Denverにあった古本屋

Denverの日本総領事館すぐ近くにSakura Squareと呼ばれる一角があり、その名が示す如く日本食レストランやアジアフードを扱うスーパーが並んでいます。ただシャッターの下りたテナントも多く、正直言って少々寂れた雰囲気。

領事館に行ったついでにSakura Squareに立ち寄り、そこの案内板で見つけたのが、このHONYA。ほにゃ?

「ほにゃ」は本屋だろうと当たりをつけて(って、すぐ横にBookって書いてある)行ってみると、小さな古本屋さんでした。活字中毒なのに和書が不足がちのアメリカ生活。古本屋と聞けば即突入。

アメリカ地方都市の和書古本屋。当然品揃えは期待できませんが、それでも以前読みたいと思っていた本を偶然見つけました。中村正三郎著「星降る夜のパソコン情話」。発売されたときに何処かで話題になっていて、でも買ってまで読むのもなんだし、図書館で見つけたら借りようと思っていた本。$5なり。

タイトルからしてパソコン絡みの本ですが、発行は1996年。ほぼ10年も前のパソコンの話題を今読むとなると、もう大昔話モード全開です。NCSA Mosaicとか、PRePとか、OS/2とか、OpenDocとか…。あったなぁ、そんなの…。

NIFTYのフォーラムの事も少し出て来ます。当時、知り合いから「NIFTYに入れ」としきりに勧められていましたが(なんか怪しげな団体への勧誘みたいだな)、僕はもっぱらNewNewsを利用していたし、自宅でパソコン通信するとハマってしまいそうなんで止めておきました。今年になって、そのNIFTYもついにパソコン通信サービスを終了するというニュースが流れてましたね。

ところでこの本の著者、紹介欄を読んでみると、なんと同郷人。おまけに大学の先輩ときている。地球の裏側でクニの人間にばったり出くわした気分、とはちょっと違うか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail
Denverにあった古本屋 はコメントを受け付けていません