ノクターン

先週,ChopinのNocturne Op.9-2の事を書いたとき,書こうかと思って書かなかった話.

仕事上付き合いのあるクラシック音楽好きの方で,趣味が高じてピアノを習い始めた方がいました.すでにそれなりのお年だったので,いまさらピアノの練習を始めてもやはり指がまわるようになるには難しかったようですが,このChopinの2番のノクターンにチャレンジしておられました.

そういう方なので,どこぞで僕がピアノを趣味にしているという話を聞きつけたらしく,さっそく自宅へ呼ばれました.乞われるままに僕が何曲か弾いた後,彼は「これ,弾ける?」と,このノクターンの楽譜を出してきました.出だしをちょっと弾くと,「実はピアノを習っているんだ」と,僕をピアノの椅子から押し退け,このノクターンを弾き始めたのです.

はっきり言って技術的にはひどいものでしたが,曲が弾けるのがたまらなく嬉しいという気持ちが強く伝わってきました.人をして楽しませるには難ありの演奏でしたが,音楽を楽しむために努力している姿勢を見ればChopinも文句は言わないでしょう.

それからしばらくして,ある日突然の訃報.内臓奥深くの癌だったそうです.奥様とお嬢さんを残して他界されました.定年までにはまだまだのお歳でした.

この変ホ長調の甘美なノクターンを聴くたびに,あの音楽会を思い出します.映画にも使われたこの曲,どちらかと言えば切ない恋愛のシーンを連想させるメロディですが,あの日以来,自分にとっては小さな棘のように心の奥に刺さっています.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「ノクターン」への6件のフィードバック

  1. 先日読んだ本に、Life is not all about how many breaths you take, but having how many moments that take your breath away. 自分の記憶の片隅に残っているものなので、引用そのままでないことをお許しください。まあ、要するに人生は長生きするよりも、ハッとするような瞬間をいかに積み重ねるかが重要だってことですよね。なるほどなと思います。このピアノの練習をされていて他界された方も、まだ若くして御家族を残し、さぞ心残りだったことと思います。でもこの曲を練習しているときは、それこそ自分が弾けている事に感激し、感動しながら続けていたことでしょう。私はもう自分のお葬式に演奏してもらう曲は決まっています。誰もが知っている曲トロイメライです。ホロビッツが晩年近くに、生まれ故郷で演奏会をした時にアンコールで弾いた曲だったと思います。観客の中にいた多くの人たちが涙を流していた曲です。シンプルで短くて終わりを感じさせる曲だと思いませんか?

  2. その言葉,つい最近雑誌何かで読んだんですが思い出せません.「死ぬ前に見ておくべき1000カ所」とか言う本の書評だったと思うんですが,初めて読んだとき,重たい言葉だなと思いました.
    無為無策に年月を重ねる人生なんて意味が無いですね.自分が何に感動して何をなし得たか.同じ時間を生きても,空虚な時を過ごすだけなら何もない人生と同じだと思います.
    トロイメライは,シンプルながらも美しい曲ですね.シューマンは苦手なんですが,数少ないシューマンのレパートリーが「子供の情景」です.自分だったらシューベルトの楽興の時の6番がいいな.

  3. 本当に音楽が好きで、ピアノが好きだったんでしょうね。
    この記事を読んでいるだけで、その方が喜んでピアノに向かって演奏されているお姿が見えてきそうです。
    私も随分前からお葬式に流してもらう曲は決めてあります。
    フォーレのレクイエムのアニュス・デイです。
    出来れば、合唱のソプラノはボーイソプラノでお願いします!って生演奏かよ。。。失笑
    CDならコルボさんのやつで・・・

  4.  お亡くなりになる直前まで、大好きなピアノを弾いていたなんて素敵ですね。何よりその方が、楽しんでいたというのがとても良いなと思いました。

  5. Mimi☆Kiraさん,ピアノを教えるなら是非こういう人を生徒に持ってくださいね.こけつまろびつでも,きっと楽しい思い出になりますよ.
    フォーレのレクイエム,好きな曲です.ピェイエズスもいいですね.コルボのCDの無垢なボーイズソプラノが奇麗です.普通のレクイエムとはひと味違った「癒し系」ですね.合唱練習用のピアノ譜が出ていますので,ピアノでも弾けますよ.

  6. Sanaeさん,やっぱり音楽は楽しむものですよね.プロは違うんでしょうけど,家庭で楽しめればそれでよしです.さて,練習しよう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください