さくらさく

4月も末になって、庭の桜がようやく満開となりました。これは染井吉野ではなくて、サクランボのなる、真っ白な花の桜。家の前オーナーが植えていたものです。夫婦そろって桜好きなので、この木があったことは、この家を選ぶ時にちょっとだけ後押ししたのは確か。

ただ、日本の桜への憧憬冷めやらず、ついに染井吉野を植えることを決意。ネッで探せば、通販で苗木くらい買えるだろうと考えていましたが、なかなか見つかりまん。それもそのはず、こちらではyoshino の名前で呼ばれているようです。早速、3本の苗木を注文しました。

配送されてくる木は、1m程の高さ。10年もすれは、花見ができる程の木に育つでしょうか。それまでここの職場をクビにならなければいいですけど。

ところで(っていうパターンが多いですけど)、昔、大学の学生に
「サクランボって、何の木になるか、知ってる?」と聞いたところ、
「え? 桜の木でしょ」と言うので、
「でも、さくら(染井吉野)にサクランボがなってるの、見たことある?」
とイジメたことがあります。かれはしばし考え込み、やおらgoogleで桜とサクランボを検索し始めました。


このブログで関連すると思われる他の投稿

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「さくらさく」への2件のフィードバック

  1. 僕もたった今ググッてみました(笑).なるほど分かりました.

    ところで「染井吉野」って漢字で書くとなんだか雰囲気でませんよー.そんなことないですか?

  2. >hsさん、

    案外、気づかないんですよね。ソメイヨシノとサクランボの関係。
    あれだけ花が咲いてるんだから、サクランボがたわわになっても良い筈なのに。
    …って、カタカナで書いてみましたけど、やっぱり漢字の方が雅でないかい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください