トイレで読書

毎朝,個室で過ごす数分間のひと時の友は文庫本.丁度一冊読み終えたので,さて次は何を読むかと本棚を眺めつつ,雪隠読書というのはやはりオヤジくさいかと考えた.子供の頃,日本の家屋が普通そうだったように,トイレは一家に一つでした.父は朝の蟄居が殊の外長く,家族に不評.その理由の一つが新聞などを持ち込むことにあったようです.

そんな思い出があるためか,日本に居た頃住んでいたアパートのトイレが冬場とても寒かったためか,あるいは便秘知らずのためか,トイレに書物を持ち込むことはありませんでした.それがこの家に引っ越して来て,なぜかトイレに本を一冊常備するようになった次第.Bathroomは2つあるので,その一つを占拠したところで誰も文句は言いません.

とあるエッセイストが,トイレとは「出す」ところなので,読書の知識を「入れる」ことは理にかなっていると書いていました.但し御不浄に書物を持ち込むのは作家に失礼なので,その選択には気をつけるんだとか.そこまで考えたことはありませんが,平均滞留時間数分なので,あまりのめり込むような小説は向きませんね.いつまでも出て来れなくなって便秘になってしまいそうです.なので厠に持ち込む本は「火星の驚異」とか「4色問題」とか,肩の凝らないものばかり(そうか?)

一冊常備しているときは,その続きを読むだけなのですが,困るのが今朝のように読み終えてしまった場合.次の本を本棚で探しつつも,自然の欲求は待った無しです.「えーっと,どれにしよっかなー…」なんて悠長に選んでいる暇は無いのです.

結局手ぶらで三尺四方へ入り,ふと思いつきました.ここに本棚があればいいんじゃんか.何冊か本を置いておけば,選ぶ手間が省けます.さらには無線LANでつながったノートパソコンがあれば,ネットもできるではありませんか!照明がやや暗いので,電気スタンドもいりそうです.急な電話には,先日買ったコードレス電話の子機をここにおいておけばOK.それから小さな冷蔵庫に常時ビールを冷やしておけば…

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

14 thoughts on “トイレで読書”

  1. その昔、アメリカに留学していた頃、留学仲間の男子学生に悩みを打ち明けられました。彼のステイしていたお宅では、トイレにご主人のエロ本が置いてあり、便秘などでトイレの時間が長くなると、ファミリーに「あいつ、エロ本見ているんじゃない?」と誤解されそうで怖い、だからゆっくりトイレにも入れない、というのでした。(笑)

    その手の本なら、作者に失礼ってことはなさそうですけどね。品のない話で失礼しました。

  2. 昔、友人宅のトイレに本棚があり、2,30冊の本が置いてあったのがうらやましくて、今のマンションのトイレに本棚設置の案を出したのですが、かみさんから敢え無く却下されました(笑)。

    私は便秘がちなので、LiLA管理人さんが凄く羨ましいです。 出張先で本が無い時は、iPodを持ち込んでビデオ見たりしてます(笑)。

    トイレが複数あると、気兼ねなくゆっくり入れるのが良いですね〜。便秘がち&お腹が下る事も多い私は長い時も多いです。 産みの苦しみが・・・(こんな事書くと女性には怒られちゃいますが)。

    ビアンカさんの書かれている話、面白いです! 長トイレ防止にエロ本一冊(笑)。 

  3. トイレに本を持ち込んだことがありません。
    落ち着いて用を足せません。。。!!!
    PCと本とビールを・・・ってもうそこをLiLA管理人さん専用ルームにしてしまうべきでしょうね♪笑
    何ならもう部屋の一環として扉もいらないんじゃないかと・・・

  4. 私も雪隠に本を持ち込んだことはないですねぇ。
    ご不浄だから穢れるとか言う以前に、集中できません。
    身体的欲求そっちのけで読書に夢中になりそう(^^;)

    本棚作ってパソコン持ち込んでミニ冷蔵庫にはビール?
    もう立派なお部屋ですね。
    でもでも…それらを全部お尻出した姿でするのかと思うとちょっとー(^^;)

  5. ビアンカさん,ウケました.ああいう本は,こっそりとちらっと見るのが良いのです.ゆっくりと腰を据えて読んでいては,すぐに飽きてしまいますね.それから,そのホストファミリーのご主人,ちゃんと定期的に新しいものを入れてくれていたんでしょうね.

  6. Mooseさん,僕もかみさんに一応提案してみたんですが,聞こえないふりされてしまいました.絶対に便利だと思うんですが.
    ビデオ付きiPodは,そういうときに便利そうですね.手軽に持ち込めるし.逆に音楽だけっていうのは,あの場に合わない気がします.やっぱり視覚に訴えるものが無いと.あ,そうか,出張中ならパソコンを持ち込むという手もありますね.僕の場合は,1,2分で出て来てしまうので, Youtubeとかをちらっと見るのがいいかも.

  7. なになにMimi☆Kiraさん,まずはお試しあれ.案外落ち着いて仕事ができるもんですよ.
    扉は必要なんです.やはり外界と隔離されていることに意味があるんですね,専用個室としての.
    どうでもいいですが,ビアンカさんのコメントのせいか,「PCと本とビール」と書いてあるのを「PCとビニ本」と空目してしまった....もう死語だけど.

  8. ポージィさん,それ実はあるんですよねー.本の区切りが悪いと,ついつい切りの良いところまで座ったまま読んでしまうんですよね.いやはや.
    究極の個室とでも言いましょうか.でも,やるとしてもビールまででしょうね.さすがに食事はちょっと...

  9. うちの夫も「あれ?大丈夫かな?」と心配になるくらい長く入っているときがありますが、実は本を読んでいて、止まらなくなっているとのことです。(笑)集中して読めるらしいけど、私は無理だわ…。

  10. 雪隠!風情がありますねぇ。
    トイレタイム、即ち読書タイムです。なぜか、トイレでひとたび本を手にすると、
    瞬間集中できるんですよ。バスルーム2つあるなんて羨ましいです。うちも2つ
    あったら占拠するんだがなぁ。

  11. Sanaeさん,九州男児って,集中してしまうんですかね,トイレの中で.
    別に九州人に限った話じゃないとは思いますけど.
    あの静かな空間は読書に最適ですよ.ただし洋式に限ります.

  12. 楽貧まこさん,雪隠読書,いいでしょ.江戸時代,離れの一室で文読む風情です.
    トイレが2つあると便利ですよ.特に朝の慌ただしい時間,「早く出てくれー」戦争が無くてすみます.自分が普段使っているのは,シャワーしか付いていないバスルームなんですけどね.

  13. わたしもトイレに本おいてますよ。
    舞台美術家の「妹尾河童」さんが書いた
    「河童が覗いたトイレまんだら」というエッセイ本です。
    トイレを通して見える有名人の素顔。各人のトイレへのこだわりが面白い!!
    しかも、有名人のトイレ俯瞰図付き!
    この著者の本はこの手描きのイラストがいいんですよ。
    注釈つきのイラストは、ある意味写真よりもリアル!
    「河童が覗いた」シリーズ、友人に勧めてもいつも大好評。おすすめ本です。

  14. Euphopiaさん,河童さんのシリーズ,読みましたよ.面白いですよね.でもトイレのやつはまだです.今度機会があったら是非読んでみて,ついでにトイレに常置したいとおもいます.
    そうか,トイレの本を集めて,トイレに「トイレ図書館」を作るというのもいいかもしれません.地元新聞が取材に来るかも.

コメントは停止中です。