するする

とある記事を読んでいて気になった表現.「デコレートする」

最初,何かのタイプミスだと思いました.でも読み進むうち,再び同じ表現に遭遇.よくよく考えて,ああ「飾る」という意味かと納得.でもサ変動詞って普通は名詞に付くものですよね.decorateは動詞なので,「装飾するする」になってしまいます.修辞法として文法通りでは無い書き方してるのかもしれませんが,それにしても変.

英語動詞+「する」型が他にもあるか考えてみましたが,あまり思い当たりません.

例えば「プレーする」.ゲームやスポーツでは使われそうですが,playは名詞もあるのでぎりぎりセーフ.

「ゲットする」.ポケモン専用.これも意味不明ですが,自分の記憶では,英語版ポケモンはcatchに直されてたと思います.

「メイクする」.これはかなり普通に聞こえますが,実際のところ「makeupする」が短くなったんでしょう.

この「メイクする」でふと思ったのが,英語の一般的な動詞〜するパターンって,どれだけ使われてるんだろうということ.試しに色々と検索してみると,出てくる出てくる…

「ハグする」「ユーズする」「ミートする」「ゴーする」...もちろんわざと変な言葉を作っているんでしょうが,なにもそこまで無理矢理英語を使わなくても,とおぢさんは思ってしまうのです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

18 thoughts on “するする”

  1. おばさんも、そこまで英語使わんでも、立派な日本語という言葉があるざんす、って思ってしまいます。
    いや、でもね、私たちはもう、古いんですよ・・・おーっと、思わず同じ世代に引きずり込んでしまいました。

    日本における英語表現、なんておもしろい本ができそうです。

  2. まあでも「名詞+する」の名詞部分も漢語として見れば本来は動詞のものがかなりありますよね。それが純粋の漢語であれ和製漢語であれ、そのうちに動詞としての要素が含まれていることが多いみたいです。

  3. 昔日本へ帰った時に気になったのが、リンスとか、アバウトとかですね〜。

    最近は色々気にならなくなってきました(笑)。 最近気になるのは短縮語ですね〜、これは英語でも日本語でも使わないで欲しいなぁと思う事が多いですね。 文頭に説明が載っていれば良いのですが、そうでない物も多いので・・・。

  4. nyfさん,そうですよね.普通に言えばよいものをわざわざ英語に直す必要ないのに.こういうのも,いわゆるひとつのでぃじたるでぃばいどなんでしょうか(なんのこっちゃ).
    あ,ちなみに千秋の母年代じゃないですよー.

  5. にしおさん,外来語を吸収消化して母国語としてきた伝統なんですかね.英語も色んな言語を混ぜこぜにしてきた歴史がありますね.100年後の日本語は,すっかり変わり果てたものになってるかもしれません.

  6. Mooseさん,「あばうと」は変な言葉ですよね.英語にすると全く意味が通らないし.僕は未だに気になります.
    短縮語は,英語もかなり酷いですね.ABCがCDEするとDEF,なんて出てきます.acronymは苦手です.三文字略語は,最初に意味を説明してから使って欲しいものです.

  7. シティバンク銀行ってのも前にもいいましたがかなりストレスがたまりますね。こんどは動詞ですか。さらに強烈なストレスでしょう英語が出来る人には。幸か不幸か余り違和感なく聞こえるというのは私が英語落第生の故ですね。

  8. はじめまして。きみーさんのブログからやって参りました。音楽や言葉についての楽しそうな記事がたくさんあるので、過去のものも少しずつ読ませていただきますね。

    「デコレートする」ですか、、、。こういうのも和製英語と言うのでしょうか?私はいまだに「コンセント」や「キーホルダー」などの和製英語を、うっかりと使ってしまうことがあります。やっかいなものです。
    最近は、ケーキなどの甘いもの全般を「スウィーツ」と呼ぶそうですが、これもなんだか違和感があって背筋がもぞもぞしてしまいます。使い方は合っているのですが、わざわざ英語を使わなくても、、、と思ってしまうのです。

  9. 何気無く使ってしまいます、こんな言葉。。。勉強になりました!
    なるほど英語圏で生活なさっているととっても不自然でしょうね。日本人の何でも受け入れてしまう習性?がそうさせるのでしょうか???
    ちなみに、息子が剣道から帰宅してまずすることは防具を「ファブる」ことです。
    汗臭い防具に『ファブ○ーズ』をシュシュッ!それでも臭いますが・・・。

  10. とくさん,まあストレスちゅうほどの事はないんですが,何か違和感あるなあという感じです.Citibank銀行も変ですよね.Softbank銀行ってあるのかな.

  11. Yukiさん,はじめまして.いらっしゃいませ.とりとめのないblogですが,お楽しみいただければ幸いです.
    コンセントなんかの和製英語は悩みますよね.壁のコンセントを見ながら,ああこれは本当の英語じゃないんだ,でもなんて言うんだっけ...と3秒間くらい脳内が空白になります.うっかり使ってしまったら最後,「はぁ〜ん?」を食らってしまいますね.
    僕が最近とても気になるのは,reformです.絶対に普通の英語だと信じておりました.こんな単語をテレビ番組でガンガン使われるのは困りもんです.

  12. わんこさん,結局問題なのは怪しげな英語をでっちあげるテレビ番組なんですよね.いかにもそれらしい英単語を使い,実はそんな言い方しないという.昔々の人々が間違って使ってのが定着してしまったのはまだ笑って済ませられますが,reformみたいなのを未だにやってくれるとなんだかなあと思ってしまいます.
    ちなみにファブるはオッケーでしょ.アメリカでも,googleで検索するときに,I googledとか言うようになりました.レンジでチンする,みたいなノリでおもしろいですね.

  13. トマト銀行とかおもいやり銀行はこの文法というのには少しもかすってないのにいやでしたね。

    ソフトバンクインベスティメントもあっているんですか?なんかおかしそうですよ。

  14. それにしても面白いテーマですね。「事故る」は変だけど「曇る」は変じゃないのを見ると、やっぱり変と変じゃないのの差というのも時間の問題なんですかねえ。「サボる」がフランス人にウケが良かったのを思い出しました。最後に、ご存知かもしれませんが、変な英語のまとめサイトです。 http://www.engrish.com/

  15. とくさん,トマト銀行だと通帳が赤字だらけになりそうです.おもいやり銀行,槍が重くて刺さった時に痛そうです.そふとばんくいんべすてぃめんと,ひらがなで全部書くと読みにくいです.あ,普通書かないか.

  16. にしおさん,今は変に感じても長い間に定着してしまったら,違和感無くなってしまいますね.サボるみたいな,即和製英語と分かるものは良いんですが,微妙に本物っぽい和製英語を乱造されるのは困ります.アルバイトとかエネルギーみたいに,ドイツ語由来のものも,英語として使ってしまいがちですね.そのサイト,昔見て大笑いしたことがあります.

  17. トマト銀行には1000円以上預金したくないですね。借りたくても1万円以上資金がなさそうだし・・・

コメントは停止中です。