Music Baton

月曜夜は音楽オタの話題。今夜はMusic Baton。そういうのが流行っているのは知ってたけど、MINさんのところからホントにまわってきてしまいました。別の話題を考えていたけれど、せっかくなのでお付き合いしましょう。もっとも5人にまわしていたらねずみ算式に膨れ上がってしまうので、その部分はパス。

  • Total volume of music files on my computer.

    「自分のコンピュータ」というのならゼロ。今これを書くのに使っているMac miniは基本的に家内のパソコンで、音楽ファイルは1GB程。もっともこれらは娘のiPod用に手持ちのCDをrippingしたもの。

  • Song playing right now.

    「歌」じゃないけど、E.ElgarのCello Concerto。演奏はもちろんJacqueline du Pre。今聴いているのは、元?旦那との競演の方。ジャッキーの演奏、歌に溢れています。

  • The last CD I bought.

    昨日 Bordersで買ったCDが2枚。

    • J.S. Bach, Partita No.1,2,3, (piano) Glenn Gould
    • F. Poulenc, ピアノ作品集

    最初に習ったBachが2声のInvention。その時買って聴いたのがG.Gould。ピアノの先生は「あの人の演奏は聴いちゃダメ」と言ってましたが、わたしゃハマってましたね。

  • Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me.

    以前、Sibeliusの6番とMahlerの9番の事は書いたので、ピアノ曲で良く弾く曲を適当に挙げると、

    • F. Chopin, Polonaise-Fantaisie, Op.61
      「幻想ポロネーズ」、多分一番良く弾いている曲。弾く分には陶酔できる曲
      ですが、聴くとなるとちょっとクドいかも。
    • C. Debussy, Estampes
      Debussyの「版画」、中でも第1曲「塔」と3曲「雨の庭」がお気に入り。
    • M. Ravel, Pavane pour une infante defunte
      難曲が多いRavelでも、この「亡き王女のためのパヴァーヌ」は比較的易しい。というか、殆どのRavelの曲は難し過ぎて弾けない。
    • J. Brahms, Zwei Rhapsodien, Op.79 No.1
      2つのラプソディーのうちの1番の方。あまり真面目に練習してない。でも、好きな曲。

    以上4曲に加えて、もう一つお薦めを。湯浅昭の「日曜日のソナチネ」。軽やかで洒脱なソナチネ集です。

  • Five people to whom I’m passing the baton.

    はい、これを読んでいる貴方。今度はあなたの番です。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Music Baton」への11件のフィードバック

  1. こんにちは〜。
    バトン受け取って下さって有り難うございます。
    私もラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」が大好きで、ドビュッシー「月の光」とどちらにするか迷いました。
    ピアノが弾けるのっていいですね!
    羨ましいです〜。

  2. MINさん、こんばんは。
    いやー、自己主張だけやって止めちゃいましたよ。5人も友達いないし。
    ドビュッシーのベルガマスク組曲もいいですね。今思えば、中学生の頃「月の光」を練習したのが、
    クラシック音楽を聴き始めたきっかけでした。もっとも最初に聴いたのはピアノじゃなくて、
    富田勲だったりしますが。

  3. うわぁ、知らない曲ばっかです。
    私が挙げたGr.よく知っててくださってよかった。
    地上とも繋がりがあると感じられてホッとしました。(^^;)

  4. nyf1403さん、こんばんは。
    ピアノの先生は、何故かグールドの弾き方を嫌いますよね。正しい弾き方じゃ無いって。
    あまりに個性的なので、一理ある話ではあります。それにしても、聴かせておいてから、
    そんな風に弾くなとは。。。。悪い見本?
    ラベルのソナチネもきれいな曲ですね。ベルガマスクの第1曲、プレリュードは、昔友人の結婚披露宴で弾きました。
    出だしの「ドンドンパンパンジャーーーーン」って、とても派手なので、そういう席でウケますよ。

  5. hiroさん、こんばんは。1/5貢献のためにblog始めませんか。
    ラベルの曲って、何故か弾き辛いんですよね。音符が少なくても。普段あまり出て来ない
    和音進行が続くせいでしょうか。クープランの墓の楽譜は持ってません。けど、欲しいかも。
    「夜のガスパール」は、手持ちの曲集に入ってるんですが、練習する気にもなりませんな。

    グールドの揺れのズレですか。ははは。そこまで注意して映像見た事ありませんでした。
    どっちかと言うと背中丸めて唸りながら弾いてるイメージですけどね。今度機会が
    あったら、体のテンポを確認してみよう。

    ところで、体の揺れが音楽に合ってないと言えば、レイ・チャールズもそうじゃなかったっけ?

  6. 私がBlogをやっていれば、1/5貢献させていただけたのですが・・・。

    ラヴェルはクープランの墓がとりわけ好きです。ラヴェルの譜面って晩年になればなるほど
    音の数が減っていきますよね。ヴァイオリン・ソナタのピアノ譜とか、すかすか。
    音が少ないから簡単かっていうと、そうでもないから悩ましいのですが。

    夜のガスパールなんか弾けたらかっこいいだろうけど、とても歯が立ちません。

    むかし浅田彰がグールドの演奏を分析するTV番組があって、グールドは
    「弾きながら体が左右に大きく揺れるが、その揺れが曲のテンポと全然あっていない」
    とかいうコメントに結構笑いました。

  7. ポージィさん、御心配なく。私の趣味、宇宙人並に偏ってますから。
    プーランクのピアノ曲なんて、クラシック音楽の中でもかなりマイナーです。
    でも「亡き王女の為のパヴァーヌ」は、もしかしたら聴いた事あるかもしれませんよ。

  8. こんにちは。
    グールドのバッハ、私の先生はレコードを聴かせてくれまして、「でもね、xxちゃんはこう弾いてはだめよ」って言ったんですよ。これって、ひどくないですか?
    本職がオルガンで、チェンバロも弾くけど、バッハに関してはピアノで弾く方がずっとおもしろいと思います。バッハをピアノでなんて、っていうのもいますけどね。
    ラベルのソナチネ、これの一楽章は私でもなんとか、弾けました。
    ベルガマスクの最初の曲、あの出だしは本当に気持ちいい出だしだな〜、と弾くたびに思います。調律させないと音が狂ってるんで、ちょっとご無沙汰です。調律させないと〜。

  9. Soylistaさん、blog復活ですね。
    5人にまわしていると、すぐに地球の人口を超えてしまいますからね。ほどほどに。
    多才では無いですよ。ちょっと趣味が偏っているだけです。同時通訳とかは、出来ないし。
    音楽もあくまでアマチュアの趣味でございます。ピアノの生徒は2人いますが、自分んちの子供。

  10. やっぱりLiLA管理人さんのところにもバトンは既に回っていたんですね。 私にも回って来て、後をお願いしようかな〜、なんて思っていたのですが・・・ ちょっと出遅れると、知っている人達にはもう既に回っていて、回せる人がいなくなってたり。

    それにしても、LiLA管理人さんは多才ですね。 素晴らしいです! 本職の他に音楽もプロでいらっしゃるのですか?

  11. どうも。
    とりあへづバトンを受け取り、謹んで更新させていただきました。
    いやー疲れました。ハァハァ。

    先週の土日はオケの練習で福岡に行ってたんですが、こうゆうときに限って豪雨に見舞われてしまいました。いやはや。

コメントは停止中です。