貴重な栗ご飯

chestnut

そりゃ都会に行けば普通に売っているのかもしれませんが,この田舎で栗を買うのは少々面倒です.たまにSanta Feの Whole Foods あたりで見つけたら,使う使わないに関わらずとりあえず買っとけ,となります.

この瓶詰めの栗はフランス産.その他,イタリア産も見かけます.

なぜアメリカで栗が手に入りにくいかは,WikipediaのChestnut Blightの項をどうぞ.

昨年くらいからだったか,近所のスーパーでも,ぼちぼち栗が置かれるようになりました.多分地元の人は「これ,どうやって料理に使うの?」くらいに考えているのでは.



栗ご飯

という訳でもないですが,栗と言えば栗ご飯.もっと景気良くでっかい栗が乗ったところを撮ればよかった.ご飯の下の方に埋もれてました.

モンブランの上にトッピングされた栗が,実は半分に割られたものだったら悲しいです.残り半分,マロンクリームに埋まっていると思ったのに!

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “貴重な栗ご飯”

  1. この栗ご飯美味しそうです。興味有りですぅ。ヨーロッパ産栗どうですか?LiLA管理人様宅近くのスーパーで見かけましたけどお値段が高いのってなんのって。サイズは全て小さく$6/pcだったような気がします。「エッ!」ってアーリーバードと声出しちゃいました。見間違ったかな?
    年末に大分産の「乾燥栗」というのを発見試し購入。一晩お水に戻してから使用です。いつもの美味しい栗には負けますが普通だと思います。

  2. 瓶詰の栗は甘いのが多いけど、どうでした?
    お米をもち米にして少し塩加減して栗おこわにすると美味しいよー。
    ヨーロッパの栗はマロングラッセ用に固めなんだそうね、
    日本の栗で作ったら全部くずれグラッセになってしまった。

  3. ありゃ~。
    普通に網で売ってる栗を送って差し上げたいです。
    とは言え、栗が網でごっそり売られていても皮を剥くのも大変で、ウチじゃ1年に一回やるかやらないかで、当然あまってしまいます。くらいです。
    よーろっぱの栗は日本の栗とは違うと聞きました。
    お味はいかがでしたか?

  4. そちらでは栗って手に入りにくい商品なのね。
    ダラス近辺は中国人が多いので中国の栗が売ってるんですよ。
    それも日本みたく網にはいてるのが。

    ヨーロッパの栗って初めて聞きました。

  5. いたずらリスさん,あのスーパーの栗,一粒20セントくらいじゃないでしょうか.何度か買いましたけど,えーーって言う程高くは無かったと思いますよ.そりゃ日本の値段からすれば高いですけどね.希少品だし.
    乾燥栗,それは良いことを聞きました.今度帰国したとき,探してみようかな.あ,でも農産物になるから持込は厳しいか.

  6. Chieさん,全然普通でしたよ.なるほど,マロングラッセ用なら固くないとくずれてしまいそうですね.アルコールがピリッと効いたやつが好きです.
    あと,ペーストもよく売ってますよ.これもケーキ用ですかね.料理でも使うのかな.

  7. ぷーこさん,その日本から来た栗が,全米の栗の木を滅ぼしたという噂が...渋皮むきは面倒ですもんね.天津甘栗って,どうしてあんなに簡単に皮が取れるのか,不思議です.この瓶詰めのは,最初から皮なしで楽ですよ.多分,日本の物とは違うんでしょうが,味の違いは分かりませんでした.ヨーロッパの街路樹マロニエの実は栗そっくりなんですが,全然美味しくないらしいです.

  8. Joniさん,なるほど,中国人コミュニティがあれば手に入りやすいでしょうね.こちらでも,ちょっと遠いところにあるアジア系スーパーなら売られているんですが,たかが栗で100マイルのドライブはちょっとね.
    ヨーロッパでは普通にありますよ.冬場になると,道端に焼き栗屋が出てます.

  9. アメリカで栗が少ない理由は知りませんでした。。。
    近所(ロサンゼルス)の日系マーケットでは、真空パックの調理済み栗が売られてます。
    またMarukai店頭では天津甘栗をローストして売ってます。
    秋には、日本から輸入またはオレゴン産殻に入った栗も売られてます。

  10. Lisakyさん,ロースト仕立ての天津甘栗なんて,NMには絶対に存在しないでしょう.冷凍物はアジア系スーパーにありますけど,やっぱり香ばしさが違いますね.こちらにあるのはもっぱらヨーロッパ産で,最初に売っている店を教えてくれたのも,ヨーロッパから来た友人でした.彼らもケーキに使うんだそうです.

コメントは停止中です。