セスナで遊覧

週末子供向けイベントでセスナに乗せてもらえるというのがあったそうです.かみさんが受付時間を間違っていたらしく,町外れの飛行場に着いたときはぎりぎりの時間.なんとか一番最後に受け付けてもらえたものの,雨が降り出して離陸が一旦中止に.

結局少し待って離陸できたそうで,最後の乗客の特権で普通よりも長く飛んでもらえたんだとか.出張から戻ってくると,子供たちは飛行機の話題で持ち切りでした.

以前はLos Alamosの空港からAlbuquerqueなどに定期便が飛んでいたそうですが,今では個人のセスナの離発着に使われるだけの小さな飛行場です.そこにレンタカーのオフィスがあるので,時々行くんですが,搭乗口の方はいつも無人.それでも,Albuquerqueから自家用機(!)で通勤している人がいるそうなので,朝晩は賑わっているのかも.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “セスナで遊覧”

  1. 私がロスアラモスに滞在していた頃、日本から来た同僚を迎えに行った記憶があります。未だLos Aviationという小さなLocal航空会社が存在しており、Albuquerque空港の片隅に小さなカウンターがあったことを覚えています。私の知人は誰もAlbuquerqueからこのエアラインを使うことは勧めてくれませんでした、記憶では何度か墜落したことがあるとか?、ので私はいつもAlbuquerqueでレンタカーを借り、I25を通ってロスアラモスまで約100マイルをひた走りでしたよ。従って、あのセスナでAlbuquerqueから飛んできた同僚は勇気があるな!と感心した次第。

  2. セスナって紙飛行機に見えて仕方ありません。飛び方が頼りないというか…。
    ジョン・デンバーなんかかかってるときに、近くの飛行場からセスナが飛び立ったりすると恐ろしくなります。
    それにしてもセスナの飛行場ってそこら中にありますよね。

  3. 上のタマさんが書いているように私も紙飛行機だとおもってます。よこみると翼がはばたいていますし、腕時計みると始終上におちます。大学のとき友達の運転にのっていらい、もう二度とセスナにはのらない とリヒテル的な発言をしておきます。なんせ、そのとき大宮上空でキリモミ飛行と急降下急上昇をおこないヤツは免停になりました。そんなのが初飛行だったんです。ジェット機はのりたいですよ、とくにB2みたいのには。

  4. セスナで遊覧飛行ですか。
    私は乗ったことがないですけれど、夫は子供の頃乗った経験があるそうです。
    ガタガタとばらばらになりそうな揺れがすごかったとか。
    セスナは「空を飛んでいるんだ!」という臨場感がしっかり味わえそうです。
    お子さん達、怖がることもなくそんな飛ぶ感覚を味わえたのですね。
    それにしても…飛行機通勤? やっぱりアメリカは大きいなぁ。

  5. Sallyさん,飛行機だと確かに早いんでしょうけどね.でも落ちるリスクを考えるとちょっと躊躇しますよね.実際落ちた事があるらしいという話は僕も聞きましたよ.そうなると尚更乗るには勇気がいりますね.それを考えると,100マイルくらいは大した距離じゃないのかも.

  6. TAMAさん,スリルありますよね,セスナって.実は運転してみたいという気もしてるんですが,自分のような近眼だと免許は難しいんでしょうね.
    小さな飛行場って本当に多いです.とくにNew Mexicoはあちこちにありますね.飛行機で移動するのが普通なほど広いということなんでしょうね.空港には週末にしか使わないような自家用機がたくさんおいてあるし.

  7. とくさん,とんでもな体験したんですね.きりもみされたら,さすがにもう乗りたく無いでしょうね.その友人,大宮上空で失速して民家に墜落したらどうするつもりだったんでしょう.
    セスナですけど,たまに中古の広告が出てますよ.300万円くらい出せば買えるみたいです.自分はそんな大金を趣味に使おうとは思いませんけど.というか,出せませんが orz

  8. ポージィさん,飛行機通勤って,聞いただけでスケールの大きさが感じられるでしょ.確かに最短距離で通勤できるのはいいんですが,一体通勤費用にいくらかかってるんだか.
    僕は20人乗りほどのプロペラ機には乗った事ありますが,セスナはまだです.バラバラになりそうなんて聞くと,面白そうと思う反面,ちょっと怖いですよね.下の息子は乗るのをかなり躊躇っていたそうです.

コメントは停止中です。