ちょっとまて,安全確認

今月何度かあった夕食会はスキップ。感染者数が増えてきてますから,あまり人のいるところには行きたくない。とは言え,ガーデンビールは良しとしましょう。すっかり涼しくなった8月の末,再び友人らと飲みに行きました。ここは食事はなくて,ビールのみ。

深酒はできないので,2杯までと決めております。でも次第に話題はヒートアップ。仕事の話とは言え,あれこれ際どい話題も出てきます。友人の口から固有名詞が飛び出し始めて,

「ちょっとまて!」

と,周りを確認し,本人並びに関係者がいないことを確認したのち

「OK,続けて」

2 thoughts on “ちょっとまて,安全確認”

  1. 少し大きめの学会などに行くとこれはあるあるですね。小さい学会だと合宿形式が多くてみんな一緒に飲んだりするわけですが(ということで、そういう話題は避ける)、規模が大きいと町中に分散し、それでも後ろの席はうわさの主人公という確率がないわけではない、ということになります。他に、例えば日本語学校、補習校の先生たちがのみに行ったりするときに、近くに保護者がいたりすることもありますので、これも要注意ですね。というか、先生も保護者であったりするので微妙な雰囲気になることもあります。

    1. missssyさん,日本語で喋ってたらある程度は事故回避できますが,それでも固有名詞は出てきちゃいますね。ましてや英語の場合は,ほんと注意が必要です。まあ噂話はこっそりやるに限るです。どこに耳があるか分かんないし。

コメントは停止中です。