California生活を想う

かみさんの友人が,Californiaから和食材を送ってきてくれました(感謝!).その中に入っていたMARUKAIという店のチラシを見て,ぶったまげました.まるで外国じゃないですか,これ.

毎回帰国する度にスーツケース一杯持ち帰る大和物資が,ここにずらりと並んでいます.しかも,値段は日本で買うのとさほど変わらないみたい.生鮮食料品から調味料,冷凍食材,菓子類等々.Kirinの生茶や鯛の尾頭付き,甚平に桐箪笥 … 箪笥はいらないけど.

$3.98とか98セントという微妙な値段まで日本風なのが面白い.スーパーにはSushi BoyやらBeard Papaみたいな店も入ってるみたいだし,Californiaの都市部に住んでいると,日本と変わらない生活が送れるんでしょうねぇ.Santa Feと合わせても日本人総数おそらく100人以下の町からは想像できません.

このスーパー,取扱商品に位牌というのもあります.「イラスト等も位牌に彫ることが出来ます」.調べてみると,そういうサービスをしている日本の仏壇店があるようなので,位牌にイラスト入れる人って多いのかも.

どんなイラストを入れるのかかなり気になります.やはり生前の趣味のもの? サッカー好きはサッカーボール,音楽好きはト音記号をあしらったもの,犬好きはにくきう,お金好きは人生最終時点での銀行残高,借金に苦しんだ人は戒名が赤字,等々

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

30 thoughts on “California生活を想う”

  1. あっ、マルカイのチラシ・・・今日も行ってきました。毎週のお買い物に出かけております。コリアンマーケットと上手く組み合わせると上手に節約して良いものが買えるかもしれません。なんだかアメリカに住んでるくせに甘えているみたいに思えてきました、ハハハっ。
    マルカイの他に全米展開しているミツワ、カリフォルニアで展開してるニジヤがあり、ほぼこの順番で価格帯が並んでいます。つまり庶民向け>>富裕層向けでしょうか。入り口で所持金やクレジットカードの限度額を申告しないと入店できません(大嘘)。

  2. マルカイ!懐かしい〜
    CA州の田舎に住んでいた時は会員でしたよ。(いつでもどこでも田舎暮らし……)
    当時トーランスまで片道3時間ぐらいでした。
    ついでにMitsuwaとか旭屋書店にも寄って、プチ日本気分を味わっていたものです。
    思えば遠くへ来たもんだ……

  3. サンフランシスコ、サンノゼ近辺へ行った時に手に入れると言えば・・・

    やはりベイスポ(笑)

    http://www.bayspo.com/

    これを見ると、ああ、この辺りに住むと、日本に居るのより便利な生活を送れるのではないかなぁ、と思ったりします。 日本の物は大抵手に入るし、日本では手に入らない物も沢山手に入るし。

    ただ、こういった環境だと、仕事や学校で必要とならない限り、英語を勉強しなくなるかもしれないなぁ、と思ったりします。

  4. その昔、ロスアラモスからサンノゼに行くと、そこには八百半がありました。
    店内はまるで日本のスーパーの様でした、特に、刺身売り場はその充実度に驚きました。早速、大量に買い込み、発泡の箱を店からもらい、氷詰めにしてロスアラモスへ持ち帰った思い出があります。発泡の箱には穴が開いていたようで、帰りの機内では頭上からポタポタと水が落ちてきて困りました。

  5. ↑ヤオハンの元社長夫妻は必死でやっていますね。ずんずんにのびているときよりなんか好感がもてました。

  6. すごい・・・・本気でびっくりしてしまいました。すごい・・・日本人が多いとは聞いていたけど、この町でも多いと思っていた田舎モノの私には想像もつかない世界なんですね。ぶったまげました。位牌はいらないけど、良い香りのお線香なんかはちょっと欲しいかも。ちなみに、骨壺はアメリカの方が可愛いのがあるみたいです。(近々注文します♪)

  7. しくしく・・。
    それでも20年前に比べたら便利に日本食品を買えるようになったんだから、と自分を励ましております。あのころは、貧乏だったしなー、今もだけど。だって、飼い猫がすねかじりだから。
    日本人が大勢住んでいるところで暮らすというのは、やはり、便利ですよねー。
    やはりさめざめと泣くしかないのかしらん・・・。

  8. t-macさん,「今日も行ってきました」ですと!今多分,全世界に散らばる日本人のうち約38人から,強い反感オーラが発せられているはずです.ミツワはSan Diegoで入ったことがあります.いきなり「いらっしゃませー」の声に,この入り口は「どこでもドア」かと思いました.ニジヤ,知りません.知りたくもありません.えーえー,どーせここはお国の何百里ですよ.

  9. MINさん,認めません.トーランスまで3時間なのにCA在住だなんて.そこはきっとネバダですので,大人しくNV在住だったと白状してください.NVに比べればAZなんて,大都会ですよね(まだ言うか).
    ちなみに,マルカイですが,最初マイカルと勘違いしてました.

  10. Mooseさん,こんなのもあるんっすか...今度出張があったら探してみよ.ちなみに,都市出張での楽しみの一つが,国際版日経と朝日新聞を買うことなんですが,アメリカにはあまり置いてませんねぇ.フランスではよく見かけます.
    英語の必要無しに生活できるんなら,それはそれで構わないんでは無いかと...

  11. Sallyさん,その魚箱をチェックインせず機内持ち込みにしたところがすばらしいです.もうちょっと氷が融けると,機内中魚臭くなってしまったかも.最近はここでも魚とかの共同購入をやってるので,そこそこ手に入るようになりましたよ.

  12. とくさん,ずんずん伸びてサンタフェにも日本食スーパーを作ってくれればよかったんですが.

  13. TAMAさん,これを見ると,やれ近所でピエトロのドレッシングが買えるとか,ゴーヤが手に入るとか,マルちゃんのカップ焼きそばが買えるとか,そういう低レベルな争いが虚しくなりますね(えっ?だれも争ってない?)日本人が多いとかそんなレベルじゃなく,ほとんど日本と変わらない生活ができるようです.Mooseさんも言ってるみたいに,英語も必要ないんでしょうね.
    骨壺の写真もblogネタになるんでしょうか.それはそれで凄い話のような...

  14. nyf1403さん,日本の食材なんて無ければ無いでなんとかなる,と強がってましたが,このチラシを見て自我がガラガラと崩壊しました.世の中,不公平!と窓から叫んでいます.パリにもこういう店とかBook-offがありましたけど,ここまでは無いですね.ハワイとかも,まるで日本に居るように暮らせるんでしょうね.ちぃ,定年後はハワイだ.

  15. そらあ無理でしょう砂漠にスーパーつくってもねえ。UFOの燃料とかがよくうれたりして。

  16. とりあえずデビルスタワーあたりにUFOガスステーション作っておけば,そこそこ需要はありそうです.

  17. 大分盛り上がってますね。そのMarukaiのちらしと和食材を少し送った張本人です。
    最近はファミマ(Family Mart)に対抗したコンビニタイブのお店をトーレンス市南部ファミマの目と鼻の先にオープンしました。
    ロサンゼルスの日本人人口自体はバブル崩壊前に比べると減っているので、客の取合いが激化しています。

  18. Lisakyさん,先日はどうもありがとうございました.あのチラシといい新聞といい,まるで日本からのお届けものかと思ってしまいました.日刊の新聞まであるんですね.もう驚きです.
    で,なんとFamily Martやらもあるんですか.おまけに新しい店まで.コンビニって,日本に帰国すると,必要な物がある訳でも無いのについ立ち寄ってしまうんですよね.で,ついジュースやら雑誌やら買ってしまったり.逆にここでは全くお金を使いません.使う所がありません.

  19. どういたしまして。二年前ぐらいにブックオフが二軒も20分以内にできました。1ドルコーナーのまんがや書籍をついつい買ってしまいます。読み終わってすぐ売りに行っても、「これは状態が悪いので値段がつきませんでした」と言ってただで引き取ろうとしたり、一冊10セントしか値を付けてくれません。3ドルで買ったまんがも即売ると20セントぐらい。書店は紀伊国屋、旭屋が競合していたのに、二年前、三省堂がミツワコスタメサ店に進出。そしてミツワトーレンス店にあった旭屋が今年1月閉鎖しマルカイ・コンビに店に2月に移る。あいたミツワトーレンスのスペースに6月から三省堂が進出。とめまぐるしく日本の書店が競合しています。
     不思議なのは韓国系移民が何十万人もこの辺に住んでいるのに、韓国の書店が一軒もないこと。日本人ほど本を買う国民は珍しいですね。ブックオフ南トーレンス店は半分が英語書籍でアメリカ人をターゲットにしています。ハーリークウイーンロマンスから楽譜、CD、映画DVDと何でもあります。この店舗が開店してすぐ、格安でピアノの楽譜を買い占めました。一冊1ドルから4ドルぐらいで。あれはお得でした。

  20. 空気がきたないからUFOは都会にはおりないんだとレトロン星人にきいたことがあります。

  21. Lisakyさん,食料品なんかよりも本屋の方がずっと羨ましいです!なんせ活中(活字中毒)なんで.日本に戻る度に何冊も買い込み,最後の空港でも未練たらしく文庫本や雑誌を買い込んでようやく日本を離れる決心してるほどです.一度でいいからアメリカのブックオフに行ってみたいです.
    日本ほど書店が多い国,他では見かけません.あるのかもしれませんが.ちょっと大きな町に行けば,紀伊国屋やら丸善やら巨大書店があちこちにありますもんね.僕は外国出張の際に必ず地元の本屋に立ち寄るんですが,どこもベストセラーと実用書が置いてある程度.あと,楽譜屋も必ず探しますが,まともな店はパリとウィーンくらいしか見た事ありません.

  22. とくさん,だからと言って麦畑に着陸してミステリーサークルを作るのは,農家が迷惑です.

  23. LiLAさん、だから奥様にもLAに遊びにくればいいのにーと再さん申し上げてます。9月1日から3日のレーバーデーの連休なんてどうでしょうかねー?東京の高校の後輩が遊びにくることになっていて、こっちで同窓会を開くかも。車だと片道何時間でしょうね?20時間ぐらいでしょうか?

  24. うーん,そこの連休はすでに予定を立ててしまったのです.何年か前,San Diegoに冬休みに遊びに行きましたが,冬でも寒く無いのは良いですよね.今年の冬休みに企画するかなぁ.犬の預け先を考えないと.
    ここからCAまで車で行く人がたまにいますが,まるまる1日とか言ってましたね.途中の宿泊費を考えたら飛行機の方が得かも.

  25. ミステリーサークルは人間がつくっているんでしょう。つくり方を実演してましたよ。しかし、謎にしておいてくれたほうが楽しいのに。

  26. LiLAさん、私の同僚ビルは飛行機ぎらいで、こないだ一人でLAからアーカンサスまでドライブして帰ってきました。ノースダコタのリンカーン大統領らの岩の巨大彫刻の写真なんかも撮ってきてた。途中キャンプグランドに入り車で寝泊りしたそう。前もって無料で入れるとこや格安のところを調べて。たまにキャンピングカーでラスベガスやLAまで来る家族も見かけますが、ガソリン代が高騰したので、飛行機とどっちが安いんでしょかねー?

    冬はサウストーレンスのコールメイヤーと呼ばれる住宅街のクリスマスライティングの飾りつけが有名です。私の家から車で14分ぐらいのところ。そこの住民は90パーセント豪勢な飾りつけに参加しています。2000年の年末に東京の妹の家族がこっちに遊びに来たとき子供たちが大喜びでした。

  27. Lisakyさん,それは大旅行ですね.そのルートってひたすら平野が続くばかりで,ドライブしてもあまり面白くないと思うんですが,飛行機に乗らないなら車しかありませんもんね.バスもありますけど.途中何泊もして時間がかかることを考えると,飛行機でぱっと飛ぶ方が効率がいいんですが,そこは人それぞれ.

    そのライティング,もしかしたらHDTVで見たかもしれません.町中がイルミネーションに溢れて,極端な家になるともうディズニーのパレードみたいな...電気代がかかりそうです.笑ったのが,見物している人がTシャツ姿だったこと.

コメントは停止中です。