30畳の一夜

ごく普通の二人はごく普通の恋をし,ごく普通の結婚をしました.ただ一つ違っていたのは,旦那様は理系オタクだったのです.二人が新婚旅行の温泉旅館で通された部屋,そこは大宴会場.


「すごーい,こんなに広い部屋に泊まるの初めてよ.30畳くらいありそうね」
「くらいなんて言わなくても,簡単に計算できるじゃない.ほらこの畳2枚でワンブロックと考えるんだよ.これが縦に3つ横に4つあるから,3x4x2=24畳さ
「そ,そうね.ちょっと少なかったわね」
「ちょっとって,20%も違ってるじゃないか」
「...ええ,まぁ」
「こんな部屋に泊まれることなんて滅多に無いんだからさ,最大限に利用しようよ」
「どうやって?」

「まず会話を分かり易くするために,部屋の各コーナーを次のようにA,B,C,Dと定義しよう」
「分かりやすいかしら」
「利用する面積を最大にするには,僕らのスーツケースを対角線上におけばいいんだよ」
「でもそれって不便じゃない?」
「大部屋の中で縮こまって生活するなんて庶民の旅行だよ.僕らは新婚旅行なんだよ」
「...そうね」
「じゃあ,君のスーツケースはAコーナー,僕のはDだ」
「お布団はもちろん真ん中よね(はあと)
「何言ってるんだよ」
「え,もしかして...」
「まだコーナーB,Cが残ってるじゃないか」
「じゃあ,私はコーナーC?」
「ううん,君はコーナーB」
「でも着替えるだけのために,コーナーAからBまで歩かないといけないの?」
「あたりまえじゃん.もし君の布団がコーナーCだったら,33.3%も長い距離を歩かないといけなかったんだよ」
「そうなの?」
「エネルギー消費を最小限にするように考えないと」
「そ,そうね.さすが国立大学で学位を取っただけあるわね(地方だけど)
「僕のパジャマはどっちに入ってるんだっけ?」
「ええっと,多分あなたのスーツケース.あ,もしかしたらあたしのに入れたかも?」
「つまり僕がパジャマをスーツケースで見つける確率は,それぞれに対して50%ということだね」
「そう...いう事になるのかしら...」
「こういう場合は期待値を最大にするようにすればいいんだよ」
「どうやって?」
「位置Aの確率が50%,位置Dが50%だから,P(x)=0.5δ(x)+0.5δ(1-x)を最大にするxを求めればいいんだ.ちなみにxはAからの距離を対角線ADで割った値だ」
「はぁ…」
「こんなの,僕のMosBookがあれば簡単に計算できて...おぉすごいぞ,解は位置AもしくはDだ!」
「へぇ…」
「つまり,効率を最大にするにはさ」
「ほぇ…」
「対角線上に寝れば良いんだ」
「…」
はっ,しまった!
「どうしたの?」
「対角線上に僕の体を配置するには」
「はぁ?」
30畳の部屋は広すぎることがわかった!」

「24畳よ」

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「30畳の一夜」への20件のフィードバック

  1. おはよーございます。
    このお話はLiLA管理人さんの自作でしょうか??
    やはり優秀な方なんですねー。音楽もされるそうですし、やっぱし尊敬します。

  2. おはようございます,たいゆうさん.この話は自作でフィクションで,実在の団体,個人とは一切関係ありません.ほんとにこんなのがいたら大変ですね.

  3. 前記事のいたずらリスさんのコメントから生まれたフィクションですね!
    LiLA管理人さんすごい〜 とってもおたくなフィクション。
    こういう会話には付いていけそうにない私だったら、ハネムーン離婚になりそ。
    いや、その前に婚約にまでこぎつけられないか…
    でもこのお2人はお似合いのカップルですねぇ。
    奥さん「はぁ…」「へぇ…」「ほぇ…」とか言いながらもちゃんと
    話についていってますし、しっかりツッコミ入れてますしね。

  4. いやはや、まぁ、なんて素晴らしい!色々な面で感激致しました。喜劇ですね。実は、実話だったので、モデルになった知人がこれを知ったらさぞ喜ぶでしょう。それにしても、京都にある某国立大理系卒オタク少々、ビンゴですね。会話内容もいい線ついてますぅ。びっくりしたくらい、お見事です!どこかで、カンンニングしましたぁ?
    ポージィさんの視点もいいとこについていっらっしゃいますね。
    LiLA管理人様、実はこのような文章を一度書いてみたかったのでは?
    ☆一発脚本家☆デビューも夢ではないかも。。。

  5. 理科系要素ゼロ、いやマイナスの私ですので、この登場人物女であったら、一発お見舞いして、荷物をまとめて、とっとと実家へ帰りますー。

  6. 世界中が引いていますね。
    我が家では娘2号が画面を開くなり「さいてー!」と叫んで閉じましたが…。

  7. わはは。爆笑しました。私はばりばりの文系なのですが、音楽って数学的要素も必要とされますよね。ブーレーズなんか、もともとは数学専攻でしたしね。

  8. ポージィさん,フィクションですよフィクション,と何度も言ってみる.こういうのを結婚相手に選ぶというのは,奥様の方も普通どころか,かなりなもんですよね.末永く幸せにやっていけそうです.あ,でもフィクションなんです.

  9. いたずらリスさん,楽しんで頂けて幸いです.そんなに実話ともかけ離れてなかったようですね…って,そんなのほんとに居るんですか.僕だったら,20%のあたりで多分止めてます.モデルさんにも,ぜひ教えてあげてください.
    こんな文章,時々LiLAに出してますけど,最近はあまりやりませんね.心の底まで冷えた,とかコメントが返ってきそうなので.

  10. TAMAさん...
    「さいてー!」って言われた.
    「さいてー!」って言われた.
    「さいてー!」って言われた.
    「さいてー!」って言われた.

  11. Yukiさん,どっかの特許で,遺伝子の配列を音楽にするとかいうのがあるそうですよ.クセナキスの音楽なんて,ばりばりの数学ですよね.割り切れないし.

  12. 爆笑してしまいました。
    コメントを拝見していて本当にこれに近いカップルがいらっしゃるのにも驚きました。
    それにしても新婚なのに就寝も端と端の別々ですか(^_^;)
    この女性もそれになにも異論がないというところに、オタクの臭いがします(笑)

  13. きみーさん,本当にあるんですかね,こういう新婚旅行.なんかもう漫才の世界です.「アインシュタイン」なんてユニット組んで,「どーもー,アインシュタインの田中まじめでーす」「妻で〜す」とか,やって欲しいです.

  14. 皆様、誤解の無いように。この☆作品☆は、フィクションですよ。
    でも、部屋の使い方や荷物の置き場所や布団の敷く位置を話し合ったのは見事正解です。
    「こんな部屋に泊まれることなんて滅多に無いんだからさ,最大限に利用しようよ」、この言葉も大正解。
    頭の中で、計算までしたかどうかは不明ですが、ここまで考えるのは普通ですよね。
    残りはこの作者さんの世界でございます。
    シェイクスピアがこれを読んだら何と思うやら。。。

  15. おはようございます。お久しぶりです。
    相変わらず私を虜にさせてしまうすげー話ですよね。こんな会話したいですよね。HUHU
    今、私はオーストラリアにいます。シドニーに来て2週間になります。財布失くしたり色々ありましたけど、今は少し落ち着いたのでしょうか。まだまだ緊張します。
    NYCに行かれましたか?行って見たいですよね。
    New Mexicoが異国か、NYCが異国かという問題は難題ですよね。個人的にはどちもですけど、やはりNMですかね。
    会議で出されたキャンディーはまずそうで、体にも悪そうな〜、見た目で判断しちゃいけませんけど、キャンディーに失礼?
    今、こちは5:45AMです。サマタイムもあって日本とは2時間、だからNMとは6時間、NYとは8時間の差(単純に、日付考えずにアナログの針をみてのことですけど)NYCは寒いでしょうか。TETSUという子が11月23日にNYCでRAGGAEのWORLD CLASHという大会を見に行くと聞いてます。(この大会は今回でNYCでの開催は最後みたいで(ーRAGGAEは日本では横浜は一番らしくて、そんなこともあってか)横山剣(ケンバンドというとんだ有名な集団がいまして)などの有名な芸能人がたくさんみに行くみたいです。とにかく冬の寒さにも負けずNYCは奇麗でしょうね。
    こちはやっと少し夏らしくなりました。連日突風、雨、冬に戻ったような寒さでしたけど、すっかり汗ばむようになりました。
    パソコンオタクと知り合いました。変な英語と足らない中国語で話をしています。(台湾の子ですけどね)Graphicの仕事をしてたようで色々興味深い子です。
    物理のオタクというのは、ひょっとして。。。。そなた?(ごめんなさい;))
    ちょこちょこ顔出します。お元気で。NYCに話楽しみにしています。

  16. Hyunaさん,こんにちは.こんな会話したいなんて,数学オタクの奥様資格認定ものです.パソコンオタクの会話にも付いていけるんでしょうね.
    今はシドニーなんですか.そちらは初夏ですよね.まだオーストラリアには一度も行ったことが無いのですが,皆,良い所がと言っています.是非一度訪ねてみたいですね.
    こちらはまだそれほど寒さが厳しくなくて,気持ちのよい秋晴れを楽しんでいますよ.紅葉もきれいです.あと少ししたら,クリスマスの飾り付けでもっときれいになるでしょうね.オーストラリアの真夏のクリスマスというのも,おもしろそうです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください