Barbirolliの第9

久しぶりにSanta FeのCD屋(正確には,本屋に併設されたCD売り場)で,CDを物色.最近は買うものを決めてからAmazon.comで注文することが多いんですが,やはり店であれこれと選ぶのは楽しいものです.

そこで見つけたのが,ちょっと懐かしいSir John Barbirolli指揮,BPOの演奏するMahlerの第9.えっと,普通Beethovenですっけ,第9というと.でもBeethovenの場合は,「第九」と漢字で書きますよね,通常(そうか?).

この演奏,大昔に友人からレコード(黒い円盤状のもの)を借りて聴いた事があります.自分自身はあまり感銘した覚えが無いんですが,その友人が言うには「Mahlerの9番では最高の演奏」なんだとか.

誰の演奏が良いかという話題になると,これはもう個人の趣味の問題なので,その時はそんなもんかなと聞き流しておきましたが,改めて聴き直してみると,真面目な演奏ながら,なるほどBarbirolli独特の節回しというか,とにかく感動的です.ただこういう演奏はちょっと苦手なのも事実.ロマンティックという言葉が性に合わないせいか.

このCD,1枚に78分も詰め込まれています.EMIなので,多分日本で売られているものも同じだとは思いますが,アメリカで売られているCDって長時間録音を宣伝文句にしているのが多いです.表にやたらでかく78分収録とか.CDもお買い得気分で選ばれてるんですかね.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「Barbirolliの第9」への8件のフィードバック

  1. ちょっと質問があります。
    土曜日にMI3をレンタルして見ていると特典映像としてThe4400の第一話がついており、見ていると結構、面白そうでした。元々はアメリカで評判の連続TVドラマだと聞いておりますが、管理人さんはご存知ですか?

  2. 先々週、タワーレコードの閉店セールで久しぶりにCDを数枚買いました。ラテンのCDですが、テネシー辺りだとぜんぜんないんですよね…。やっぱりカントリーばっかり。サントラコーナー見ていたら、「Highschool Musical(でしたっけ?)探しているの?」と知らないおばちゃんに聞かれました。子供に見えたのですかね〜。ふむ。

  3. (黒い円盤状のもの)ってのに萌えました(笑)。レコードもカセットももはや過去の産物ですね。大学生の頃まではあれほど愛着を持って執着心に燃えて集めていたものだったのに・・・。なんだか黄昏れてます?(笑)
    それにしても78分も入ってお得!というのには萎えますな。

  4. Sallyさん,すんません,知りませんです.元々ドラマ系はほとんど見ないもので…
    でも,いまググってみたら,なんか面白そうな話です.X-file系でしょうか.失踪した人々がUFOで戻って来るというエピソードは,未知との遭遇でありましたね.

  5. Sanaeさん,そりゃディズニーもんじゃないですか.子供に見られちゃいましたね.スーパーでワインを買う時は,当然免許証提示ですよね.
    テネシーと言えばカントリーでしょ.そんなところでラテン系を探していたら,州法に触れて罰金ものです.

  6. t-macさん,そうそうカセット!こないだ職場で見かけたんですよ.プロジェクタの傾き調整用足台になってました(涙).
    音楽メディアを沢山集めても,流れる月日は古いメディアを単なる物体に変えてしまいますね.CDの山もそのうち,過去の産物になりかねません.
    CD一枚には,カラヤンの第九より長いものは録音しないで欲しいものです.

  7. あはははは!Disneyですか!(笑)お返事読んでまた笑っちゃいました。しょっちゅう子供には見られます(^^;子供にさえ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください