Wien滞在,お土産チョコレート

Vienna Sweets

ウィーンお土産の定番と言えば,チョコレート.え?何か違うものが混じってるって?

これ,KracherというAustriaのワイナリーの Trockenbeeren Auslese,つまり極甘のデザートワインです.ハーフボトルで55Euroだったから,今にして思えば結構なお値段で...



Julius Meinl

今回のウィーンお土産物ツアーは,同じ場所で簡単に済ませました.こちらはウィーンのコーヒーブランドとして有名なJulius Meinlが経営する高級食材店Julius Meinl am Graben.高級ショップが並ぶGrabenの端にあります.

この店,サンドイッチとかも売られているので,よく利用しています.冷えたビールやスパークリングワインも...あ,いやいや.



egg chocolate

ちょうどイースターのシーズン.ショーウィンドウはタマゴやウサギだらけ.チョコレートもご覧のとおりタマゴ型.



Demel

さて次の店は有名なDemel.パッケージがウサギでした.



Les langues de chat

ベロ出し猫の箱のチョコレート,Langues de Chat,意味も形も,そのまんま猫の舌.これ,美味しいです.



Demel waffle torte

さてさてウィーンと言えばSachertorte,ザッハートルテと来ればホテルSacherか,それともDemelか.どっちのザッハートルテも買ったことがあるので,今回はちょっと変えてDemelのWaffle Torteというのを買ってみました.ワッフルの上にチョコレートケーキが乗っているのですが…

ケーキというよりは,ぱふぱふチョコレート.うん,これはあれだ,えっと,ほら,よくある...

Kit Kat !? ←おぃ

その他,ウィーンのチョコレートは,このChocolate Huntingの記事をどうぞ.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Wien滞在,お土産チョコレート」への18件のフィードバック

  1. それにしてもたくさん購入されましたね。
    見ているだけであれば、おリボンもありますしパッケージもよろしいですし、まずまずなのですがねー。

    もしかして通販のご予定とか!?冗談ですよ。強いて選べと言われればDemelの猫ちゃん舌だしチョコ。これでいいですよ。あっ!今知りました。このチョコの形は猫の舌だったんですか!?ほほぉー、なるほどね。(感心)

  2. Langues de Chat、 日本で,食べた記憶があります。おいしいですよね。

    アメリカでも、購入できるのかなあ?

  3. ド真ん中にチョコとちゃうやつ写ってますやん!!(笑)
    これだけチョコが揃えばウホウホ気分で毎日が過ごせそうだわ。
    イースターですね~♪私はイースターの時に売られる、リンツの卵型ハニー味のチョコが死ぬ程好きで買い占めました。次の日も買い占めに出かけたらもう売り切れてました。。。
    という思い出があります。

  4. 再登場!だって今日はApril Foolなんだもん♪
    でも、今更うそつけないし。。。↑に「冗談ですよ」というのを書かなければよかったですぅ。
    chieさん、あとよろしく!

  5. え!アタシ?馬豚←バトン?
    そうか!April Foolッ 不覚にも忘れていた。
    毎年騙されて悔しい思いをしてたのよね。
    どうやらいたずらリスさんも御同様とみたぞ。
    でも・・・アメリカはまだ31日だよねー。
    おそらく明日「この猫の舌はザラザラまで付いていた」とか
    「卵の中からヒヨコさんが出たよ」とか
    「ワッフルトルテはキットカットだったのです」なんて箱の絵をPCで変えちゃったり、
    ろくなことしないと思う!
    しっかり見届けませう。

  6. すごい量のおみやげ!
    これってみんなLilaさんのBlogフアンへあげるのよね。
    楽しみに待ってるわっ。(笑)

  7. いたずらリスさん,デーメルのは東京でも買えるでしょうね.ここだったらハラペーニョ入りもありまっせ.
    チョコだけでなく,インスタントティラミスとかプリンとか,ジャム詰合せセットとかも,こっそり混じっているのです.

  8. すみれさん,DemelはNew Yorkにはあるみたいですよ.通販やってるのかな.でもやっぱり日本に帰国時,東京で買うのが一番簡単でしょうね.

  9. Mimi☆Kiraさん,真ん中に写ってるって?気のせいですよ,目のせいですよ.
    リンツの,中にクリームが入ってるやつですっけ.買い占めた翌日にまた買い占めにいったら,そりゃ全部自分でかっちゃってるやん.

  10. 再登場いたずらリスさん,来月になったら,キムチ通販やるかもしれません.しかし,数カ月間はチョコに不自由しないっぽい.

  11. Chieさん,「ろくなことしない」って何ですか!毎年毎年,努力してるのに.今年だって,サーバ設定いじってまでのネタ,それなりに大変だったんだから.
    まあ,何やったところで,どうせ「ネタ」だと決め付けられるのは目に見えてますもん.まったく.
    ちなみにワッフルトルテは実はキットカット...違うって!

  12. Joniさん,ファンへのプレゼントは,すでにエイプリルフールネタ認定されてしまってますので,やっぱり週末飲み会でワイン持参ですかね.

  13. チョコレート美味しそうです!ウイーンの有名なチョコレート・カフェ(ウィーンオーバーラー)、たしか天神イムズ1階に出展してましたよね。。昔ちらっと行きました。2002年1月に閉店したとか。。。ぐぐったらLiLAさんのこのブログも出てきましたが、サイバー被害の記事に変わってました。。。
    このブログにウイーン・オーバーラーの写真、でてました。
    http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9491/caff/OBERLAAER/oberlaaer.html

  14. たくさん買われましたねー
    1個所でこれだけバラエティ豊かに揃うんですからたいしたものですね。
    小振りの卵型チョコが可愛いです。中に何か入っているのか空洞かは
    ちょっと気になるところですが。空っぽだと損した気分になるかな。
    ベロだし猫のチョコって面白いけど、どこからそういう発想が生まれたのか
    知りたいです。何か説明ありました?

    そういえば、先日の展示会出品作品に「舌波」っていうタイトルのが
    ありまして、花(ピンクッションか?)で作った巨大な舌の上に金色の玉が
    乗ってました。
    すごく上手に作ってあってお見事でしたけどちょっと気持ち悪かったです。
    あの金色の玉はチョコレートだったのかなぁ。

  15. Lisakyさん,Oberlaaは,上の記事の一番下にあるチョコレートハンティングからどうぞ.場所は,表通りからはちょっと入ったところにあります.
    自分のお気に入りは,そこにもあがっているAltmannなんですが,今回は行きませんでした.

  16. ポージィさん,タマゴ型チョコの中はナッツクリームだったりヌガーっぽいものだったり,食べてからのお楽しみでした.この時期,ウサギの形のチョコレートもたくさん売られているんですが,あれは中身空洞なんですよね.旅行カバンに入れたら壊れそう.
    猫ベロの解説はありませんでした.そう言えば,ウィーンで買うお菓子って,説明らしいものは滅多に入ってません.プラリネも説明なしだし.
    猫の舌の形のクッキーもありますよ.
    巨大な舌の上のアレンジメントなんですか.どんなものなのか見て見たいような,でも気持ち悪いっぽいです.人体の一部を表現するのはちょっとね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください