね。でも、怒ったりするだけエネルギーの無駄。こっちも「またかよ、仕方ないなぁ」…

というわけで、新しいピアノの話題は来週に持ち越しです。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「大きな買い物」への14件のフィードバック

  1.  Pianoですか。我家の娘は家内が小学校1年生位の時、買ってもらった河合製のピアノを使っています。家内の実家の横に家を建てたので、Piano購入にかかった費用は若干の移動費のみでした。周囲は、芋畑(この辺りの名産は、「乾燥イモ」といい、専用の種類のイモを蒸かした後にスライスし、天日干ししたものです。)のため、娘は好きな時間にピアノを弾くことができます。これだけは田舎の特権でしょうか?家自体の遮音性もそれなりにはありますが、二階で娘が弾くピアノの音が聞こえるのは隣の爺、婆だけでしょう。昨晩も確か10時過ぎに弾いていたと思います。

  2. ピアノを購入されたのですね〜!!楽しみですね〜!!
    しかし、安心して下さい、日本でも同じようなことがありますから!
    私も新しいピアノを買ってもらい、ようやくピアノが来るっていう日、私が学校にいっている間にピアノが入るっていうものだから、嬉しすぎて慌てて走って家に帰ったというのに、しかもこの上ない笑顔で部屋のドアをあけたというのに、ピアノありませんでしたから。一応ピアノは家まで運ばれてはいたものの、何か業者さんの手違いがあったらしい。
    ま、何はともあれ一応家までは来てくれていたというところが日本でしょうか・・・
    新しいピアノネタ、待ってますので・・・♪

  3. やったーー!と言いたいところで肩すかし、お約束ですね。ホントこういうことでガッカリしなくなりますね。
    免疫というんでしょうか。

    でもピアノは届くまでと、来て1ヶ月くらいが一番嬉しかったなあ。今は横目で「ああ、練習しなくちゃ上達しない…」と煩悩のカタマリになってます。←ラフマニノフ「楽興の時No.4」譜読み中

    あの、sallyさんってもしかしてLila管理人さんが先日何度も行かれた海沿いの町の方でしょうか。だとしたら、私も隣町に住んでましたー。乾燥イモといったらあの辺しかないですよね。

  4. Sallyさんちには最初からピアノがあったんですね。僕も子供の頃練習に使っていたのが
    まだ日本にあり、運送しようかとちょっとだけ考えたことがあります。古いピアノですが、
    ある種のノスタルジーですね。でも運送の見積もりを聞いて止めました。New Nexicoまで
    船便で50万円だそうです。
    アメリカとはいえ、この町は結構狭い土地に密集しているので、10時にピアノを弾くのは
    近所迷惑かも。古くなってしまった電子ピアノ、当初は人にあげるつもりでしたが、
    夜間練習用に取っておこうかと考えています。
    そこの名産の乾燥芋って、知りませんでした。納豆なら、家族が好きなので時々買ってましたけど。
    でも自分(九州人)は納豆嫌い。

  5. TAMAさんも免疫できてますか?いちいち目くじら立ててたら、切りがないですもんね。
    先日、地元の弦楽奏者たちとピアノ五重奏をやったんですが、こういう機会があると真面目に練習しますね、やっぱり。
    TAMAさんも、発表会でラフマニノフを演奏しないと。

    乾燥芋の町、もしかすると隣どころか全く同じ町だったりして。

  6. hiroさん、
    もう何事も無いと良いんですけどね。一つ心配は椅子。子供用に高さを調整できる椅子を頼んだんです。
    店のおばさんは「探しとくわ」と言ってましたけど、どうなることやら。

    この町に調律師はいないでしょうねぇ。。。でもピアノ持っている家は多いし、
    New Mexico大学ではピアノのクラスもあるみたいなので、多分Santa Feあたりから
    来るんだと思います。

  7. Mim☆iKiraさん、やっぱり新しいピアノが家に来るって、うれしいもんですね。
    それだけに、あるはずのピアノが無かったらがっかり。。。

    アメリカでは、こんな事は日常茶飯事です。先日、業者に網戸の取り付けを頼んだところ、
    朝の11時から12時の間に来るとの連絡。こういう時は、良くて午後遅く、運が悪けりゃ
    すっぽかされるのが普通。大げさじゃないですよ。僕は運送屋に引っ越しをすっぽかされました。

    ところがなんとこの網戸業者、時間通りに来たのです。もう驚いたのなんのって。。。

  8. ピアノご購入おめでとうございます!
    ・・・の台詞は無事実物が届くまでお預けにさせていただきます。

    ちかくに調律師さんはおられるのですか?

  9. 納豆はきらいですか?
    学生時代は生協の食堂で定食に納豆を追加して食べていました。
    娘の離乳食にも納豆は欠かせず、アルバカーキまで冷凍納豆を買いに行ったものです。
    九州人或いは関西人=納豆駄目な人、とは必ずしも言えないですから・・・・。
    TAMAさんはこのあたりの出身ですか?
    私は、20数年前に初めて乾燥イモを干しているようすを見て大変驚きました。というのも厳冬期の早朝に畑から湯気が上がっているんですから。最初は、畑の真ん中で魚でも干しているのか?と思いましたよ。
    因みに我が家は、海浜公園の観覧車に乗ると見えますよ!

  10. Sallyさん、元我が家ももしかしたら観覧車から見えたかもしれません。出身ではないのですが、10年以上住んでいました。日本で一番懐かしい場所です。

    納豆はさすがに充実していますよね。そこに住んでいる間に納豆がなくてはいられない体になってしまい、こちらでは定期的に納豆手作りしています。

    社宅の奥さん達は大勢乾燥イモ農家へパートに行っていました。ローカルな話題ですねえ。

  11. Sallyさん、あたしゃ納豆は苦手です。子供の頃も、納豆が食卓にあがる事は無かったですよ。
    多分、大学生になるまでは、一度も食べた事ないですね。
    今は家族が食べるので、A1 shopとかで買いだめしてますけど、自分は手を出さないです。
    Los Alamosのスーパーにも最近は置いてあったりするんですが、一度買って中が猛烈に腐ってて、それ以来買ってません。

    乾燥芋の話を聞いて、Los Alamosだったらあっと言う間に乾燥するだろうから、作ってみようか、と家内と話してました。
    でも、天日にあててたら乾燥する前にリスに取られそうなので、やめました。

  12. 乾燥芋ですね、今度あっちに行く事があったら探してみよう。多分、来年だと思うけど。

    すでに腐っている納豆が猛烈に腐っていることの判別ですか。簡単ですよ。色!
    だって緑色の納豆は無いでしょう、やっぱり。(黴びているとも言う)。

    ここの町って崖の上にあるので、家が建てられる土地は限られてるんですよ。
    3000mの山とNative Americanの土地に挟まれた地域に家が並んでるので、
    アメリカにしては密集してます。隣近所でパーティーやってると、声が聞こえて来ますね。

  13. すすすスミマセン>管理人どの
    でもね、地元の乾燥イモはホントに美味しいんですってば。
    スーパーで売ってるのとは全然違うんですよ。次回当地にお出かけの際は是非ともご賞味くださいまし。

    ところで納豆の「猛烈に腐ってる」のってどうやって判断するんですか?興味津々。

    ええとええと、話を本題に戻しますが、家同士が近い、というのはちょっと意外な気がしました。
    うちのあたりでもたぶん10時過ぎのピアノ、OKです(家の中の問題があるのでやったことはないですが)。
    なんだかそろそろ真剣にピアノの練習をしなければならなくなりそうな予感。調律も頼まなくては。
    (うちの方は田舎だけどよい音楽学校があるせいか、調律師さんには事欠かないようです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください