展覧会の絵Bauer版

IMSLPでちょっと変わった楽譜を見つけました.Mussorgskyの「展覧会の絵」のHarold Bauer版.Bauerは前世紀前半に活躍したピアニストらしいですが,どこかで見た名前だと思ったら,Ravelの「夜のガスパール」の第一曲Ondineがこの人に献呈されています.

「展覧会の絵」はRavelの管弦楽版が有名ですが,原曲はピアノ独奏.独創的と言うか型破りな演奏技法で取りあえず難曲と言われますが,実はそれほどでもない.ピアノを大音響で叩きまくる,弾く人間にとってはストレス解消音楽です.それを聴かされる方はたまんないですけど.

Bauer版は,ハチャメチャな原曲をピアノ曲っぽく整理し,さらに音を加えて演奏効果をあげるようにしたもののようです.




これはCatacombaeの冒頭.上が原曲,下がBauer版.原曲はそれぞれにフェルマータが付けられ,テンポがはっきりしませんが,Bauerははっきりと拍子に乗っています.原曲3小節目にある,ピアノでは演奏不可能なcrescendoは落とされています.Bauer版9小節目,音が間違ってます…



Mussorgskyのピアノ曲の変態さの一つ,両手ユニゾンで単旋律を弾く.オーケストラではよくありますが,ピアノ独奏曲では滅多に見かけません.この譜面はBaba Yagaから.原曲(左)は左手オクターブ,右手は単音で,アクセントの強いグロテスクな旋律を弾きます.Bauer版(右)では,左手の音符を右に振り分けてますが,演奏はこちらが弾きやすい.




終曲Tor in Kiew.Czenryを幾ら練習しても出て来ないような,和音引っ叩き連続.原曲は左右の腕が逆向きに飛ぶので,弾いてるとラジオ体操のようになります.この音型,両方の腕の行き先を目で確認できないので,距離を体で覚えない限り弾きにくいです.Bauerの方は,もっとスマート.Beethovenの熱情ソナタの音型のように変えられています.




クライマックス.これでもかっちゅうほどの和音.原曲はドッゴーンと打ち鳴らす除夜の鐘状態.Bauerの方はもっと派手にアルペジオを使ってピアノを鳴らします.全体に原曲の粗野な部分を押さえてよりピアニスティックな面を強化した編曲でしょうか.


この記事を読んだかみさんから,「落ちはどこよ」とつっこまれました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「展覧会の絵Bauer版」への6件のフィードバック

  1. レポありがとうございましたm(_ _)m
    「ピアノ版」は「管弦楽曲版」よりずーっと好きです。
    それほど難曲ではないとの由、安心しました。
    ン十年後もしくはン百年後に「みけジロウ」に弾いてもらおうと思います。

    ですので
    今回の拙コメントにも「落ち」はありませぬ。 (パシッ☆)

  2. Bauer判の存在、知りませんでした。かなり興味そそられます。
    ショパンの練習曲ゴドフスキ版のようにもともと難曲を
    さらに難しくする人もおれば、逆に元曲をより自然に書き換える人も
    いるんですな。このBauer氏、ついでに「ガスパール」も
    弾きやすく編曲もしてくれればよかったのに。
    でも、ラヴェルの譜面は目が眩むように複雑でいて
    意外に無駄がないんですよね。

  3. 縞猫さん,ちょっと変わった奏法が多いというだけで,難易度としてはChopinのバラードとかの方が上だと思いますよ.昔,おじいちゃんピアニストがこれを弾いているのを見た事がありますが,最後の方,バタっと倒れるんじゃないかとハラハラでした.なので,ン百年後は危険です.下手すると演奏中「落ちる」かもしれません.

  4. Hiroさん,楽譜はIMSLPからPDFがdownloadできますので印刷してみてください.Bauer版は,例えばビドロがppから始まってたり,サミュエルゴールデンベルクの最後がドレドシになってたり,多分コルサコフ版を下敷きにしているようです.ラベル風にリモージュの前のプロムナードも省かれています.
    展覧会の絵のピアノ編曲ものとしては,ホロビッツ版がありますね.昔聴いた事がありますが「すんげぇ...」って印象だったことしか覚えていません.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください