天使と悪魔,Dan Brown

Angels and Demons

買ったのはかなり以前のことなのですが,海外出張の長旅に,やっと読む機会がやってきました.「ダ・ヴィンチ・コード」に続いて映画化され話題になってましたので期待したのですが,ストーリー的,というか設定が「ダ・ヴィンチ・コード」と変わらないような...作品が書かれたのは,こちらの方が先なんですね.

日本の本屋でこの文庫本を見かけたとき,実は「中」があるのに気付かなかったのです.上と下だけを手にしてたら,娘から「中もあるよ」との指摘.あやうく,中抜けキセル状態でアメリカに持って帰るところでした.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “天使と悪魔,Dan Brown”

  1. おもしろかったでちか~?娘が英語で読んでましたが、とてもじゃないけど、そんな気にはなれないので、日本語で読もうかと思っています。でも、ダ・ヴィンチ・コードも、「これを日本語に訳しちゃったら訳がわからないんじゃないの?」と言われ、確かに訳わからなかったかも…と思ったような思わなかったような、どっちにしてもよくわかってなかっただけかもいれませんが。

    それにしても、こっちで1冊の本が上中下の3巻組になっちゃうのってどうにかならないですかねえ。

  2. あ、そういえばダ・ヴィンチコードのDVD発売時にすぐ買ったままみてなかったー。
    そろそろ見ないとなー。

  3. TAMAさん,面白かったですよ.でも緊張感をあおる手法が何と無くうざったかったです.日本語で読んでもそれほど凝った表現は出てこないし,英語も易しいんじゃないでしょうか.僕は英語で読もうとは思わないけど.ダ・ヴィンチ・コードの方がややこしかったですね.
    3冊になるのはかさばりますけど,文庫本で持ち歩けるメリットもありますから,まあどっちもどっちかも.アメリカ製単行本,紙の質は悪くて嵩張るのが困ります.

  4. Rockyさん,あの映画,英語で観たんですが,トム・ハンクスの台詞があまりにくどいというか,説明多くて,ついていくのが大変でした.

コメントは停止中です。