話し続ける人達と,変なハンバーガー

Seine, Ile Ssaint-German

Atlanta空港にて.搭乗までの2時間を潰そうと,空いた椅子に座ってパソコンを広げた瞬間,背後に携帯で話す声.中国語のようです.

あ,やばいな,と頭の中に微かに点灯した黄色いランプ.案の定,ずーっと話し続けています.不思議なのは,電話なんだから双方向の対話の筈.なのにずーっと喋り続けているんです.これは会話なのか(電話演説?).

気になるとは言え公共の施設内での事,文句は言えません.この場所を選んだのは自分だし.仕方無く文章を書き続けていると,隣に若者グループがやってきました.

うるさかったら嫌だなと黄色ランプが光度を増した瞬間,皆が喋り始めました.なんと,

いたりあーの!

全員同時に喋るなー!


Parisの小さなバーでビールを飲みながら,ついでに食事をしてしまうかと,メニューにあったハンバーガーを注文しました.こんなところでアメリカ人みたいなことしてますが,メニューがフランス語のみで,理解不能だったんだもん.

French style Hamburger

出てきたものが,これ.

これは…ハンバーガーなんですか???

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

18 thoughts on “話し続ける人達と,変なハンバーガー”

  1. 茶色いかたまりはビーフですかね、それでおいくらですか?
    うちの朝ごはんの方がもっと丁寧ですよ。
    野菜もフルーツも食べなきゃ~。

  2. ご気分お察し申し上げます。非常によぉ〜くその気持ちが手に取るようにわかります。
    御愁傷様でございます。五月蝿く(?)、いや失礼。賑やかにすることが、運を呼び込むという伝説があるらしひです。ただし、いたりあ〜のに関しては知らんですぞ。

  3. ちろこさん,茶色いかたまりはビーフなんですが,ミンチのような,もっと粒が大きいような微妙な肉でした.少なくともハンバーグじゃ無かったですね.これでたしか8Euroくらいだったと思います.
    ほんと,こちらで外食を続けると,野菜が足りなくなりがちなんですよ.昨晩は頑張ってサラダのみにしました.あ,プラス赤ワインね.でもサラダに赤ワインはちょっと合わなかったなあ....(意地でも飲む)

  4. いたずらリスさん,賑やかなことが運を呼び込む,なるほどねー.そりゃもう賑やかにするしか無いですね.こちらも負けずに,賑やかに独り言するべきだったのでしょうか.

  5. ハンブルクステーキのヌヴェルキュイジンヌじゃないですか。いいねえ。

  6. この皿からフレンチフライを取り除いたら、
    あまりにもわびしい一皿です。
    つまりこれは「フレンチフライの目玉焼き添えミンチ飾り」です。

  7. 似ている・・・。
    私も公共の場所に於ける黄色信号の点灯回数には自信ありです!

    この黄身の焼き加減、流石はおフランスですね。
    おっ!卵焼きの下はチョコフレークかな?

  8. 私はいつも斜め後ろの席に運がありません。飛行機でも劇場でも、黄色どころか赤ランプつきっぱなし。一度その斜め後ろのオヤジが私の隣の席(たまたま空いてた)の背もたれに靴脱いだ足をどかんと載せてきたときは、さすがにケンカになりました。
    あれ、何の話だっけ。

    そうそう、ハンバーガーって、牛の挽き肉のこと、そのものを言ったりしませんでしたっけ?

  9. もうずーっと前ですが、ハウステンボスのあるアトラクションの
    建物に入ったときのことを思い出しちゃいました。
    ショーが始まる前から始まってからも終わってからも延々と
    ぺちゃくちゃぺちゃくちゃおしゃべりし通しでうるさくて
    閉口した近隣のお国のグループさんのこと。
    ショーの間くらい黙らんかい!と言いたかったですけど、
    言葉を知らないので諦めました。知ってても黙って我慢したと思いますが。

    ハンバーガー って注文してこれが出てきたらしばし目が点ですね。
    アメリカのハンバーガーとはずいぶんな違い。
    ハンバーグ・ステーキと考えればいいのかしら。
    目玉焼きの下にはひき肉の円形ステーキがかくれんぼしてました?

  10. そう、中国の方はなぜか電話で途切れなくお話になるのです。
    もし電話の相手が黙って聞いているとすると、確率的には
    二人に一人は電話片手に黙々と耳を傾ける姿を目にするはずですが、
    電話口で沈黙する中国人は見たことがないのです。ということは、
    みんな相手が喋っているにも関わらず話し続けているって
    ことですよね。かなりタフなコミュニケーションのはずですが、
    ここに中国の外交力の基礎があるんでしょうか。

  11. lce2さん,黄色信号ご愛用でしたか.あれは本当に参りますね.なるべく安全なポジションを確保するように心がけないと.

    チョコフレーク目玉焼き,そりゃもうぬーべるきゅいじいぬ.

  12. TAMAさん,臭い足を隣にドカンとやられたら,そりゃ文句言わないといけません.それとも対抗して,自分も靴を脱いで,後ろの背もたれの上にドカンと乗せてしまいましょうか.どういう姿勢になってるのか,ちと想像できませんけど.
    え,ハンバーガーってそのものを指すことがあるんですか.なるほど,それならこの料理ですね.でもハンバーガーって言われると,パンに挟まってないと何だか落ち着かないです.

  13. ポージィさん,もう文化の差というか,それでもこちらが我慢するのは何だか納得行かないですよね.せめてショーの開催者が「上映中の私語はお控えください」のアナウンスを数カ国語でやってくれたらいいんですが.
    目玉焼きの下のもの,ハンバーグステーキと言うには,ぼろぼろとこわれてるんですよ.ひき肉を半端に焼いたようなものです.付け合せに出てきたフランスパンに,自分で挟め,ということなんですかね.

  14. Hiroさん,通信技術で言うところの「全二重」ですね.喋りながら同時に聞く.そりゃタフです.管楽器奏者の技に,口で吹きながら鼻から吸うというのがありますが,あれに匹敵するかも.外交でも発言力二倍ですね.でも本当に,他の人の言う事を聞いているんだろうか.

  15. 私も中国の方が機関銃のように話をされるのをよく耳にします。いつも怒っているか喧嘩しているように見えるのは気のせいでしょうか、、、、。

    後、経験からですが、ぶらじりあん もやかましいです。ひっきりなしにしゃべります。ラテン系はみんなそんな感じですかね?

    そして、謎のハンバーガー。英語でミンチ肉のことをハンバーガーともいうので、そういう意味の「ハンバーガー」なのかなと思いましたが、本当に申し訳ない程度にしか乗ってませんね。まるで付け合わせ。わざわざメニューにハンバーガーと書くくらいなら、、、と思うんですが、管理人さんがオーダーしたとき、たまたま材料が足りなくて目玉焼きで誤摩化そうとしたとか?????

  16. ちびさん,おーやっぱりTAMAさん案で正解だったんですかね.目玉焼きが増量剤だった...うん,あるかもしれません.取り敢えず,芋だけは大量に添えられていました.

    以前何かに書いてあったちょっと信憑性の薄い説に,中国は今,高層ビル建設がラッシュでどこでも工事中,なので大きな声を出さないと騒音にかき消されてしまう,というのがありました.
    ラテン系は一般にその傾向ありますよね.日本のラテンと言われている関西系も??

コメントは停止中です。