珍しい電子メール

仕事柄色んな国の人との交流がありますが,大体は同じ国の人達。ちょっと変わった国の人も稀におりますが,そういう人達の現所属はヨーロッパとかアメリカの大学や研究機関だったりするので,あまり異国の実感はありません。

今日見かけた電子メール,まずアドレスが見たこともない国。一瞬警戒します。Spamなのかも。

でも本文は至極真当。大学関係者っぽい。名前もしっかり書かれていますが,面識はありません。こんなとき真っ先にやるのはgoogle

表示されたWikipediaを読んで目を疑いました。表示されていたのは某国の「環境大臣」。

こりゃ同姓同名やなと思うも,読みすすめるうちにどうやら本人っぽい。僕の仕事と被ってる部分があります。

官僚からのメールは極稀にあるものの,政治家からのメールはおそらく生まれて初めてです。もうちょっとしたらスポーツ選手とか芸能人からもメール来るかも。

2 thoughts on “珍しい電子メール”

  1. 随分前ですが某国の大統領から定期的にメールをもらったことがあります。年に一回、12月25日の朝に、今日は半日で帰ってよろしい、というものを4回もらいましたが、当日の朝にいわれてもねぇ、という感じでした。翌年、親子で大統領をした子供の方に代が変わってからはその手のメールは来なくなりましたが、在任中に一度、あっち方面に予算がいるのでこっち方面の予算は大幅に減らすよっていうメールが来ました。

    1. missssyさん,大統領みずから半休のお知らせとは。クリスマスとは言っちゃいけないんですよね。特別ホリデーかも。でも予算削減のメールは欲しくないですねえ。まあ僕もそういう削減削減は受け取りますが,結局最後は余ってるような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください