ドングリキツツキ

丹頂鶴のような赤てっぺん頭、ペンギンの様なひょうきんな顔、そして少々性悪のAcorn Woodpeckerことドングリキツツキ(って、そのまんま直訳やん)。餌箱に他の鳥が居るのを見ると、ギャーギャー騒いで追い立てたりします。

そんなドングリ君、今日は事もあろうにハミングバードの餌を横取りしようと、フィーダに飛び乗りました。。。。までは良かったが、ハミングバード用のフィーダは細長い嘴で蜜を吸うように作られています。いくら木を突っつけるほどの丈夫な嘴とは言え、ちょっとデカ過ぎ。

しばし懸垂姿勢で頑張っていたものの、さすがにそれは無理と言うものです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “ドングリキツツキ”

  1. ドングリキツツキの説明を読みながら、風船のように膨らんだ
    半透明の部分をしげしげと眺めて???となっていた私。
    あぁ〜もぉ〜〜 しばらくしてやっと、懸垂している本物のドングリ君が
    いることにやっと気づきました。

    それはそうと、ハミングバードっていったらハチドリですよね?
    わわ、庭でハチドリウォッチングができるんですか?
    ステキですね!! だいぶ前になりますがTVでハチドリを
    見たとき魅了されてしまいました。
    残念なことに、ハチドリは数が減ってきているんですよね…。
    日本ではホバリングしながら蜜を吸う「蛾」がハチドリと間違えられる
    ことがあるそうです(–;)。       ↑私も見たことあります。

  2. 早く、ハチドリがホバリングをしながら、砂糖水を飲む姿をみたいものです。
    ずっと昔、ソニーのトリニトロンテレビのCMにハチドリが使われた時、私は勝手にハチドリは熱帯の鳥だと思い込んでいました。それだけにロスアラモスで初夏に家々の軒先に給餌器がぶら下がったのを見て、「あれは何と」と聞いた時に、「ハチドリ用の給餌器だ」との答えを聞いて、非常に驚きました。一見すると大きな虫のようにも見えますよね?私はパティオに迷い込んだハチドリを救助したこともありますよ。

  3. ポージィさん、すごい格好でしょ、このドングリ君。そもそも中身が何なのか分かってるのかな。
    ここらはハミングバード多いですよ。このフィーダも、ハミングバードの写真撮りたくて
    ぶら下げているもの。でもすばしっこくて、なかなかシャッターチャンスが来ません。
    飛んで来るときは、「びーーーーん」という音がするのですぐに分かるんですけどね。

  4. Sallyさん、ハミングバードじゃなくてドングリキツツキで失礼しました。
    まだ撮影に成功してないんですよ。フィーダーにやって来はするんですが、ちょっと
    蜜を吸ってすぐに何処かに飛んで行ってしまいます。常時カメラを構えていないとダメみたい。
    ハミングバードの飛ぶ音、最初は虫かと思っていました。飛んでる姿も虫みたいですよね。
    良く観察していると、灰色の地味なのから、緑色の鮮やかなのまで、色んな種類がいるみたいです。

コメントは停止中です。