なんちゃってJazz

ピアノ練習の王道は、ツェルニーだのソナチネだの正統クラシック音楽。そこでは、譜面通りに演奏することが正しい事とされます。演奏家は楽譜を自分流に料理して演奏しているように見えますが、基本的には作曲家の指示する音を忠実に演奏しているものです。

こんな音楽とは少々かけ離れているのが、ジャズのような即興演奏を基本とするもの。この即興演奏、正統派ピアノの先生は教えてくれませんので、清く正しいピアノを
習った人々にとっては、この上無く困難。しかしながら、ほの暗いバーの片隅で弾かれるジャズをやってみたいとは、良い子のピアノ弾きがちょっと不良の世界に憧れるような、隠された願いでもあります。

そんな正しいピアノ弾きに朗報なのが「なんちゃってジャズ」とでも呼べる(?)楽譜。要はジャズのスタンダードなんかの楽譜ですが、即興で弾くべきところがそのまま正確に音符として印刷されており、ドイツ音楽よろしく全ての音を正しく演奏すれば、それはすなわちおしゃれなジャズ演奏となる優れものです。

この手の楽譜で一番すごいのは、Keith JarrettのThe Koeln Concertをそのまま採譜したもの。全曲即興演奏のケルンコンサートを、楽譜とニラメッコしながら演奏するというのも、なかなか強烈な趣向です。

さて掲載した楽譜。以前、友人の結婚式で何か演奏しようと思ってジャズ好きに相談したところ、教えてくれた曲、”My one and only love”という曲の出だしです。タイトルからして、もーべたなlove songっぽいですが、少々華やかさに欠けるので、結局演奏するのは止めました。あ、でもきれいな曲ですよ。ほんとに。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「なんちゃってJazz」への8件のフィードバック

  1. ケルンコンサート、楽譜もってま〜す。ジャレットのテクニックにびっくりして、眺める楽譜となっております。
    あ、でも、最初の二ページはときどき、礼拝の間奏とかで弾きます。けっこう、ぴったりきます。若い牧師が、送別会であれを弾いてくれ、ってリクエストしたこと、ありました。
    最後の「楽章」は、わりと、「曲」になってますが、むっずかし〜。
    義兄がパーカッション(主にコンガ)のプロですが、微妙にずらすのがキミにはできんね〜、って言われましたわ。そりゃ、ずれたら叱られる人生でしたもん。ぶつぶつ、

  2. nyf1403さん、
    ケルンコンサートを礼拝で、ですか!?礼拝というと荘厳なイメージがあるので、ちょっとびっくりです。まさかパイプオルガンじゃ無いですよね。
    キース・ジャレットとチック・コリアが、昔モーツァルトのピアノ協奏曲を演奏したのを見ました(もちTV)が、ジャズピアニストとは言え、クラッシックを弾いてもやはりプロですね。さすがジュリアードやバークリーを出てるだけある。

  3. hiroさんも、お持ちですか。ケルンコンサートの譜面。僕は店で立ち読みしながら15分程迷い、
    結局「こりゃ、最初の1ページしか弾かないな…」と思って買うのを止めてしまいました。
    あれを譜面にした人は、ほんとにずごい耳の持ち主ですよね。基本的には同じ繰り返しの中に、
    少しずつ変化を加えて行くと言うパターンですが、切れ目無く何十分も続く音楽を楽譜にする作業は
    気が遠くなりそうです。

    ところで、写譜じゃなくて採譜でしたね。後で気づかれないようにこっそり修正しておこう。

  4. 私も持ってます、ケルン・コンサートの譜面。
    あれを即興で弾いたキースはもとより、あの曲を採譜した人の耳、どうなってるんでしょう?
    本当は自身の演奏を譜面にされたくなかったキースジャレットが、持ち込まれた譜面の
    正確さに驚いてゴーサインを出したというかいうことでしたよね。

  5. 私のピアノの生徒で今茶色の小瓶を持ってきている小学生の女の子がいます
    アドリブ部分もすべて書かれた楽譜ですが・・最初はたどたどしくいかにも楽譜どおりの演奏でしたが弾きこむうちにまるでオリジナルの演奏していて可愛いです そのうち自分なりのアドリブができるようになってくれたらなぁって思っています

  6. ケルン・コンサートの譜面ですか?驚きです。
    私は専ら聴くほうだけですが、彼のCDは結構、良く聴きます。確か、高校生位の頃に、清酒「大関」のCMに彼のCOUNTRYという曲が使われているのを聴き、それから・・・・。もう随分の付き合いになります。この曲をきっかけに、ビル・エヴァンスとかケニュー・ドリューとかのピアノ・トリオやソロを良く聴くようになりました。多分、自分で弾けたらもっと楽しいと思いますが、今はその想いを娘に託してピアノを習わしています。でも、娘は今はクラリネットの方にはまっているような感じです。

  7. たかよさん、こんばんは。ピアノでグレン・ミラー、なかなか楽しげですね。
    譜面どおりに弾いていても、スイングする雰囲気が出れば子供も楽しいですよね。
    小さい子供にピアノを教えるには、そういう遊びも必要だと思います。

  8. Sallyさん、ケルン・コンサートの譜面、見るだけでもなかなかスゴいですよ。
    もし楽譜屋さんに行かれることがあったら探してみてください。銀座のヤマハなら置いてると思います。
    エヴァンズも結構すきで、よく夜中一人で聴いています。ただ、こんなのを聴いていると
    無性にウィスキーが飲みたくなります。
    お嬢さんはピアノとクラリネットですか。管楽器が演奏できるのは、羨ましいです。持ち運びできますもんね。

コメントは停止中です。